霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧六月四日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年7月27日(旧6月4日)
神霊界掲載号:第50号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 323頁 七巻本:第1巻 242頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:52頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:22頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os043
001 (うしとら)金神(こんじん)稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)出口(でぐち)(かみ)(あら)はれて、002世界(せかい)守護(しゅご)(いた)すと、003人民(じんみん)からは見当(けんと)()れん経綸(しぐみ)(いた)してあるから、004()綾部(あやべ)大本(おほもと)仕組(しぐみ)(さき)()はれんのであるから、005()経綸(しぐみ)(わけ)人民(じんみん)なれば(えら)いなれど、006(これ)(みな)(わか)りたら物事(ものごと)成就(じょうじゅ)いたさんから、007出来(でき)(あが)るまでは肝腎(かんじん)経綸(しぐみ)(もう)さんぞよ。008人民(じんみん)といふものは如何様(どない)(もう)しても、009(こころ)(はよ)(かは)るものであるから、010()(こと)じゃと(おも)ふたら()ぐに(よろこ)ぶし、011(これ)面白(おもしろ)()いと(おも)ふたら、012()ぐに(こころ)(かは)るし、013(なつ)()(はな)紫陽花(あじさい)色程(いろほど)くれくれ(かは)るから、014十分(じゅうぶん)見届(みとど)けた(その)(うへ)でないと(かみ)(もう)さんぞよ。015如何(どん)(うれ)しき(こと)でも左程(さほど)(よろ)こばず、016(つま)らいでも左程(さほど)心配(しんぱい)をいたさずに、017(むかし)からチットも(かは)らぬ(いろ)松心(まつごころ)()らねば、018()んな大望(たいもう)()立替(たてかへ)御用(ごよう)(いた)す、019(かみ)()(もの)()らねば()らぬ御用(ごよう)であるから、020大本(おほもと)(たち)()(ひと)は、021(ひと)十倍(じゅうばい)改心(かいしん)出来(でき)()らんと(つと)まらんぞよ。022今度(こんど)大本(おほもと)(なか)御用(ごよう)は、023余程(よほど)(かみ)(こころ)()()らんと誤解(とりぞこない)(いた)すぞよ。024筆先(ふでさき)()しては()るなれど、025(はらわた)(ひき)(わけ)()(これ)でならと、026(この)(ほう)()見届(みとどけ)んと、027実地(じっち)真実(まこと)(もう)さんぞよ。028(この)筆先(ふでさき)には、029チットも(うそ)(かか)して()いなれど、030霊魂(みたま)水晶(すいしょう)(みが)けて()らんと、031(なに)(わか)りはいたさんぞよ。032(くも)りた霊魂(みたま)()たら、033(くも)りて()えるぞよ。034心々(こころごころ)()れるから、035トコトンまで改心(かいしん)いたして、036(たま)(みが)いて()らんと、037(まこと)神徳(をかげ)()れは(いた)さんぞよ。038水晶霊魂(すいしょうみたま)には(また)(ほか)には()い、039結構(けっこう)筆先(ふでさき)であるぞよ。040(たれ)(この)(ほう)(こころ)()()れまいが、041(あと)(はず)かしく()いやうに、042大本(おほもと)(わか)らん(うち)心得(こころえ)()かんと、043(あと)になりてからは(とり)(かへ)しが()らんから、044(おな)(こと)(ばか)りを度々(たびたび)()いて()()けておくぞよ。045出口(でぐち)(なを)肉体(にくたい)(もう)すと(おも)ふて油断(ゆだん)(いた)したら、046(さき)でヂリヂリ(もだ)えても、047(あと)悟悔(こうかい)()(あわ)んぞよ。048(この)(ほう)(こころ)(わか)りたものは、049(かみ)にも、050(ぶつ)にも、051人民(じんみん)にも()りは(いた)さんぞよ。