霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

第八章 不意(ふい)邂逅(かいこう)〔一五八〕

インフォメーション
著者:出口王仁三郎 巻:霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 篇:第2篇 天地暗雲 よみ:てんちあんうん
章:第8章 不意の邂逅 よみ:ふいのかいこう 通し章番号:158
口述日:1921(大正10)年12月17日(旧11月19日) 口述場所: 筆録者: 校正日: 校正場所: 初版発行日:1922(大正11)年3月30日
概要: 舞台: あらすじ[?]このあらすじは東京の望月さん作成です。一覧表が「王仁DB」にあります。[×閉じる]
壇上に上がった道貫彦は聖地の神々の失敗を挙げ、八王大神を擁護した。すると城内のどこともなく、八王大神の姦策に陥るな、という声が響き渡った。
常世姫は怪しい声には注意を払わないようにと一同に呼びかけ、続いて八島姫が壇上に登った。
八島姫も、南高山を逐電して常世の国に来て以来、いかに八王大神・常世姫が手厚い恩恵を与えてくれたかを諸神に語った。
主な登場人物: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
愛善世界社版:49頁 八幡書店版:第1輯 390頁 修補版: 校定版:53頁 普及版:24頁 初版: ページ備考:
001 道貫彦(みちつらひこ)常世姫(とこよひめ)快諾(くわいだく)()て、002中央(ちうあう)高座(かうざ)にのぼり満場(まんぢやう)諸神司(しよしん)にむかひ一礼(いちれい)していふ。
003(われ)はモスコーを管轄(くわんかつ)する八王(やつわう)道貫彦(みちつらひこ)なり。004今日(こんにち)はじめて常世彦(とこよひこ)至仁(しじん)至愛(しあい)にして毫末(がうまつ)野心(やしん)もなく、005真個(しんこ)世界(せかい)平和(へいわ)欲求(よくきう)したまふ至誠(しせい)のあまり今回(こんくわい)大会議(だいくわいぎ)開催(かいさい)されたることと確信(かくしん)す。006諸神司(しよしん)(こころ)みに現今(げんこん)()高天原(たかあまはら)状勢(じやうせい)()られよ。007天地(てんち)律法(りつぱふ)()つて()きがごとく、008綱紀(かうき)弛緩(ちくわん)し、009邪神(じやしん)至善(しぜん)至美(しび)至仁(しじん)仮面(かめん)をかぶりて聖地(せいち)出入(しゆつにふ)し、010天使(てんし)真心彦(うらひこ)糸竹管絃(しちくくわんげん)(こころ)(うば)はれ花顔柳腰(くわがんりうえう)心魂(しんこん)をとろかし、011つひには自決(じけつ)するのやむなきに()ちいたれり。012天使(てんし)行動(かうどう)にして(かく)のごとしとせば、013その()神人(かみがみ)悪行(あくかう)非為(ひゐ)()るべきのみ。014第一(だいいち)015天使長(てんしちやう)たりし沢田彦命(さはだひこのみこと)神命(しんめい)(かろ)ンじ、016律法(りつぱふ)尊厳(そんげん)無視(むし)し、017薄志弱行(はくしじやくかう)心性(しんせい)暴露(ばくろ)し、018聖地(せいち)紛糾(ふんきう)混乱(こんらん)余所(よそ)()還天(くわんてん)したるごとき無責任(むせきにん)(きは)まる行動(かうどう)(あへ)てし、019ために聖地(せいち)秩序(ちつじよ)をみづから(やぶ)りたるにあらずや。020その片割(かたわれ)たる真心彦(うらひこ)後嗣(こうし)広宗彦(ひろむねひこ)は、021やや反省(はんせい)するところあるもののごとく、022神政(しんせい)経綸(けいりん)のため最善(さいぜん)努力(どりよく)(つく)しつつありといへども、023元来(ぐわんらい)無責任(むせきにん)にして放埒(はうらつ)きはまる真心彦(うらひこ)血統(けつとう)()けたる(もの)なれば、024(げん)025(しん)026(かう)027(つね)一致(いつち)せず、028ために聖地(せいち)神人(かみがみ)()(つき)聖地(せいち)をはなれ、029各地(かくち)居住(きよぢう)(さだ)め、030(いふ)(きみ)となり、031(むら)(をさ)となり、032たがひに権勢(けんせい)(あらそ)戦乱(せんらん)()むなき常暗(とこやみ)現代(げんだい)招来(せうらい)したり。