霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

大正六年旧十一月二十三日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1918(大正7)年1月5日(旧11月23日)
神霊界掲載号:第57号 1頁(次号に続く) 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 113頁 七巻本:第3巻 140頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:200頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:74頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os113
001 至仁至愛大神(みろくさま)御出現(おでまし)()時節(じせつ)(まい)りて、002明治(めいじ)廿五(ねん)から変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)に、003()(くち)とで()らさしてありた(こと)が、004実地(じっち)()()るぞよ。005今迄(いままで)()(こと)(いた)して()身魂(みたま)()(こと)出来(でき)()るなり、006(わる)(こと)(いた)した身魂(みたま)(わる)(こと)()()るなり、007(なに)()一度(いちど)(あら)はれるぞよ。008モー()立替(たてかへ)(こと)()らせる(こと)()いから、009今迄(いままで)()らして()りた(こと)実地(じっち)世界(せかい)にあるぞよ。010(なに)()世界中(せかいじゅう)(こと)帳面(ちょうめん)(つけ)(とめ)てある同様(どふやう)に、011天地(てんち)先祖(せんぞ)(なに)(ひと)()らんと()(こと)()いから、012(そこ)(わか)らぬ経綸(しぐみ)(いた)してあるぞよ。013(そこ)(ふか)いイロハからの仕組(しぐみ)()るから、014チットは()はれぬ(こと)()るし、015六ケ敷(むつかしい)経綸(しぐみ)であるぞよ。016()ふてはならず、017()はいでは邪魔(じゃま)這入(はい)(こと)もあるなり、018変性男子(へんじょうなんし)(やく)是程(これほど)(つら)いことは()いぞよ。019貧乏(びんぼう)(ゆる)ぎも出来(でき)んと()ふのは男子(なんし)(やく)であるぞよ。020一寸(ちょっと)でも()(ゆる)めたら真似(まね)()られるなり、021真似(まね)()られたら何遍(なんべん)でも跡戻(あともど)(ばか)(いた)さんならんなり、022コンナ(かな)はん御用(ごよう)世界(せかい)()りは(いた)さんぞよ。023御魂(みたま)世界(せかい)沢山(たくさん)ありても、024代理(かはり)()せる身魂(みたま)(ひと)つも()いので()るぞよ。025変生男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)御用(ごよう)は、026イロハ四十八(しじゅうはち)文字(もじ)世界(せかい)(をさ)める経綸(しぐみ)御用(ごよう)であるが、027(むこ)ふの(くに)体主霊従(あく)(かしら)(その)次席(つぎ)身魂(みたま)が、028中々(なかなか)一通(ひととお)りの身魂(みたま)()()はんと()(こと)が、029初発(しょっぱつ)から見抜(みぬ)いてありて、030(いま)変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)(つら)()()して()るから、031(これ)から、032日本(にほん)(もと)経綸(しぐみ)(あら)はして、033(いま)(わる)目的(もくてき)()()守護神(しゅごじん)は、034日本(にほん)外国(がいこく)との施政方針(やりかた)()()ぜて()ろうと(おも)ふて()るが、035モー(あく)()(をは)りと()りたから、036(あく)(れい)はチットも()かぬ()うに(いた)すから、037(いま)までの格合(かくあ)ひには()かんぞよ。038(あく)()九分九厘(くぶくりん)でモー()みたから、039(この)()きは(てん)のミロク(さま)の、040(むかし)(はじま)りの(もと)()()()(もど)して、041何彼(なにか)(こと)042末代(まつだい)(こと)規定(きめ)るのであるから、043(なに)()けても大望(たいもう)(こと)ばかりであるから、044人民(じんみん)では見当(けんとう)()れん(こと)であるぞよ。045(いま)までは悪神(わるがみ)支配(しはい)()でありたから、046何事(なにごと)()()(ふり)()()りたなれど。047全然(さっぱり)時節(じせつ)(まわ)りて()て、048()()きの()らん(こと)になりて()たから、049何時(いつ)(ふね)(かへ)るやら(わか)らんぞよ。050天地(てんち)先祖(せんぞ)はモー(この)(うへ)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)には充分(じゅうぶん)()()けてあるから、051何事(なにごと)世界(せかい)から()()ても、052モー(かみ)不足(ふそく)()るまい。053一度(いちど)(ひら)いてバタバタと(いた)さねば、054何時(いつ)までも(おな)(こと)(なご)(かか)りて()りたら、055世界中(せかいじゅう)泥海(どろうみ)()りて、056人胤(ひとだね)()()りて(しま)ふから、057(かみ)日本(にほん)(もと)経綸(しぐみ)どほりを(はじ)めるから、058一旦(いったん)世界中(せかいじゅう)大混雑(だいこんざつ)()るぞよ。059さう()りて()(まで)に、060(かみ)(もう)(こと)信実(まこと)()いて、061身魂(みたま)(みが)()うに、062筆先(ふでさき)日々(にちにち)()らして()りたが、063(いま)(うへ)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)(ひと)つも(わか)らんから、064(いま)世界(せかい)困難(こんなん)であるが、065(いま)でさえ()うする(こと)()(いた)さずに、066途方(とほう)()れて()るが、067マダマダ()んな容易(かがやす)(こと)では()いが、068(その)(とき)吃驚(びっくり)いたして(こし)()かして、069(あたま)(した)にして走行(あるく)やうに()るぞよ。