052大本(おほもと)()(にしき)(はた)には、053どんな模様(もよう)出来(でき)ておるか、054機織(はたを)(ひと)にさえ(わか)らん経綸(しぐみ)であるから、055智慧(ちえ)(がく)(かんが)へで(わか)りさうな(こと)()いから、056大本(おほもと)(なか)役員(やくいん)(ひと)つの(こころ)になりて、057筆先(ふでさき)()(おこな)いさえ出来(でき)だしたら、058世間(せけん)からアレデ()らこそ(かみ)信心(しんじん)する(ひと)じゃと()はれだすから、059信者(しんじゃ)(ひと)(おこな)いを()えて、060(かみ)(こころ)(かな)ふやうに()りて()るぞよ。061大本(おほもと)(たち)()(ひと)は、062(ほか)教会(きょうかい)(ひと)(おこな)いとは、063大分(だいぶ)(ちご)ふて(すぐ)れて()るといふ(こと)が、064世間(せけん)()()くやうに()りたら、065(うしとら)金神(こんじん)天晴(あっぱ)れと(あら)はれるなれど、066(いま)のやうな体裁(ていさい)(うち)全部(すっくり)(あら)はれて()せたら、067(みな)のものがトチ面貌(めんぼう)()りて(こま)るから、068(ひか)えて(わざ)とに出口(でぐち)(なを)何彼(なにか)(こと)()らして()るのを、069差添(さしそへ)役員(やくいん)(なか)では、070チットは身魂(みたま)(みが)けかけたなれど、071(ひと)(そろ)ふて(みが)けんと、072天晴(あっぱれ)(かみ)(おもて)()(ところ)()(ところ)()いぞよ。073(たま)(みが)いたり(みが)かしたり、074余程(よほど)(ほね)()りておかんと、075(はや)(おもて)になりたら()りたらと(もう)して()ちて()りても、076()内部(なか)行状(おこない)(おさ)まらん(やう)(こと)でありたら、077日々(にちにち)(つと)めが(つろ)うて(こば)れんぞよ。078(かみ)容器(いれもの)余程(よほど)(そろ)うて(みが)いて()らんと、079実地(せうまつ)()()たら(はげ)しうて、080善悪(ぜんあく)厳重(げんじゅう)(わか)るから、081(おほ)きな(こえ)()んやうに()るぞよ。082さう()らんと(まこと)改心(かいしん)は、083(いま)人民(じんみん)()(いた)さんぞよ。
084 何時(いつ)でも気障(きざわ)りの()人民(じんみん)(この)大本(おほもと)這入(はい)りて()たら、085(なん)とは()しにそこらの(こと)(はげ)しう(なり)て、086(おそろし)うて()げて(かへ)らねば()らんぞよ。087今度(こんど)身魂(みたま)(みが)けた人民(じんみん)から(はや)()くなるぞよ。088身魂(みたま)洗濯(せんたく)(なに)よりも一番(いちばん)(ほね)(をれ)るぞよ。089(あつ)(しの)いで(あき)()(かぜ)()てど、090世界(せかい)(さむ)しくなると()(こと)が、091筆先(ふでさき)()して()ろうがな。092(うへ)(のぼ)りて()(ひと)(くだ)()(まい)りて()て、093(のぼ)(くだ)りで世界(せかい)大分(だいぶ)(さわ)がしく()ると(もう)して()るが、094天地(てんち)(かへ)()(まい)りたぞよ。095天地(てんち)(かへ)ると(もう)すのは、096身魂(みたま)()()タに(かは)(こと)であるぞよ。097外国(がいこく)ばかりでは()いぞよ。098脚下(あしもと)御用心(ごようじん)なされよ。099三千世界(さんぜんせかい)霊魂(みたま)調査(あらため)100身魂(みたま)洗濯(せんたく)いたすのが(おそ)()りたぞよ。101(あま)りヒドイ(あか)(たま)りて()るので、102(かみ)(ほね)()れるぞよ。103今度(こんど)綾部(あやべ)大本(おほもと)()(はな)は、104(むかし)からの苦労(くろう)凝固(かたまり)()るから、105()いたら万古(まんご)末代(まつだい)(しほ)れぬ(はな)であるぞよ。106(めず)らしき世界(せかい)(また)()結構(けっこう)(はな)であるぞよ。107世界(せかい)大本(おほもと)()大望(たいもう)(ところ)が、108斯様(こん)粗末(そまつ)(ところ)であるから、109(いま)から(うれ)しいやうな(こと)()()せたら、110人民(じんみん)(もう)すものは近慾(ちかよく)なもので()るから、111結構(けっこう)(もう)して(みな)()りて()るなれど、112(はや)()くやうな(はな)()るのも(はや)いぞよ。
