霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十一年旧五月五日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1898(明治31)年6月23日(旧5月5日)
神霊界掲載号:第48号 4頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 224頁 七巻本:第1巻 102頁 五巻本:未調査 三五神諭:第21章 東洋文庫天の巻:14頁 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考:三五神諭では明治33年になっている タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (いま)世界(せかい)人民(じんみん)は、002服装(みなり)ばかりを立派(りっぱ)(かざ)りて、003(うへ)から(みれ)結構(けっこう)人民(じんみん)で、004(かみ)(かな)はん(やう)()えるなれど、005()(もと)創造(こしら)へた、006(まこと)(かみ)()から()れば、007全部(さっぱり)()(あし)守護(しゅご)()りて()るから、008(あたま)(つの)()へたり、009(しり)()出来(でき)たり、010無暗(むやみ)(はな)(ばか)(たか)化物(ばけもの)覇張(はば)る、011暗黒(やみくも)()になりて()るぞよ。012(とら)(おほかみ)(われ)食物(たべもの)さえ()りたら、013(まこと)温順(おとな)しいなれど、014人民(じんみん)(とら)(おほかみ)よりも(あく)(つよ)いから、015(よく)()りが()いから、016()んぼ(もの)()りても満足(たんのう)といふ(こと)(いた)さん、017惨酷(むご)精神(せいしん)()りて(しも)ふて、018(おに)大蛇(おろち)精神(こころ)になりて、019(ひと)(くに)()ったり、020(ひと)(もの)無理(むり)しても強奪(ひった)くりたがる、021悪道(あくどう)()になりて()るぞよ。022(これ)(みな)露国(ろこく)(あが)りて()る、023悪神(わるがみ)(れい)所行(しわざ)であるぞよ。024モウ(これ)からは改心(かいしん)(いた)さぬと、025(うしとら)金神(こんじん)(あら)はれると、026(きび)しいなるから、027今迄(いままで)(やう)畜生(ちくしょう)のやりかたは、028何時(いつ)までも()しては()かんぞよ。029()()しの懲戒(みせしめ)は、030テキ(めん)(いた)すぞよ。031今迄(いままで)()きすっ(ぽう)032仕放題(しほうだい)の、033我善(われよ)しの人民(じんみん)は、034(つら)くなるぞよ。035(はや)改心(かいしん)(いた)さんと、036地球(おつち)(うへ)には()いて(もら)えん(こと)に、037(かは)りて()るから、038(かみ)執念(くどう)()()けるなれど、039智慧(ちゑ)(がく)とで出来(でき)(いま)()人民(じんみん)(みみ)には、040這入(はいり)かけが(いた)さんぞよ。041一度(いちど)立替(たてかへ)(いた)せば、042世界(せかい)大変(たいへん)人減(ひとべ)りが(いた)すから、043日時(ひにち)()ばして、044一人(ひとり)なりとも余計(よけい)改心(かいしん)さして、045(たす)けてやりたいと(おも)へども、046()(やう)(もう)しても、047(いま)人民(じんみん)(きき)(いれ)ないから、048世界(せかい)何事(なにごと)出来(しゅったい)(いた)しても、049(かみ)はモウ高座(たかみ)から見物(けんぶつ)いたすから、050(かみ)(うら)めて(くだ)さるなよ。051世界(せかい)神々様(かみがみさま)052守護神(しゅごじん)殿(どの)053人民(じんみん)()(つけ)るぞよ。