070そこに()りたら、071()(あし)守護神(しゅごじん)正体(しょうたい)(をの)づと(あら)はれて()るが(まこと)()(どく)なもので()るぞよ。072(ここ)()(まで)改心(かいしん)(いた)すやうと(なが)らく()らしたなれど、073盲目(めくら)(つんぼ)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)は、074実地(じっち)()(まで)真実(まこと)(いた)さんから、075ヂリヂリ(まい)狼狽(うろたえ)(まい)(いた)(こと)()ても仕様(しよう)()いぞよ。076(おに)とも(じゃ)とも悪魔(あくま)とも(たと)(かた)()い、077イヤらしい外国(がいこく)性来(しょうらい)を、078日本(にほん)守護神(しゅごじん)見習(みなろ)ふて、079外国(がいこく)(やり)(かた)()いと(もう)して、080(かみ)(しも)真似(まね)(ばか)(いた)して、081(いま)日本(にほん)(くに)心配(しんぱい)082外国(がいこく)(いま)(さま)083アレ()畜生(ちくしょう)性来(しょうらい)(あら)はれて()()りても、084()()()めぬか。085大将(たいしょう)までが()タに()りたり、086(うへ)()って()たり、087全然(さっぱり)日本(にほん)神国(しんこく)畜生(ちくしょう)玩弄物(をもちゃ)()られて(しも)ふて、088天地(てんち)先祖(せんぞ)堪忍(かんにん)(ぶくろ)()()けたぞよ。089(かみ)堪忍(かんにん)(ぶくろ)()れたら、090万古(まんご)末代(まつだい)モー(とり)(かへ)しが出来(でき)んから、091奥山(おくやま)紅葉(もみじ)()(うち)(はや)改心(かいしん)いたして、092(かみ)(もう)()うに(いた)さんと、093末代(まつだい)()()ちて()(こと)到底(とうてい)六ケ敷(むつかしい)から、094どうしても改心(かいしん)出来(でき)ねば、095(じん)()いて()たに()りて(ひか)えて(くだ)され、096一人(ひとり)世界中(せかいじゅう)とには()えられんから、097一向(いっこう)気楽(きらく)にさして(かみ)(かも)ふてやるから、098ドウシテも(かみ)(くに)(おこな)いが出来(でき)ねば、099(しろ)()(わた)しを()さるが()かろう。100(かみ)可成(なるべく)(むかし)(まま)(つづ)かして()かしたいのが、101(むね)一溢(いっぱい)であれど、102(あま)外国人(がいこくじん)(ほう)けて()りて、103何時(いつ)までも(かみ)(おしへ)()けぬなら、104(ひと)つの(みち)()くより仕様(しよう)()るまい。105(かみ)()()けた(うへ)にも()()けて()るぞよ。106(いち)番頭(ばんとう)からして日本魂(やまとだましい)全然(さっぱり)()えて(しも)ふて()るから、107畜生(ちくしょう)(くに)(しり)()いて(あたま)から湯気(ゆげ)()て、108(あたま)三角(さんかく)()(とこ)まで()鉢巻(はちまき)気張(きば)って()れど、109肝腎(かんじん)(はらわた)()けて、110(こし)がフナフナで()るから、111()んな(つま)らん(こと)()りて()たのを、112天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)(さま)()んと(もう)して(もうし)(わけ)出来(でき)るか。113日本(にほん)日本(にほん)(たて)て、114外国(がいこく)(たす)けて()らねば()らぬ、115(まこと)(ひと)つを(つらぬ)神国(しんこく)(いち)番頭(ばんとう)が、116(なに)(わか)らんから、117畜生(ちくしょう)尻馬(しりうま)()りて、118外国(がいこく)守護神(しゅごじん)真似(まね)(ばか)(いた)して、119(しまい)には外国(がいこく)自由(じゆう)()られると()(こと)(わか)らぬか。120モー(かみ)依然(じっと)して()れん(こと)になりたから、121(これ)から(おもて)()りて(はたら)くから、122(かま)()てには()(くだ)さるなよ。123時節(じせつ)()たぞよ。124時節(じせつ)()ふものは結構(けっこう)なものの、125(こわ)いもので()るぞよ。126何事(なにごと)此方(こちら)から(あら)はさいでも、127我身(わがみ)(ほう)から全然(さっぱり)正体(しょうたい)(あら)はして、128何処(どこ)となく()歩行(あるい)て、129()るのも(いや)()るなれど、130全部(さっぱり)(あら)はせに、131(われ)(われ)姿(すがた)田舎(いなか)まで()せに歩行(あるく)のが、132(あら)はれるので()るから、133時節(じせつ)ほど結構(けっこう)(こわ)いものは()いと(もう)すので()るぞよ。134時節(じせつ)には(なに)ものも(かな)はんから、135(ここ)()(まで)()()()れる(ほう)守護神(しゅごじん)136(みな)筆先(ふでさき)細々(こまごま)()(わか)るやうに()いて()らせ、137(くち)()はして()るぞよ。138筆先(ふでさき)()した(こと)(みな)世界(せかい)()るが、139慢神(まんしん)誤解(とりちがい)とがありたら、140真実(まこと)御蔭(おかげ)()れんぞよ。141露国(ろこく)(むかし)から(あが)りて()りた悪神(わるがみ)(かしら)が、142露国(ろこく)(くに)六茶九茶(むちゃくちゃ)(みだ)らして(しも)ふて、143(ひと)(むこ)ふの(くに)(わた)りて、144外国(がいこく)隅々(すみずみ)までもワヤに(いた)して、145(かね)()るのは(そこ)()れず、146(ひと)(いのち)()るのも(そこ)()れず、147()きも(もど)りも出来(でき)んやうに(いた)して、148食物(しょくもつ)()(とこ)まで(いた)して、149(しまい)には日本(にほん)神国(しんこく)()めて()て、150世界(せかい)(われ)(まま)(いた)すドエライ(わる)奸計(たくみ)(いた)して()るが、151モー九分(くぶ)まで(あく)目的(もくてき)成就(じょうじゅ)いたした()れど、152日本(にほん)(くに)先祖(せんぞ)一厘(いちりん)経綸(しぐみ)で、153()(ひら)(かへ)して、154天下(てんか)泰平(たいへい)()(をさ)めて、155(あと)七福神(しちふくじん)楽遊(らくあそ)びと(いた)して、156世界(せかい)人民(じんみん)(たす)ける日本(にほん)(もと)からの経綸(しぐみ)であれども、157(いま)世界(せかい)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)(こころ)では、158三分(さんぶ)(たす)ける身魂(みたま)()いぞよ。