113 今度(こんど)大本(おほもと)()(はな)苦労(くろう)114(くや)しの(かた)まった、115神国(しんこく)(みの)りのいたす()(ばな)であるから、116変性男子(へんじょうなんし)と、117変性女子(へんじょうにょし)と、118龍宮(りゅうぐう)乙姫(おとひめ)どのと、119禁闕金(きんかつかね)(かみ)と、120四魂(しこん)(そろ)ふて()()ちて()りた霊魂(みたま)御用(ごよう)いたして、121神国(しんこく)(ひかり)()すのであるぞよ。122今迄(いままで)()()()れた神様(かみさま)も、123(この)()(うへ)()ちて()りた守護神(しゅごじん)改心(かいしん)なされて、124(ひと)つの(みち)(たち)(かへ)りて、125日本(にほん)(うち)御守護(ごしゅご)(あそ)ばすやうに()りたら、126(まこと)結構(けっこう)であるぞよ。127(うしとら)金神(こんじん)(ひと)手柄(てがら)()るので()いぞよ。128(みな)()(ひき)()ふて(そろ)ふて()くなりて、129(よろ)こばしたいので()るなれど、130(みな)()(やう)(ちご)ふて()るぞよ。131(ちさ)(こころ)人民(じんみん)(かみ)(きら)い。132(うめ)()く、133(さくら)()れる、134(たけ)(たお)れる、135(まつ)(さか)える()(まい)りたから、136日本(にほん)人民(じんみん)(そろ)ふて外国(がいこく)よりも(さき)改心(かいしん)いたして(くだ)されよ。137(たけ)(たお)れる(さくら)()()がまゐりたぞよ。138(まつ)(うめ)とは日本(にほん)なり、139(たけ)外国(がいこく)(たと)へてあるなり、140(さくら)(ぶつ)(たと)へてあるから、141(こころ)()()りて(くだ)され。142(まつ)(うめ)(こころ)()いと、143日本(にほん)(くに)()りての守護(しゅご)出来(でき)(こと)になるから、144明治(めいじ)二十五(ねん)から()()けてありたぞよ。145(なか)には日本(にほん)外国(がいこく)(べつ)(ちご)うた(こと)()(はず)じゃ、146(おな)(かみ)(つく)りた(くに)であるのに、147日本(にほん)日本(にほん)依怙贔負(えこひいき)(いた)す、148世間(せけん)()ずの(せま)勝手(かって)(かみ)じゃと(もう)すものも、149沢山(たくさん)(あら)はれて()るなれど、150ソレは天地(てんち)先祖(せんぞ)(かみ)(ひろ)(ふか)御心(みこころ)(わか)らん、151(あく)守護神(しゅごじん)(うつ)りて()外国(がいこく)身魂(みたま)であるから、152(ふか)経綸(しぐみ)(おく)(わか)らんからであるぞよ。153人民(じんみん)(もう)(こと)一寸(ちょっと)()くと、154立派(りっぱ)理窟(りくつ)()ふたやうな(こと)(もう)せども、155天地(てんち)(もと)生神(いきがみ)とは精神(せいしん)全部(すっくり)(ちご)ふて()るから、156トコトン改心(かいしん)(いた)して、157(いま)までの(がく)(たま)りた塵埃(ごもく)()()して(しま)はねば、158(なに)(わか)りは(いた)さんぞよ。
159 今度(こんど)()立替(たてかへ)は、160(むかし)から因縁(いんねん)()変生男子(へんじょうなんし)と、161女子(にょし)との身魂(みたま)でないと、162物事(ものごと)成就(じょうじゅ)いたさんから、163(ほか)役員(やくいん)何程(なにほど)智慧(ちえ)(かんが)へて相談(そうだん)をして()りても、164途中(とちゅう)邪魔(じゃま)這入(はい)りて、165虻蜂(あぶはち)()らずの(こと)出来(しゅったい)いたすから、166(この)大本(おほもと)経綸(しぐみ)女子(にょし)(いた)さすから、167自己(われ)()()ろうと(おも)ふたら、168物事(ものごと)九分九厘(くぶくりん)(とこ)(かへ)るぞよと(もう)して、169毎度(まいど)筆先(ふでさき)()らしてあれど、170(いま)人民(じんみん)(はな)(たこ)うて、171(われ)ほどエライ(わか)りたものは()いと(おも)ふて、172慢心(まんしん)(きつ)いから、173何時(いつ)縮尻(しくじり)出来(でき)るぞよ。174人民(じんみん)(かんが)(くらゐ)出来(でき)(こと)なら、175三千年(さんぜんねん)あまりて(かみ)(くや)しい残念(ざんねん)(こば)りて、176()んな苦労(くろう)(いた)さいでも()いなれど、177今度(こんど)(こと)中々(なかなか)(くち)(もう)すやうな(あさ)(ちい)さい(こと)でないから、178(この)大本(おほもと)(なか)経綸(しぐみ)は、179何事(なにごと)(はた)()(ひと)差図(さしず)(したご)ふて(いた)さんと、180利巧(りこう)()していたしたら、181(かみ)精神(せいしん)()はんから、182(かえっ)()(どく)(こと)出来(でき)るぞよ。