054無間(むげん)(かね)(うち)(なら)して、055(むかし)(かみ)世界(せかい)人民(じんみん)()らせども、056盲目(めくら)聾者(つんぼ)との暗黒(くらがり)()()るから、057(かみ)(まこと)(おしへ)(みみ)這入(はい)らず、058外国(がいこく)(けもの)真似(まね)(いた)して、059牛馬(うしうま)(にく)(くっ)たり、060洋服(ようふく)()(かみ)(まえ)(はばか)らずに迂路(うろ)ついたり、061(いち)金銀(かね)()金銀(かね)(もう)して、062金銀(かね)()けら()(をさま)らん。063人民(じんみん)生命(いのち)()てん(やう)に、064(とり)(ちがい)いたしたり、065(ひと)(くに)()ろうが、066(ひと)(もの)()ろうが、067隙間(すきま)さえありたら略取(とる)ことを(かんが)へたり、068(がく)さえ()りたら、069世界(せかい)自由自在(じゆうじざい)になる(やう)(おも)ふて、070畜生(ちくしょう)(くに)(がく)(ふか)はまりいたしたり、071(をんな)()れば何人(なんにん)でも()()け、072(めかけ)足懸(あしかけ)沢山(たくさん)(かか)えて、073(ひら)けた人民(じんみん)()(かた)(かんが)へたり、074(はじ)(おそ)れも()らぬ(ばか)りか、075他人(ひと)()んな難儀(なんぎ)をいたして()りても、076()()()りをいたして、077我身(わがみ)さえ都合(つごう)()ければ()いと(もう)して、078日本魂(やまとだましい)(たね)を、079外国(がいこく)(ひき)(ぬか)れて(しも)ふて、080徴兵(ちょうへい)(のが)れやうとして、081(かみ)仏事(ぶつじ)(がん)をかける人民(じんみん)082多数(たっぴつ)出来(でき)て、083(くに)(こと)(ども)(ひと)つも(おも)はず、084外国(がいこく)(くに)(とら)れても、085(べつ)(なん)とも(おも)はず、086心配(しんぱい)もいたさぬ腰抜(こしぬけ)人民(じんみん)や、087蛆虫(うじむし)ばかりで、088(この)(さき)()ふして()()ちて()くと(おも)ふて()るか、089(わか)らんと(もう)しても(あま)りであるぞよ。090病神(やまいがみ)其所等(そこら)一面(いちめん)()()かして、091人民(じんみん)(のこ)らず(くる)しめやうと(たく)みて、092人民(じんみん)のすきまをねらい(つめ)()りても、093(かみ)(すが)りて(たす)かる(こと)()らずに、094外国(がいこく)から(わた)りて()悪神(わるがみ)(おし)へた、095(どく)には()っても、096(くすり)には()らぬヤクザものに、097沢山(たくさん)(かね)()して、098長命(ながいき)出来(でき)身体(からだ)を、099ワヤに()られて()りても、100(ゆめ)にも(さと)らん馬鹿(ばか)人民(じんみん)(ばか)りで、101日本魂(やまとだましい)人民(じんみん)は、102(ゆび)(かぞ)へる(ほど)よか()いとこまで、103()(くも)りて()()りても、104()うも()うも、105()ういたさん(よう)()りて()るくせに、106弱肉強食(つよいものがち)()()(かた)をいたして、107(これ)より(ほか)結構(けっこう)()治方(もちかた)()いと(もう)して()るぞよ。108日本(にほん)(くに)(うへ)(たち)()りて、109今迄(いままで)けっこうに(くら)して()りて、110天皇(かみ)御恩(ごおん)といふ(こと)()らずに、111(くち)()きばかり立派(りっぱ)(もう)して()りても、112サア(いま)といふ(ところ)になりたら、113元来(もとから)利己主義(われよし)守護神(しゅごじん)であるから、114チリヂリバラバラに、115()げて(しま)ふもの(ばか)りが()()るぞよ。116()れで(かみ)(なが)らく苦労(くろう)(いた)して、117一人(ひとり)なりと人民(じんみん)改心(かいしん)さして、118日本魂(やまとだましい)(こし)らへて、119()立替(たてかへ)()(あは)したいのであれど、120(いま)日本(にほん)人民(じんみん)は、121サッパリ()(あし)精神(せいしん)()りて()るから、122何程(なにほど)結構(けっこう)(こと)(もう)して()らしてやりても、123(いま)(いま)まで改心(かいしん)()(いた)さんやうに(くも)()りて(しも)ふたから、124(かみ)もモウ(こえ)()げて、125()()らな仕様(しよう)()いが、126(これ)()(かみ)()()けるのに、127()かずにをいて、128(あと)不足(ふそく)(もう)して(くだ)さるなよ。129(かみ)はモウ一限(ひときり)(いた)すぞよ。