159(まこと)(ひと)つの天地(てんち)先祖(せんぞ)は、160(ちご)ふた(こと)はチットも(もう)さんぞよ。161(ちご)ふた(こと)(いた)したら、162(ここ)まで忍耐(こばり)()(こと)(みず)(あわ)()るから、163(みな)(そろ)ふて今度(こんど)二度目(にどめ)()立直(たてなほ)しの御用(ごよう)(つと)めて(くだ)されよ。164今度(こんど)御用(ごよう)(なに)()けても(つら)(こと)ばかりであるから、165(しっか)りと(どう)()えて()らねば(つま)らんぞよ。166大本(おほもと)(なか)()()守護(しゅご)()りて()ると、167何彼(なにか)(こと)(つら)くなるぞよ。168()()しが厳重(げんじゅう)(わか)りて()て、169是迄(これまで)(こころ)全然(さっぱり)()えて(しま)はんと、170(つろ)うて辛抱(しんぼう)出来(でき)んぞよ。171(くち)(つま)えて、172(おとこ)(おんな)腹帯(はらおび)(ゆる)まんやうに(しっか)りと(しめ)()らんと、173(この)(さき)是迄(これまで)のやうな(こと)には()かんぞよ。174(この)()(うへ)(あが)りて()(あく)守護神(しゅごじん)が、175(みな)(そろ)ふて体主霊従(あく)では()かんと()(こと)が、176発根(ほっごん)(わか)りて()て、177霊主体従(ぜん)(みち)(たち)(かえ)らんと、178()(をさ)まると()(こと)(いた)さんぞよ。179(むこ)ふの(くに)はチットも()きは(いた)さんぞよ。180(われ)()()れな()()()る、181()()()れな(まご)()()ると()ふ、182()(なが)経綸(しぐみ)であるから、183何時(いつ)()りても()りさえしたら()いと(もう)して、184チットも(いそ)ぎも(うご)きも(いた)さんぞよ。185日本(にほん)(くに)はソンナ(こと)(いた)して()りたら、186国家(くに)(つぶ)れて(しま)ふから、187日本(にほん)(くに)には天地(てんち)(もと)生神(いきがみ)が、188一寸(ちょっと)秘密(ひみつ)(いた)してあるぞよ。189(ほか)身魂(みたま)では出来(でき)ん、190()()経綸(しぐみ)(いた)して()るが、191実地(じっち)仕組(しぐみ)(いま)(いま)まで()いも()られも(いた)さん、192大事(だいじ)一厘(いちりん)秘密(ひみつ)()るから……………、193(いま)世界(せかい)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)が、194外国(がいこく)性来(しょうらい)()りて(しも)ふて、195日本(にほん)神国(しんこく)(もう)しても、196外国魂(がいこくだま)()()りた(なか)に、197(うま)(そだ)ちて()子供(こども)までが、198国家(くに)(がい)(いた)すハイカラの真似(まね)ばかりを()(よろ)こびて()(なか)へ、199大事(だいじ)経綸(しぐみ)()らしたら、200()(かね)(もう)けが出来(でき)ると(もう)して、201実地(じっち)()立直(たてなほ)しの大邪魔(おほじゃま)(いた)すから、202日本(にほん)(くに)仕組(しぐみ)は、203智慧(ちえ)学力(がくりき)では何程(なにほど)(かんが)えても(わか)りはせんぞよ。204チト(ふか)仕組(しぐみ)(いた)して()るぞよ。205外国(がいこく)仕組(しぐみ)(あさ)いから、206()ぐに(ひと)()(わか)るなれど、207日本(にほん)経綸(しぐみ)外国(がいこく)(だま)では(わか)らんぞよ。208何彼(なにか)時節(じせつ)(まい)りて()たから、209(はじま)りたら(なに)一度(いちど)(ひら)けて()るから、210余程(よほど)しっかりと覚悟(かくご)(いた)させねば()らんから、211(いま)(つづ)いて()らして()るぞよ。212(うたが)ひと我情()(とり)(ちが)いとが第一(いっち)(こわ)いぞよ。213(くち)(つま)へて素直(すなを)(いた)すが(なに)よりも結構(けっこう)であるぞよ。214何事(なにごと)一度(いちど)にバタバタと(らち)()(いた)さぬと、215(なご)(かか)りたら日本(にほん)(かな)はん(こと)出来(でき)るぞよ。216外国(がいこく)悪神(わるがみ)(かしら)日本(にほん)(せめ)()仕組(しぐみ)を、217(むかし)から(いた)して()りたが、218モー(せめ)()るのが近寄(ちかよ)りたなれど、219日本(にほん)日本(にほん)(もと)生神(いきがみ)(ふか)経綸(しぐみ)(いた)して()るから、220日本(にほん)人民(じんみん)がサッパリ日本魂(やまとだましい)()りて()らんと、221肝腎(かんじん)(とき)狼狽(うろたえ)(どう)(うしな)ふぞよ。222口先(くちさき)では日本魂(やまとだましい)(もう)しても、223(はら)(なか)(まこと)()いものは大化物(おほばけもの)であるから、224今度(こんど)立替(たてかへ)には()(もの)(みな)(かみ)(たひら)げて(しま)ふぞよ。225今度(こんど)大戦(おほたたか)いは人種(じんみん)同志(どうし)戦争(たたかい)()いぞよ。226(かみ)(かみ)と、227(くに)(くに)との、228末代(まつだい)一度(いちど)より()大戦(おほたたか)いであるぞよ。229今度(こんど)日本(にほん)外国(がいこく)との(たたか)いには、230(おとこ)(おんな)小供(こども)(ひと)つの(こころ)()りて、231日本(にほん)(くに)()られては()らんから、232年寄(としよ)(まで)日本魂(やまとだましい)(たち)(かえ)りて、233神国(しんこく)(まも)らねば、234日本(にほん)先祖(せんぞ)大神(おほかみ)(もうし)(わけ)(たた)んぞよ。235(いま)()うな()れさえ()かりたら、236(ひと)はドウでも(かま)はんと()()うな精神(せいしん)でありたら、237日本(にほん)(くに)もエライ(こと)()るぞよ。238日本(にほん)霊主体従(ひのもと)結構(けっこう)神国(しんこく)を、239悪神(わるがみ)(かしら)()(あし)(ここ)まで自由(じゆう)にしられて、240(これ)(くや)しく()いやうな腰抜(こしぬ)けが沢山(たくさん)あるが、241(いま)日本(にほん)(あたま)(うへ)にかぶさって()()大難(だいなん)を、242()んと(いた)して()(はら)心算(つもり)であるか。