183 (うしとら)金神(こんじん)三千年(さんぜんねん)あまりて仕組(しぐみ)(こと)を、184筆先(ふでさき)()らして(この)()(とどめ)()して、185(てん)大神様(おほかみさま)御目(おんめ)()ける御役(おんやく)であるなり、186(ひつじさる)金神(こんじん)実地(じっち)経綸(しぐみ)(いた)御役(おんやく)なり、187大地(だいち)根神(こんじん)禁勝金(きんかつかね)(かみ)(かね)守護(しゅご)をいたすなり、188龍宮(りゅうぐう)乙姫殿(おとひめどの)()()(かみ)(ひき)()ふて外国(がいこく)での御働(おはたら)きを(あそ)ばすなり、189四魂(しこん)(そろ)ふて三千世界(さんぜんせかい)立替(たてかへ)立直(たてなほ)しを(いた)す、190大望(たいもう)御役(おんやく)であるから、191(この)大本(おほもと)(たち)()(ひと)(その)(こころ)()りて(くだ)さらんと、192物事(ものごと)九分九厘(くぶくりん)成就(じょうじゅ)いたさんぞよ。
193 今迄(いままで)()外国(がいこく)身魂(みたま)覇張(はば)()で、194(かね)(つら)()()()りたなれど、195二度目(にどめ)()立替(たてかへ)をいたす綾部(あやべ)大本(おほもと)は、196(かね)では(つら)()らさんぞよ。197さっぱり今迄(いままで)とは物事(ものごと)()へて、198天地(てんち)上下(うへした)(いた)すのであるから、199(うへ)(あが)りて外国(がいこく)身魂(みたま)になりて()りた人民(じんみん)は、200(こころ)(そこ)から改心(かいしん)いたさんと、201日本(にほん)()()はん(こと)()りて、202()(どく)なものであるぞよ。203(この)(かみ)(おもて)()りかけたら(われ)(わし)もと(もう)して、204金銀(きんぎん)()ちて世話(せわ)さして()れと(もう)して、205(つめ)かけて()るなれど、206今度(こんど)身魂(みたま)因縁(いんねん)()人民(じんみん)(かね)(もち)ゐられんぞよ。207(いま)(わざ)とに(この)大本(おほもと)(なか)は、208(さび)しく(いた)して()せてあれど、209(さき)()りたら金銀(きんぎん)(あめ)()(ごと)く、210謝絶(ことわり)(こま)(やう)()りて()る、211世界(せかい)大本(おほもと)()るぞよ。212(かみ)(みち)はチットも(よく)(いた)されんから、213(かね)()しい(やう)精神(せいしん)では、214今度(こんど)大望(たいもう)成就(じょうじゅ)いたさんぞよ。
215 (これ)までの()大将(たいしょう)()同様(どふやう)()()りて、216(つよ)いもの(がち)()()りたから、217自分(われ)さえ()けりや他人(ひと)如何様(どない)()ろうとも、218(かま)はん()()りて()りたから、219二度目(にどめ)(あま)岩戸(いわと)(びら)きを(いた)して、220(さら)つの()(いた)して、221神世(かみよ)一代(いちだい)(こと)222(この)()一切(いっさい)(こと)(あらた)めいたして、223(この)()(もち)(あら)した守護神(しゅごじん)(あらた)めに(かか)りて、224野天狗(のてんぐ)225野狐(のぎつね)226(たぬき)227この()風来者(ふうらいもの)()()処分(らち)()けて、228(あく)守護神(しゅごじん)使(つか)はれて()りた肉体(にくたい)は、229外国(がいこく)()(くに)(そこ)(くに)()きと(いた)すから、230(その)覚悟(かくご)(いた)されよ。231出口(でぐち)(なを)日々(ひび)(ねがい)(みみ)這入(はい)守護神(しゅごじん)なら、232()大本(おほもと)から(かも)ふてやれば、233万古(まんご)末代(まつだい)結構(けっこう)(こと)であるなり、234()(くに)(そこ)(くに)(おと)されたら、235モウ(これ)からは日本(にほん)土地(をつち)(ふま)して(もら)(こと)出来(でき)(こと)(なる)から、236()()けたので()るぞよ。