033いかに智仁勇(ちじんゆう)兼備(けんび)神将(しんしやう)(たた)へらるる広宗彦(ひろむねひこ)といへども、034今日(こんにち)のごとく敗亡(はいばう)(ゐき)(ひん)せる聖地(せいち)ヱルサレムの神政(しんせい)恢興(くわいこう)し、035回天(くわいてん)大神業(だいしんげふ)遂行(すゐかう)すること(おも)ひもよらず、036かつ聖地(せいち)勢力(せいりよく)(いた)つて微弱(びじやく)にして、037いつ顛覆(てんぷく)運命(うんめい)遭遇(さうぐう)するやも(はか)りがたく、038(あらし)(まへ)朽樹(くちき)のごとき状態(じやうたい)なり。039このさい常世城(とこよじやう)八王大神(やつわうだいじん)にして聖地(せいち)神政(しんせい)根底(こんてい)より破壊(はくわい)し、040おのれ()つて(かは)神政(しんせい)管掌(くわんしやう)せむと(はか)りたまはば、041じつに焼鎌(やきがま)敏鎌(とがま)をもつて(ねぎ)()()るごとく易々(いい)たる(わざ)のみ。042しかるに至仁(しじん)至愛(しあい)にして、043世界(せかい)万有(ばんいう)にたいし、044(めぐ)みの乳房(ちぶさ)(いだ)かしめむとして苦心(くしん)焦慮(せうりよ)したまふ、045常世彦(とこよひこ)のごとき至誠(しせい)至実(しじつ)神司(しんし)は、046はたして何処(いづく)にか(これ)(もと)めて()るものぞ。047我々(われわれ)八王大神(やつわうだいじん)御夫婦(ごふうふ)万有(ばんいう)(たい)したまふ平等(べうどう)なる大慈愛(だいじあい)大御心(おほみこころ)(たい)(たてまつ)りて感歎(かんたん)()くところを()らず、048じつに八王大神(やつわうだいじん)天来(てんらい)救世主(きうせいしゆ)にして、049国祖(こくそ)国治立命(くにはるたちのみこと)股肱(ここう)たるべき真正(しんせい)義神(ぎしん)なれば、050(われ)らは世界(せかい)永遠(ゑいゑん)平和(へいわ)のために率先(そつせん)して、051八王神(やつわうじん)聖職(せいしよく)退(しりぞ)一切(いつさい)権能(けんのう)八王大神(やつわうだいじん)(たてまつ)り、052一天(いつてん)四海(しかい)平和(へいわ)のさきがけを()さむ。053諸神司(しよしん)はいかが思召(おぼしめ)したまふや、054(げん)にわが肉身(にくしん)(むすめ)春日姫(かすがひめ)(なが)大神(だいじん)近側(きんそく)奉仕(ほうし)無類(むるゐ)慈愛(じあい)(よく)し、055至善(しぜん)至愛(しあい)神司(しんし)にゐませることを証言(せうげん)したるに()るも、056一点(いつてん)八王大神(やつわうだいじん)(うたが)ひたてまつるの余地(よち)057寸毫(すんがう)発見(はつけん)することあたはず。058行成彦(ゆきなりひこ)主張(しゆちやう)のごときは、059ほとんど歯牙(しが)にかくるに()らざる、060短見的(たんけんてき)愚論(ぐろん)にして(みみ)をかすの価値(かち)なきものなり。061諸神司(しよしん)にして()()ふところをもつて()としたまはば、062(ただ)ちに起立(きりつ)をもつて賛成(さんせい)()(へう)したまへ』
063()べたて悠然(いうぜん)として降壇(かうだん)したりける。064常世姫(とこよひめ)以下(いか)二女(にぢよ)依然(いぜん)として壇上(だんじやう)()ち、065その艶麗(えんれい)国色(こくしよく)(ほま)れを(かがや)かしゐたり。066八王八頭(やつわうやつがしら)その()国魂(くにたま)をはじめ、067諸々(もろもろ)神人(かみがみ)(なん)言葉(ことば)もなく、068黙然(もくぜん)として呆気(あつけ)()られ、069眼球(がんきう)白黒(しろくろ)転回(てんくわい)させ、070(くち)をへの()(むす)何人(なにびと)かの答辞(たふじ)()ちゐたりける。
071 このとき(ぢやう)何処(どこ)よりともなく、
072満場(まんぢやう)神人(しんじん)たち、073常世彦(とこよひこ)奸策(かんさく)(おちい)るな、074注意(ちうい)せよ。075悪魔(あくま)(ぜん)仮面(かめん)をかぶりて()(まど)はすぞ』