243(さき)()えん守護神(しゅごじん)人民(じんみん)には、244(かみ)往生(おうじょう)(いた)して()るぞよ。245三千年(さんぜんねん)(あま)りての経綸(しぐみ)(あら)はして、246(むかし)(もと)(かみ)御血筋(おちすじ)(すみやか)()えて(しも)ふて……………。247二度目(にどめ)()立替(たてかへ)は、248現世(このよ)出来(でき)てから()()大望(たいもう)(こと)であるぞよ。249()けては()はれず、250()はな(わか)らず、251()はれはせず、252(もと)(あく)から(すみやか)改心(かいしん)(いた)して、253(うへ)(あが)りて()血筋(ちすじ)改心(かいしん)(いた)して、254(ここ)までに(もと)根本(こんぽん)(てん)()との先祖(せんぞ)()(おと)した(こと)の、255御詫(おわび)(いた)さな()らん時節(じせつ)(ちか)よりたぞよ。256モウ(この)(さき)霊主体従(ひのもと)経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)して、257(はや)立替(たてかへ)(いた)して、258(あと)立直(たてなほ)しに(かか)らんと、259()んでも()(こと)(くに)(つぶ)して、260脛腰(すねこし)()つ、261()()人民(じんみん)を、262大根(だいこん)葉房(はぶさ)()()うな(むご)(こと)(いた)しても、263(むこ)ふの(くに)(なに)(ひと)つも効能(こうのう)()(こと)()いが、264(これ)(みな)悪神(わるがみ)玩弄(をもちゃ)()りて()るのであれど、265世界(せかい)()()いた人民(じんみん)一人(ひとり)()いとは、266(むご)(こと)()りたもので()るぞよ。267初発(しょっぱつ)からの筆先(ふでさき)に、268今度(こんど)世界(せかい)三分(さんぶ)になると毎度(まいど)(もう)して()らしてあるが、269世界(せかい)三分(さんぶ)になるぞよ。270()んと(もう)した(とこ)で、271日本(にほん)()()身魂(みたま)()いやうに()りて()るから、272今迄(いままで)人民(じんみん)(おも)ふて()りた(こと)が、273大間違(おほまちが)いになりて()るぞよ。274外国(がいこく)(おも)いも大間違(おほまちが)いで、275(おほ)きな(とり)(ちが)いを(いた)して()るぞよ。276中々(なかなか)一寸(ちょっと)やそっとの(とり)(ちが)いでは()いぞよ。277日本(にほん)人民(じんみん)外国(がいこく)性霊(せうらい)()(きり)(しも)ふて()るから、278(こころ)()(かた)天地(てんち)(かわ)りて()るので、279(ここ)までは(むこ)ふの(くに)の……………。280(てん)()との根本(こんぽん)大神(おほかみ)御血統(おちすじ)だけに、281(まこと)()(もと)日本魂(やまとだましい)性来(しょうらい)一厘(いちりん)ほか()いから、282一輪(いちりん)日本魂(やまとだましい)(もと)(むかし)()捻直(ねじなお)して、283ミロク(さま)()(いた)経綸(しぐみ)であるから、284(なに)につけても大望(たいもう)(こと)ばかりであるぞよ。285(むこ)ふの(くに)性来(しょうらい)(みな)体主霊従(あく)であるから、286薩張(さっぱ)(たて)()けてありたのが、287()(すえ)()りて、288()んな見苦(みぐる)しき、289()()ぜの()になりたのであるぞよ。290初発(しょっぱつ)世界(せかい)泥海(どろうみ)(おり)から、291末代(まつだい)(たく)みを()()りた極悪神(ごくあくじん)身上(みじょう)は、292日本(にほん)(もと)大神(おほかみ)()()りて()られるから、293日本(にほん)にも初発(しょっぱつ)から(ふか)経綸(しぐみ)()てありての、294今度(こんど)(かみ)(かみ)との大戦(おほたたかい)であるぞよ。295外国(がいこく)(あく)(かしら)は、296()うしてなりと日本(にほん)(あが)(たく)みを()()るなれど、297日本(にほん)(くに)へは()げられんから、298露国(ろこく)先祖(せんぞ)()てありたなれど、299(あく)(つよ)奸賢(わるがしこ)性来(しょうらい)であるから、300()(やう)()てでも目的(をもわく)()てねば、301途中(とちゅう)邪魔(じゃま)(いた)すと()邪神(じゃしん)であるから、302天地(てんち)根本(こんぽん)大神(おほかみ)(ここ)まで(くや)しい残念(ざんねん)(こば)(つめ)て、303悪神(わるがみ)仕組(しぐみ)九分九厘(くぶくりん)()るまでの、304(なが)(あいだ)堪忍(かんにん)(いた)して、305悪神(わるがみ)(かしら)目的(をもわく)(たて)さしてをいたが、306モー(ひと)目的(おもわく)(たて)()るのを、307日本(にほん)(もと)大神(おほかみ)()()りて()るから、308日本(にほん)神国(しんこく)には、309外国(がいこく)御魂(みたま)()()(こと)仕組(しぐ)みてあるから、310九分九厘(くぶくりん)(まで)はトントン拍子(びょうし)()()たなれど、311モウ(あく)経綸(しぐみ)輪止(りんど)まりが()たから、312フクロ(どり)宵企(よいだく)みと()りて、313()(さき)では夜食(やしょく)(はず)れて、314(むずか)しき(かお)(いた)さな()らん()うに、315時節(じせつ)(まい)りたぞよ。
316 明治(めいじ)二十五(ねん)から()らして()ることが、317(みな)その(とほ)()()るぞよ。318(さむ)(あつ)さの容赦(ようしゃ)()いと(もう)して()ろうがな。319(これ)だけの(かん)じでも、320()大望(たいもう)(こと)がはじまりたら、321(みず)(なか)でも()(なか)でも、322(あつ)(さむ)いは()ふて()れん、323大望(たいもう)大戦(おほたたか)いであるぞよ。324()()出来(でき)てから()()い、325末代(まつだい)一度(いちど)ほか()られん二度目(にどめ)()立替(たてかへ)であるのに、326(なに)(わか)らぬ悪神(わるがみ)仕組(しぐみ)は、327我良(われよ)しの(つよ)(もの)()ちの()(かた)であるから、328(われ)血筋(ちすじ)親族(ひっぽう)眷属(けんぞく)とさえが()かりたら、329何時(いつ)(まで)()かりて()りても、330()れた(おり)()りたら()いと()悪神(わるがみ)仕組(しぐみ)は、331ラクな()(かた)であるぞよ。