237 素盞嗚尊(すさのおのみこと)霊魂(みたま)体主霊従(あく)(かへ)りて、238天地(てんち)岩戸(いわと)()めた(ゆえ)に、239(てん)()妖気(くもり)()りて(しも)ふて、240草木(くさき)(いろ)まで天然(てんねん)光沢(ひかり)()んやうになりて、241(いね)にも、242(まめ)にも、243野菜物(やさい)にも、244(はな)にも、245果物(くだもの)にも(わる)(むし)()くやうになりて、246十分(じゅうぶん)取穫(とりいれ)出来(でき)んやうになりて()るから、247今度(こんど)一番(いちばん)(この)霊魂(みたま)から、248御改心(ごかいしん)をして(もら)はねば、249天地(てんち)岩戸(いわと)何時(いつ)まで(かか)りても(ひら)けんから、250変生女子(へんじょうにょし)改心(かいしん)一番(いちばん)であるぞよ。251今度(こんど)天地(てんち)岩戸(いわと)(ひら)けたら、252草木(くさき)も、253人民(じんみん)も、254(やま)も、255(うみ)(ひか)(かがや)いて、256(まこと)にそこら(じゅう)がキラキラ(いた)して、257(たの)もしい()(おだや)かな()になるぞよ。258(これ)(まこと)神世(かみよ)であるぞよ。259(あめ)()しい時分(じぶん)()り、260(かぜ)()しい(とき)()いて、261人民(じんみん)身魂(みたま)(きよ)らかになりて、262天下(てんか)泰平(たいへい)263天地(てんち)身魂(みたま)(いさ)()になるぞよ。264(つき)()もモット(ひか)りが(つよ)くなりて、265水晶(すいしょう)のやうに(もの)()(とほ)りて()()すから、266(あく)身魂(みたま)(かく)れる場所(ばしょ)()きやうになるぞよ。267時節(じせつ)()たぞよ用意(ようい)をなされ。
268 今度(こんど)御用(ごよう)各自(めいめい)(おな)御用(ごよう)はさしてないぞよ。269(むかし)からの霊魂(みたま)因縁(いんねん)だけのことをさすぞよ。270出口(でぐち)(なを)には筆先(ふでさき)()らさすなり、271純子(すみこ)には筆先(ふでさき)(かわ)りに(くち)()はさすなり、272上田(うえだ)喜三郎(きさぶろう)出口(でぐち)王仁三郎(おにさぶろう)()()へさして、273神界(しんかい)経綸(しぐみ)御用(ごよう)使(つか)ふなり、274役員(やくいん)役員(やくいん)各自(めいめい)(ちが)うた御用(ごよう)(いた)さすから、275(おな)御用(ごよう)一人(いちにん)()いぞよ。276(みな)霊魂(みたま)因縁(いんねん)ありての御用(ごよう)(かみ)(いた)さすのであるから、277素直(すなほ)()いて(くだ)さらんと、278()()したら縮尻(しくじり)出来(でき)るぞよ。279(かみ)何事(なにごと)(まえ)(まえ)つに()()けるぞよ。
280 この大本(おほもと)は、281筆先(ふでさき)(どほ)りに(いた)さねば、282人民(じんみん)()でやろうと(おも)ふたら、283(なに)(ひと)物事(ものごと)成就(じょうじゅ)いたさんぞよ。284ドイライ目醒(めざ)ましに()ふて、285世界(せかい)(ひと)(かお)()はされず、286(おほ)きな(いき)()うせずに、287(いえ)隅隈(すみくま)(かく)れて()らんならん(こと)出来(しゅったい)いたすから、288筆先(ふでさき)十分(じゅうぶん)見詰(みつめ)て、289()(おこな)いをいたして(くだ)されと、290クドウ(もう)すのであるぞよ。291(この)(かみ)(もう)(こと)(かる)くとりて、292何時(いつ)(おな)(からす)()いとる(くら)いに(おも)ふて、293何時(いつ)までもシブトウ()かんと、294何時(いつ)(ふね)(かへ)るやら()れんから、295(この)大本(おほもと)()御用(ごよう)をいたさうと(おも)ふたら、296余程(よほど)しっかり(いた)さんと、297肝腎(かんじん)(とき)御用(ごよう)には使(つか)はんぞよ。298(かみ)(もう)(うち)()かんと、299モウ(かみ)堪忍袋(こらへぶくろ)()れるから、300()堪忍袋(こらへぶくろ)()れたら、301到底(とうてい)(かな)はんぞよ。