130 外国(がいこく)(けもの)霊魂(みたま)()りて()るから、131(あく)(つよ)いから、132(こころ)からの(まこと)といふ(こと)()きやうになりて、133(ひと)(くに)まで(よわ)いと()たら、134無理(むり)()って(しも)ふて、135()られた(くに)人民(じんみん)は、136()るに()られん()()はされても、137(なに)()(こと)出来(でき)ず。138(おな)(かみ)()()(なが)ら、139(あま)非道(ひど)施政(やりかた)で、140畜生(ちくしょう)よりもモ(ひと)(むご)いから、141(かみ)今度(こんど)()て、142世界(せかい)(くる)しむ人民(じんみん)(たす)けて、143世界中(せかいじゅう)桝掛(ますかけ)()きならすのであるぞよ。144外国人(がいこくじん)段々(だんだん)()(せま)りて()て、145食物(たべもの)(こま)るやうになりたら、146日本(にほん)人民(じんみん)餌食(えじき)(いた)してでも、147トコトン()()くといふ(ふか)仕組(しぐみ)(いた)して、148日本(にほん)(くに)(とろ)うといたして、149(なが)らくの仕組(しぐみ)をして()るから、150日本(にほん)人民(じんみん)は、151余程(よほど)(しっか)りと腹帯(はらおび)()めて()らんと、152末代(まつだい)(とり)(もど)しの()らん(こと)出来(しゅったい)して、153天地(てんち)神々様(かみがみさま)(もうし)(わけ)()(こと)になるから、154(うしとら)金神(こんじん)三千年(さんぜんねん)(あま)りて、155()()ちて()りて、156(かげ)から世界(せかい)(つぶ)さんやうに、157(つら)(ぎゃう)をいたして、158経綸(しぐみ)をいたしたので、159モウ(みず)(もら)さんやうに(いた)してあるなれど、160(かみ)(その)(まま)では(なに)出来(でき)んから、161因縁(いんねん)ある身魂(みたま)()きよして、162(かか)りて(この)()守護(しゅご)をいたすのであるから、163中々(なかなか)大事業(たいもう)であれど、164時節(じせつ)(まい)りて、165変性男子(へんじょうなんし)変性女子(へんじょうにょし)との身魂(みたま)が、166(そろ)ふて守護(しゅご)()()したから、167いろは四十八文字(しじゅうはちもじ)霊魂(みたま)を、168世界(せかい)大本(おほもと)169綾部(あやべ)竜宮館(りゅうぐうやかた)にボツボツと()()して、170(かみ)がそれぞれ御用(ごよう)(もう)()けるから、171素直(すなほ)()いて(くだ)さる人民(じんみん)(そろ)ふたら、172三千年(さんぜんねん)(あま)りての仕組(しぐみ)一度(いちど)実現(なり)()て、173一同(いちど)(ひら)(うめ)(はな)174万古(まんご)末代(まつだい)(しお)れぬ(はな)()いて、175三千世界(さんぜんせかい)(いさ)んで(くら)神国(しんこく)になるぞよ。176日本(にほん)人民(じんみん)(てん)からの御用(ごよう)は、177三千世界(さんぜんせかい)(をさ)(かみ)(わう)手足(てあし)となりて、178我身(わがみ)()てて、179神皇(かみ)御用(ごよう)をいたさなならぬ(くに)であるから、180外国(がいこく)には(したが)はれぬ、181(とうと)(くに)であるのに、182(いま)日本(にほん)人民(じんみん)は、183(みな)(おほ)きな(とり)(ちが)いをいたして()るぞよ。