332そんな仕組(しぐみ)(いた)して()(ほう)のいう()うに、333相手(あいて)になりて()りたら、334()()泥海(どろうみ)()(こと)()()いて()るから、335(むかし)(もと)から日本(にほん)(くに)には、336悪神(わるがみ)(ほう)からは()えも(わか)りも(いた)さず、337学力(がくりき)でも智慧(ちえ)でも、338(ほか)身魂(みたま)では出来(でき)経綸(しぐみ)()てあるから、339()うしても(あく)身魂(みたま)改心(かいしん)出来(でき)んなれば、340(くに)とは()えられんから、341一輪(いちりん)仕組(しぐみ)(どほ)りに(いた)して、342(ここ)(まで)(こば)りたなれど、343(ここ)()りておりても(わか)らんやうな(あく)(かしら)なら、344仕組(しぐ)みてある()うに(いた)して、345バタバタと処置(かた)()けて、346(あと)立直(たてなほ)しの用意(ようい)(いた)さんと、347()()(ここ)(まで)自由(じゆう)自在(じざい)(いた)されて、348天地(てんち)先祖(せんぞ)威光(いこう)(わか)らんから、349()()創造(こしらえ)て、350末代(まつだい)()()てて()かねば()らん(てん)()との先祖(せんぞ)が、351(いま)(まで)堪忍(こばり)()たなれど、352(あま)りの(こと)で、353日本(にほん)霊主体従(ひのもと)(いち)(もう)して()()(くに)を、354天竺(てんじく)外国(がいこく)(おな)()うに(いた)して、355自由(じゆう)()られるとは、356時節(じせつ)とはいい(なが)ら、357(ここ)改心(かいしん)(いた)せば(また)仕様(しよう)()るなれど、358(あま)りの(こと)で、359モウ堪忍(こらえ)(ぶくろ)()れるぞよ。360悪神(わるがみ)自由(じゆう)自在(じざい)にして(しま)われて、361(てん)御三体(ごさんたい)(さま)()(もう)(わけ)出来(でき)るか。362(うしとら)金神(こんじん)()(かみ)(いた)してから、363(こわ)いものが()いやうに()りたから、364日本(にほん)神国(しんこく)()きな()うに、365(われ)一力(いちりき)仕放題(しほうだい)366()寸法(すっぽう)悪力(わるぢから)がありたら、367(うへ)()がりて出世(しゅっせ)出来(でき)て、368ラクな()(かた)369(われ)一力(いちりき)(わる)(こと)()守護神(しゅごじん)でありたら出世(しゅっせ)出来(でき)たのが、370(かしら)極悪(ごくあく)でありたから、371(あく)(のぼ)るのは(はや)かりたので()るぞよ。372(うへ)(のぼ)りて、373(あと)(さき)(かま)わずに、374(かしら)()とで前後(ぜんご)()(まわ)らずに、375(うへ)さえ()がれたら()いと()(やり)(かた)376九分九厘(くぶくりん)までは(あと)()うなろうと(さき)()()ろうと、377()ける(とこ)まで胴体(どうたい)()いから、378()(がしら)()()で、379肝腎(かんじん)大事(だいじ)真中(まんなか)()いと、380(あたま)()とでは肝心(かんじん)(こと)成就(じょうじゅ)いたさんぞよ。381日本(にほん)世界(せかい)中心(まんなか)()るから、382肝腎(かんじん)(かな)めの(とこ)大事(だいじ)経綸(しぐみ)()てあるから、383モウ微躯(びく)とも(いた)さねども、384人民(じんみん)(ほう)何事(なにごと)改心(かいしん)次第(しだい)であるぞよ。385日本(にほん)人民(じんみん)(おほ)きな(とり)(ちが)いを(いた)して()ると、386毎度(まいど)筆先(ふでさき)(かか)して()らして()るが、387(その)大間違(おほまちが)いの(わか)時節(じせつ)(まい)りて()たぞよ。388(あま)一度(いちど)何彼(なにか)(こと)(わか)りて()て、389逆立(さかだ)ちに()ってヌタクラナ()らん()うになりて()たぞよ。390(かみ)一度(いちど)(もう)した(こと)何事(なにごと)()らず(みな)世界(せかい)から()()るから、391一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)(いた)すやうに、392日々(にちにち)(つづ)いて()らして()りたなれど、393(いま)(まこと)(いた)さん(ゆえ)に、394何彼(なにか)時節(じせつ)九分九厘(くぶくりん)となりて()て、395(ぜん)(あく)(たて)()けを(いた)さな()らんから、396彼方(あちら)にも此方(こちら)にも足本(あしもと)にも、397(なに)から(はじ)まるやら人民(じんみん)には見当(けんとう)()れん(こと)になるぞよ。398()(あし)覇張(はば)りた(こと)天晴(あっぱ)れと(あら)はして、399末代(まつだい)記録(きろく)(のこ)すから、400(ここ)()(まで)身魂(みたま)(みが)いて()けと(もう)して()らしたなれど、401(まこと)(いた)して()身魂(みたま)()いから、402(これ)からは罪穢(めぐり)()(とこ)には、403罪過(めぐり)だけの借銭(しゃくせん)(なし)(いた)さすので()るぞよ。404何処(どこ)(うら)める(とこ)()いぞよ。405自分(われ)身魂(みたま)(うら)めるより仕様(しよう)()いぞよ。406今度(こんど)二度目(にどめ)立替(たてかへ)国々(くにぐに)処々(ところどころ)407都会(ひろみ)田舎(いなか)村々(むらむら)家々(いへいへ)に、408身魂(みたま)借銭(しゃくせん)だけの(こと)天地(てんち)(かみ)から()さして(しま)ふから、409何処(どこ)(うら)(こと)()いと(もう)して、410明治(めいじ)廿五(ねん)から(いま)(つづ)いて()らして()るぞよ。411()らして()(こと)()(こと)(いや)(こと)も、412みな一度(いちど)(なに)()()るぞよ。413そうなりた(おり)には世界(せかい)人民(じんみん)は、414矢張(やはり)艮能(うしとらの)金神(こんじん)悪神(わるがみ)であると()(もう)すぞよと(もう)して()るが、415(かみ)から(もう)して()(こと)一分(いちぶ)(ちが)はずに(みな)()()るから、416(うしとら)金神(こんじん)(わる)騒動(さわぎ)をいたす()うに(おも)ふで()らうなれど、417(てん)からの時節(じせつ)(なに)()()るのであるから、418(うしとら)金神(こんじん)()(いた)(こと)出来(でき)んので()るから、419()(まで)一人(いちにん)なりとも改心(かいしん)さして(たす)けたいと(おも)ふて、420(いま)まで苦労(くろう)艱難(かんなん)いたして()らしたので()るぞよ。