霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第四九章 袖手(しうしゆ)傍観(ばうくわん)〔一四九〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 篇:第11篇 新規蒔直し よみ:しんきまきなおし
章:第49章 袖手傍観 よみ:しゅうしゅぼうかん 通し章番号:149
口述日:1921(大正10)年12月10日(旧11月12日) 口述場所: 筆録者:松村仙造 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月3日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
天地の律法が崩壊した後も、天使長・沢田彦命は事態を傍観し、妻に態度を改めて神業に奉仕するよう諫言されると、妻子・役職を捨てて、勝手に天上に帰還してしまった。
沢田彦命は最後は天の八衝に現れて、猛悪な魔神となってしまった。
主な登場人物[?]【セ】はセリフが有る人物、【場】はセリフは無いがその場に居る人物、【名】は名前だけ出て来る人物です。[×閉じる] 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :rm0349
愛善世界社版:287頁 八幡書店版:第1輯 362頁 修補版: 校定版:290頁 普及版:131頁 初版: ページ備考:
001 沢田彦命(さはだひこのみこと)002沢田姫命(さはだひめのみこと)夫婦(ふうふ)のあひだに(うま)れたるは杵築姫(きつきひめ)003朝子姫(あさこひめ)004猿子姫(さるこひめ)三女(さんぢよ)なりける。
005 天地(てんち)律法(りつぱう)破壊(はくわい)して万妖(ばんよう)一時(いちじ)発起(はつき)し、006つひには()高天原(たかあまはら)神政(しんせい)は、007ほとンど潰滅(くわいめつ)せむとしたるも、008沢田彦命(さはだひこのみこと)対岸(たいがん)火災(くわさい)傍観(ばうくわん)するごとき態度(たいど)()し、009(すこ)しも神界(しんかい)のために全力(ぜんりよく)傾注(けいちう)せざりける。010ゆゑに(つま)沢田姫命(さはだひめのみこと)躍起(やくき)となり、011(をつと)にむかつて、
012『かかる神界(しんかい)一大事(いちだいじ)場合(ばあひ)(さい)し、013神界(しんかい)のために、014奮発(ふんぱつ)努力(どりよく)して万妖(ばんえう)鎮定(ちんてい)し、015大神(おほかみ)神慮(しんりよ)(やす)んじ、016下神人(しもしんじん)苦難(くなん)(すく)ふは、017貴夫(あなた)双肩(さうけん)にかかる大責任(だいせきにん)なり』
018千言万語(せんげんばんご)をつくして奮起(ふんき)をうながし、019かつ諫言(かんげん)(たま)ひたるに、020沢田彦命(さはだひこのみこと)はその諫言(かんげん)馬耳東風(ばじとうふう)()(なが)したるのみならず、021無責任(むせきにん)にも三人(さんにん)(むすめ)引連(ひきつ)れ、022(つま)地上(ちじやう)にのこして(くう)()り、023ふたたび天上(てんじやう)(かへ)りける。024沢田姫命(さはだひめのみこと)夫子(ふし)生別(いきわか)れの辛酸(しんさん)をなめ、025あるにあられぬ憂目(うきめ)(あぢ)はひ(たま)ひて悲歎(ひたん)やるかたなく、026(てん)(あふ)()()して、027(をつと)一日(いちにち)(はや)(てん)より(くだ)りて混乱(こんらん)紛糾(ふんきう)神政(しんせい)修理固成(しうりこせい)したまへと一生懸命(いつしやうけんめい)歎願(たんぐわん)したり。028されど一徹(いつてつ)短慮(たんりよ)なる沢田彦命(さはだひこのみこと)は、029一旦(いつたん)決心(けつしん)したる以上(いじやう)初志(しよし)をまげずと断然(だんぜん)はねつけにける。
030 ここに広宗彦(ひろむねひこ)は、031沢田姫命(さはだひめのみこと)窮状(きゆうじやう)(さつ)して一方(いつぱう)(ちから)となり、032神政(しんせい)輔佐(ほさ)せむと(おとうと)行成彦(ゆきなりひこ)(はか)り、033沢田姫命(さはだひめのみこと)にむかつて、
034聖地(せいち)神政(しんせい)のかくまで混乱(こんらん)状態(じやうたい)(おちい)りたるについては、035吾々(われわれ)にも大責任(だいせきにん)あれば、036袖手(しうしゆ)傍観(ばうくわん)するに(しの)びず、037ゆゑに今後(こんご)兄上(あにうへ)(とも)神界(しんかい)のため兄弟(きやうだい)一致(いつち)して神業(しんげふ)(たす)(たてまつ)らむ』
038誠実(せいじつ)(おもて)(あら)はし、039苦心(くしん)苦心(くしん)(かさ)ね、040一時(いちじ)困難(こんなん)(すく)ひたりける。
041 沢田彦命(さはだひこのみこと)天上(てんじやう)(のぼ)りて、042自由(じいう)自在(じざい)神界(しんかい)経綸(けいりん)()さむと焦慮(せうりよ)したりしが、043元来(ぐわんらい)最愛(さいあい)(つま)至誠(しせい)のこもれる諫言(かんげん)立腹(りつぷく)し、044()高天原(たかあまはら)混乱(こんらん)状態(じやうたい)余所(よそ)見流(みなが)し、045(なん)をさけ(やす)きにつき、046利己(りこ)目的(もくてき)(たつ)することのみに熱中(ねつちゆう)せる無責任(むせきにん)にして、047かつ無慈悲(むじひ)なる神人(しんじん)なれば、048犠牲的(ぎせいてき)精神(せいしん)()けゐたるため、049何事(なにごと)(こころざし)(あひ)(はん)し、050つひには(あめ)八衢(やちまた)(あら)はれて、051猛悪(まうあく)なる魔神(ましん)となり(をは)りける。
052 また出雲姫(いづもひめ)は、053天地(てんち)律法(りつぱう)神人(かみがみ)怠慢(たいまん)によりて破壊(はくわい)されたるを(うれ)ひ、054善行(ぜんかう)をもつて神人(かみがみ)模範(もはん)(しめ)さむとの義侠心(ぎけふしん)(ふり)おこし、055神国(しんこく)特有(とくいう)麻柱(あななひ)真柱(まはしら)()てむと百方(ひやつぱう)焦慮(せうりよ)したまへども、056何分(なにぶん)にも肝腎(かんじん)(かな)めの大本元(だいほんげん)(やぶ)れけるにぞ、057回天(くわいてん)神業(しんげふ)はつひに完成(くわんせい)にいたらざりける。
058大正一〇・一二・一〇 旧一一・一二 松村仙造録)
   
オニド関連サイト最新更新情報
5/6【霊界物語ネット】大本七十年史 下巻』(1967年発行)を掲載しました。
4/18【霊界物語ネット】山吹の花」(吉野山神業の記録)を掲載しました。
4/8【霊界物語ネット】民謡 波の上』と『民謡 月の都』(王仁三郎の歌集)を掲載しました。