076大声(おほごゑ)呶鳴(どな)りしものあり。077常世姫(とこよひめ)をはじめ列座(れつざ)神人(かみがみ)は、078何神(なにがみ)(こゑ)なるかと四隅(しぐう)見渡(みわた)したるが(なに)(かげ)もなかりき。079常世姫(とこよひめ)(こゑ)(ふる)はせ(いき)をはづませながら、080諸神司(しよしん)にむかつていふ。
081諸神司(しよしん)082よろしく心魂(しんこん)臍下丹田(さいかたんでん)(しづ)めよ。083好事(かうず)()(おほ)し、084寸善尺魔(すんぜんしやくま)とはただ(いま)のことなり。085天下(てんか)混乱(こんらん)せむとする邪神(じやしん)妖鬼(えうき)(げん)(まよ)はさるること(なか)れ。086良果(りやうくわ)には虫害(ちうがい)(おほ)善神(ぜんしん)善人(ぜんにん)には病魔(びやうま)(つね)につけねらふ。087神界(しんかい)をして永遠無窮(えいゑんむきう)至治太平(しちたいへい)ならしめむとするこの神聖(しんせい)無比(むひ)議会(ぎくわい)根底(こんてい)より破壊(はくわい)せむとして、088数万(すうまん)悪鬼(あくき)羅刹(らせつ)(ぢやう)内外(ないぐわい)充満(じゆうまん)せり。089寸毫(すんがう)といへども油断(ゆだん)あるべからず。090すみやかに諸神司(しよしん)八王(やつわう)撤廃(てつぱい)賛成(さんせい)されむことを(のぞ)む』
091容色(ようしよく)(やわら)(ゑみ)満面(まんめん)(たた)へて()()てたり。092諸神司(しよしん)(なに)ゆゑか口舌(こうぜつ)をしばられたるごとく一言(いちげん)をも(はつ)すること(あた)はず、093かつ全身(ぜんしん)麻痺(まひ)して微躯(びく)とも(うご)くを()ざりしがため起立(きりつ)して賛意(さんい)(へう)すること(あた)はず、094ただおのおの()(まる)くしてギロギロと異様(いやう)(ひかり)(はな)つのみなりけり。
095 このとき壇上(だんじやう)八島姫(やしまひめ)(くち)をひらき、
096(わらは)南高山(なんかうざん)八王(やつわう)大島別(おほしまわけ)(むすめ)なりしが、097ある一時(いちじ)心得(こころえ)ちがひより父母(ふぼ)()てて城内(じやうない)をひそかに脱出(だつしゆつ)し、098それより世界(せかい)各地(かくち)漂浪(へうらう)し、099零落(れいらく)して四方(しはう)彷徨(はうくわう)せし(をり)しも、100至仁(しじん)至愛(しあい)なる常世彦(とこよひこ)部下(ぶか)(すく)はれ、101言舌(げんぜつ)につくしがたき手厚(てあつ)恩恵(おんけい)(よく)しその洪恩(こうおん)(たと)ふるにものなく、102日夜(にちや)感謝(かんしや)(なみだ)()れゐたりしに、103(おも)ひきや、104勢力(せいりよく)徳望(とくばう)天下(てんか)冠絶(くわんぜつ)せる八王大神(やつわうだいじん)夫婦(ふうふ)殊寵(しゆちよう)(かたじけ)なうし、105(いま)やかくのごとく(おそ)れおほくも姫命(ひめみこと)侍女(じぢよ)として、106春日姫(かすがひめ)(あひ)ならび一日(いちにち)不平(ふへい)不満(ふまん)もなく近侍(きんじ)し、107二神司(にしん)神徳(しんとく)非凡(ひぼん)にして大慈(だいじ)大悲(だいひ)救世主(きうせいしゆ)にましますことを(さと)り、108洪恩(こうおん)万一(まんいち)にも(むく)いたてまつらむと寸時(すんじ)(わす)るることなし。109諸神司(しよしん)(わらは)のこの証言(せうげん)(しん)じて、110一刻(いつこく)(はや)原案(げんあん)賛成(さんせい)され、111もつて永遠(ゑいゑん)平和(へいわ)(かみ)後世(こうせい)まで(うた)はれたまはむことを、112天地(てんち)大神(おほかみ)(ちか)ひて勧告(くわんこく)したてまつる』
113()()つる。114このとき会場(くわいぢやう)一方(いつぱう)より常世姫(とこよひめ)登壇(とうだん)許可(きよか)請求(せいきう)せる八王(やつわう)あらはれにける。115さて、116この結末(けつまつ)如何(いか)になり()くならむか。
117大正一〇・一二・一七 旧一一・一九 出口瑞月
118(第六章~第八章 昭和一〇・一・一九 於錦江支部 王仁校正)