421(さら)つの(あらい)(かへ)()になるのであるから、422外国(がいこく)には(きび)しき(こと)()るぞよ。423(この)(こと)明治(めいじ)廿七(ねん)の七(がつ)(さし)()りの筆先(ふでさき)(かか)してあるぞよ。424()(こと)(いや)(こと)一度(いちど)()して()(こと)は、425(おそ)(はや)しは()るなれど、426(みな)()()るぞよ。427(あく)(かしら)からトコトン発根(ほっごん)改心(かいしん)(いた)さんと、428(おも)ふて()(こと)大間違(おほまちがい)が、429(われ)(みな)()()るぞよ。430(あま)我好(われよ)しの(やり)(かた)大間違(おほまちがい)(あら)はれて()て、431(こし)()けて(しも)ふて、432(あご)(はづ)れて(もの)()へず、433(あし)(うへ)になりて(かしら)()たに()りて、434()其処(そこ)(あた)りをヌタクラナ()らん(やう)(こと)()()るぞよと、435今年(ことし)二十七年目(にじゅうしちねんめ)であるが、436(その)(あいだ)昼夜(ちゅうや)()らして()るぞよ。437天地(てんち)生神(いきがみ)先祖(せんぞ)()らんものじゃ、438(かみ)()くても()いものじゃと(もう)して()りたが…………、439(あく)()(あし)とで()()政治(せいじ)()れるかと()(こと)を、440(さと)るやうに、441充分(じゅうぶん)(おも)わくを()して、442大神(おほかみ)(かげ)から()()れば、443()だモ(ひと)(あく)(つよ)くして、444(この)()(この)(まま)()りて(ゆこ)うとの精神(せいしん)であらうがな。445日本(にほん)(くに)外国(がいこく)(あく)()(あし)とがモ(ひと)(うへ)(あが)りて、446(わう)(わう)()りて(いこ)うとの度豪(どゑら)経綸(しぐみ)(いた)して()らうがな。447日本(にほん)(かみ)(くに)448(かみ)(まも)らな(をさ)まらぬ(くに)であるのに、449肝腎(かんじん)(いち)番頭(ばんとう)()番頭(ばんとう)から、450薩張(さっぱ)外国(がいこく)(だま)(なり)()りて(しも)ふて()るから、451何時(いつ)までも()はゴテゴテ(いた)して、452(をさま)りは(いた)さんぞよ。453人民力(じんみんりき)(この)結構(けっこう)神国(しんこく)政治(せいじ)出来(でき)るなら、454モチト立派(りっぱ)()()ちては()けさうなものでないか。455(いま)()(もち)(かた)丸切(まるき)畜生(ちくしょう)(やり)(かた)で、456(つよ)いものが(よわ)いものの汗油(あせあぶら)(しぼ)りて、457()(あせ)(あぶら)(たか)(ところ)(あが)って、458(した)をペロリと()して見下(みお)ろして()るが、459()れが悪魔(あくま)()(もう)すぞよ。460(これ)だけ世界(せかい)上下(じょうげ)懸隔(うんぷ)()りては、461何時(いつ)になりても(この)()口舌(くぜつ)(たえ)ると()(こと)()いぞよ。462外国(がいこく)真似(まね)(ばか)(いた)して、463(これ)(ひら)けた()(やり)(かた)(もう)して()るが、464何処(どこ)(ひら)けたのか。465肝心(かんじん)(ひら)くべき(とこ)二重(にじゅう)三重(さんじゅう)(ふさ)いで(しも)ふて、466(ひら)いてはならぬ神国(しんこく)(たから)破乱(ばら)かして(しも)ふて、467二進(にっち)三進(さっち)()かんやうになりて、468途中(とちゅう)(えら)鼻高(はなだか)毎年(まいねん)()(とこ)国々(くにぐに)から()って()て、469結構(けっこう)御相談(ごそうだん)争論(いさかい)(いた)して御座(ござ)るが、470()たの(なに)()らん人民(じんみん)()(つら)(かわ)じゃぞよ。471(むかし)からの(こよみ)(つぶ)したり、472(かみ)(しず)まる先祖(せんぞ)代々(だいだい)からの御宮(おみや)を、473(かね)()いからと(もう)して(つぶ)したり、474(かみ)相借家(あいしゃくや)()()みて()いて、475人民(じんみん)(むかし)(わう)(かな)はんやうな(いえ)()て、476別荘(べっそう)()て、477(かね)(ばか)りを重宝(ちょうほう)がり、478(かね)さえ()りたら(かみ)(くそ)()るものかと、479エライ慢神(まんしん)(とり)(ちが)いを(いた)して()るが、480()んな六茶(むちゃ)な、481天地(てんち)(おそ)れぬ外国(がいこく)(だま)畜生(ちくしょう)(やり)(かた)は、482(かみ)何時(いつ)までも(ゆる)(こと)出来(でき)んから、483(みな)()()れに覚悟(かくご)()さるが()かろう。484外国(がいこく)()(あし)真似(まね)(いた)して、485結構(けっこう)(いえ)(うち)で、486(うし)(うま)(にく)()いて(くっ)たり、487(くび)畜生(ちくしょう)(かわ)()いたり、488畜生(ちくしょう)()()った(もの)(はだ)(つけ)たり、489それが薩張(さっぱ)()(あし)性来(しょうらい)(あら)はれて()るのであるぞよ。490()(あし)守護神(しゅごじん)何程(なにほど)(ほね)(をり)ても、491万古(まんご)末代(まつだい)()自由(じゆう)(いた)すと()(こと)は、492到底(とうてい)出来(でき)(いた)さんから、493素直(すなほ)(いた)して改心(かいしん)をして、494(かみ)(もう)すやうの()(もち)(かた)(いた)せば、495(この)(まま)(かみ)(かも)うて(つづ)かして、496()()くしてでも(ゆる)して()るなれど、497(あま)りしぶたう頑張(がんば)りて()ると、498三千世界(さんぜんせかい)赤耻(あかはじ)()(こと)出来(でき)()るぞよ。499日本(にほん)(くに)だけでも(これ)だけ()(あま)して()りて、500(よそ)(くに)(こと)ども(かま)(だて)する(ひま)()りもせむのに、501肝腎(かんじん)足元(あしもと)()加減(かげん)(こと)(いた)してをいて、502(しまい)には共倒(ともだを)れに()ると()(こと)に、503()()かむ()うな明盲目(あきめくら)であるんから、504○○の(くに)一日(いちにち)()しに(おし)つまりて()て、505食物(しょくもつ)段々(だんだん)欠乏(ひっぱく)になるなり、506()()一枚(いちまい)でも大切(たいせつ)(こと)(いま)()りて()るぞよ。507何程(なにほど)(かね)(ため)(よろ)こんで()りても、508正可(まさか)(とき)には金銀(きんぎん)では生命(いのち)(つな)げんぞよ。509百万円(ひゃくまんえん)(かね)よりも一握(ひとにぎ)りのお(よね)(ほう)大切(たいせつ)()(まわ)りて()て、510明治(めいじ)二十五(ねん)から毎度(まいど)筆先(ふでさき)()らして()るやうに、511田地(でんち)(うえ)()みて(よろ)こびて()りた、512(くわ)(まで)(ほり)(おこ)さな()らん(こと)()りて()るが、513人民(じんみん)(もう)(もの)近慾(ちかよく)で、514近眼(ちかめ)で、515(まこと)(かみ)(もう)(こと)(わか)らんぞよ。516(まこと)()(どく)なもので()れども、517人民(じんみん)精神(せいしん)薩張(さっぱ)(くも)()りて()るから、518(なに)()()せても、519(なに)()かして()りても、520(かみ)(もう)(こと)()()人民(じんみん)()いが、521()うも(ここ)まで(くも)りたものじゃ。522無間(むげん)(かね)まで(ほり)()げて、523(いま)じゃ(はや)じゃと()らせども、524盲目(めくら)(つんぼ)(いま)世界(せかい)人民(じんみん)は、525(よく)(ばか)りに(まよ)ふて一寸先(いっすんさ)きも()えず、526(これ)だけ天地(てんち)昼夜(ちゅうや)()(わた)大神(おほかみ)(こえ)(きこ)えず、527(とり)(けもの)にも(おと)りたもの(ばか)り、528()立直(たてなほ)しを(いた)そうにも(かか)りかけが出来(でき)んぞよ。529けれども、530綾部(あやべ)大本(おほもと)には(かみ)(つな)()けて、531(むかし)(その)(まま)日本魂(やまとだましい)(ひき)()せる経綸(しぐみ)(いた)して()るから大丈夫(だいじょうぶ)ではあれど、532(こころ)はチットも(ゆる)されん大望(たいもう)(とこ)であるぞよ。533外国(がいこく)悪神(わるがみ)(いま)仲直(なかなお)りを(いた)したら、534今度(こんど)(はら)(あわ)して(ひと)つになりて()めて()るから、535日本(にほん)神国(しんこく)人民(じんみん)(わか)りたものから用意(ようい)(いた)して(くだ)されよ。536末代(まつだい)一度(いちど)()立替(たてかへ)立直(たてなほ)しであるぞよ。
537 明治(めいじ)二十五(ねん)から出口(でぐち)(なお)()()り、538(くち)()りて()らしてありた(こと)の、539実地(じっち)()()()になりたぞよ。540露国(ろこく)から(はじま)りて、541日本(にほん)外国(がいこく)との大戦(おほたたかい)()ると(もう)したが時節(じせつ)()たぞよ。542外国(がいこく)(しまい)には一腹(ひとはら)になりて()ると(もう)して()らして()ろうがな。543この(かみ)一度(いちど)(もう)したら何時(いつ)()りても、544毛筋(けすじ)横巾(よこはば)ほども(ちが)いは(いた)さんぞよ。545これが(ちご)ふたら(かみ)(この)()()らんぞよ。546外国(がいこく)悪神(わるがみ)(かしら)が、547露国(ろこく)無茶苦茶(むちゃくちゃ)(いた)して()いて、548(ひと)(むこ)ふの(くに)(わた)りて、549人民(じんみん)(わう)自由(じゆう)使(つこ)ふて、550世界中(せかいじゅう)困難(こんなん)をも(かま)はずに、551自国(われ)さえ()けら(ひと)はドウデも()い、552(ひと)(たお)しても(われ)さえ()ちたら満足(まんぞく)じゃと(もう)して、553(あく)(かしら)(いま)日本(にほん)神国(しんこく)()めて()るぞよと(もう)して()らしてあるぞよ。554日本(にほん)人民(じんみん)にチットでも(まこと)がありて、555(いち)番頭(ばんとう)556()番頭(ばんとう)守護神(しゅごじん)(まこと)(ひと)つの日本魂(やまとだましい)さえ()りたら、557何程(なにほど)外国(がいこく)学力(がくりき)でも、558人民(じんみん)沢山(たくさん)()りても、559(かね)何程(なにほど)ありてもビクとも(いた)さねども、560(いま)日本(にほん)(もち)(かた)は、561守護神(しゅごじん)薩張(さっぱ)外国(がいこく)よりもマダ一段(いちだん)身魂(みたま)劣悪(をとり)(しも)ふて()るから、562(いま)にキリキリ(まい)(いた)さなならぬ(こと)出来(でき)てきて、563()きも(かえ)りも出来(でき)(やう)()るのは、564()(まえ)にチラ(つい)()るから、565一日(いちにち)(はや)改心(かいしん)(いた)せよ身魂(みたま)(みが)けよと、566(はら)()(ほど)クドウ(もう)して()()けてありたぞよ。567この大本(おほもと)(たち)()(まこと)(ひと)は、568明治(めいじ)二十五(ねん)から昼夜(ちゅうや)出口(でぐち)(なお)(かか)してある筆先(ふでさき)調(しら)べて(くだ)されよ。569一分一厘(いちぶいちりん)間違(まちが)いは()いと(もう)(こと)が、570何程(なにほど)(うたが)ひの(きつ)人民(じんみん)でも(わか)りて()るぞよ。571それで改心(かいしん)出来(でき)ぬやうな人民(じんみん)は、572()(どく)でも今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)には間曳(まび)かれて、573万古(まんご)末代(まつだい)()(くに)574(そこ)(くに)霊魂(みたま)(おと)して(しま)ふと()ふ、575神界(しんかい)規則(きそく)であるぞよ。576(かみ)人民(じんみん)(たす)けたさの(なが)(あいだ)(この)苦労(くろう)であるぞよ。577兵隊(へいたい)一旦(いったん)日本(にほん)(ひき)()して、578外国(がいこく)地震(じしん)579(かみなり)580()(あめ)(ふら)して絶滅(たや)さねば、581世界(せかい)神国(しんこく)にならんから、582(あま)何時(いつ)(まで)(かみ)(もう)(こと)()かねば、583三千年(さんぜんねん)経綸(しぐみ)(どほ)りに(いた)すから、584世界(せかい)何事(なにごと)ありても(かみ)出口(でぐち)(うら)めて()れなよ。585(わが)身魂(みたま)(うら)めるより仕様(しよう)()いぞよと(もう)してあろうがな。586()(どく)なものでもモウ(かみ)一切(ひとき)りに(いた)さねば、587(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)(うしとら)金神(こんじん)(もうし)(わけ)()たんぞよ。588明治(めいじ)二十五(ねん)から(てん)御先祖(ごせんぞ)(さま)御命令(ごめいれい)(いただ)きて、589世界(せかい)人民(じんみん)何彼(なにか)(こと)()らせども、590(いま)人民(じんみん)(よく)(ほう)けて、591我身(わがみ)用意(しがく)(ばか)り、592(くに)事共(ことども)おもふ人民(じんみん)は、593(うへ)(たっ)()守護神(しゅごじん)には(くすり)にする(ほど)()いから、594()段々(だんだん)(おし)(つま)りて()(ばか)り、595(いま)(みな)人民(じんみん)がキリキリ(まい)(いた)して、596アフンと(いた)(こと)到来(とうらい)するぞよ。597人民(じんみん)(かみ)(つい)での(みたま)であるから、598チットは(わか)りさうなものなれど、599薩張(さっぱ)肝腎(かんじん)霊魂(みたま)外国(がいこく)悪神(わるがみ)自由(じゆう)自在(じざい)にしられて、600眉毛(まゆげ)()まれて(しり)()一本(いっぽん)()(とこ)までワヤに()られて()りても、601マダ()()かずに悪神(わるがみ)(かしら)にだまされて、602(われ)我手(わがて)(くる)しみ()るぞよ。603吾妻(あずま)(くに)一時(ひとは)れの(みのり)(いた)さぬ薄野尾(すすきのを)604(みの)(いた)さな(くに)(さか)えぬ。605吾妻(あずま)(くに)遙々(はるばる)(みやこ)(いた)心悲(こころかな)しき。606唐土(とうど)(とり)(わた)らん()きに、607(かみ)(かえ)りて経綸(しぐみ)(いた)せども、608()人民(じんみん)()(ゆえ)に、609残念(ざんねん)なれど唐土(とうど)(とり)(いま)日本(にほん)(わた)りて()るぞよ。610(どく)(そら)から()らして、611日本(にほん)人民(じんみん)()やす経綸(しぐみ)を、612(むかし)から(いた)して()(こと)が、613()(かみ)には(わか)りて()るから、614(なが)らく()らしたので()りたぞよ。615(はや)改心(かいしん)(いた)さぬと改心(かいしん)()()いぞよ。616(かみ)()()けた(うへ)にも()()けてあるぞよ。617モウ何彼(なにか)(こと)一度(いちど)実現(なり)()るから、618()んな(こと)ならモ(ひと)()()けて(くれ)さうなものでありたと、619()不足(ふそく)(もう)守護神(しゅごじん)人民(じんみん)があるぞよ。620何程(なにほど)不足(ふそく)(もう)しても、621(かみ)(ここ)まで出口(でぐち)苦労(くろう)さして()()けてあるからは、622(かみ)にも宣教者(とりつぎ)にもヨモヤ落度(をちど)はあろまい。623不足(ふそく)があるなら我身(わがみ)(こころ)()(かんが)えて()不足(ふそく)(もう)さんと、624スコタンを(くら)ふぞよ。625(ここ)()(こと)()(わか)りて()るから、626今年(ことし)()らしかけてから二十七年(にじゅうしちねん)()であるぞよ。627(いま)人民(じんみん)守護神(しゅごじん)(おほ)きな誤解(とりちがい)(いた)して()りて、628(いま)(なり)てから(ほか)()ひに()(とこ)()し、629()為様(しやう)()(こと)(ちこ)()りて()たぞよ。630(これ)だけククメルやうに()らしてあるのに、631()(わか)らんとは(むご)(こと)(くも)りたものであるぞよ。632(かみ)はそれが()()(おり)()為様(しよう)()(こと)出来(でき)んやうに、633()みて(くち)()れて、634(のみ)()みたら()いやうに(いた)して、635筆先(ふでさき)()らせ、636言葉(ことば)()らせてあるが、637モウ(この)(うへ)()らせやうが()いぞよ。638この(あく)()(てん)()との先祖(せんぞ)(ひと)つの(まこと)()(たち)(かへ)らすので()るから、639(ここ)までに(もう)して(きか)したら、640何程(なにほど)悪魔(あくま)でもチットは合点(がてん)()かねば、641(かみ)()()いて()悪神(わるがみ)(これ)からは()(どく)(こと)になるぞよ。642(ここ)まで(まこと)(ひと)つの天地(てんち)大神(おほかみ)を、643(ここ)までに()うも(くる)しめたなア。644ここ(まで)(いた)したら(これ)不足(ふそく)()りは(いた)すまい。645極悪(ごくあく)(もう)してもエライゑぐい身魂(みたま)であるぞよ。646モウ堪忍(かんにん)(ぶくろ)()()れたぞよ。647天地(てんち)先祖(せんぞ)(ここ)までの辛抱(しんぼう)を、648(みず)(あわ)には(いた)しとも()いなれど…………茲迄(ここまで)(くに)(つぶ)さぬ(やう)にして、649(むこ)うの(くに)にモチトらしい身魂(みたま)()りたら、650(くに)(くに)とを(たて)()けて、651(くに)(とり)(あい)()ふやうな(こと)(いた)さずに、652(みな)()(ひき)()ふて()きたいは(かみ)一心(いっしん)なれど、653(あま)(むこ)ふの(くに)身魂(みたま)性来(しょうらい)では、654(くに)(をさ)まると()(こと)出来(でき)ぬ、655(わる)性来(しょうらい)であるから、656バタバタと(らち)()けねば、657世界(せかい)何時(いつ)までも(をさ)まらぬぞよ。658(むこ)ふの(くに)(あが)りて()りた外国(がいこく)悪神(わるがみ)霊魂(みたま)が、659日本(にほん)(くに)(あが)りて()て、660()(あし)豆狸(まめだぬき)661蛆虫(うじむし)同様(どふやう)()るシブトウて、662日本(にほん)(くに)には使(つか)いやうが()いから、663一旦(いったん)世界中(せかいじゅう)(あら)(かへ)(いた)さねば、664日本(にほん)(くに)外国(がいこく)性来(しょうらい)ばかりで、665(これ)ぞと()身魂(みたま)()いから、666(ここ)まではドウゾドウゾと(おも)()ごして()()みたなれど、667到底(とうてい)(たす)ける方法(ほうほう)(いま)()(とこ)まで(くも)りて()()るぞよ。668モテットらしい身魂(みたま)がありたら、669セメテ二国(にこく)(ほど)(のこ)して()りたいと(おも)ふたなれど、670(あま)りエグイ身魂(みたま)(ばか)りであるから、671(むかし)からの天地(てんち)(かみ)経綸(しぐみ)どほりに(いた)して、672埒良(らちよ)(いた)さんと、673(あく)何時(いつ)(まで)()えんぞよ。674チット可成(まし)身魂(みたま)がありたらと(おも)ふて()ばす(ほど)675(むこ)ふの(くに)極悪(ごくあく)()(わる)くなる(ばか)りで、676()とつ日本(にほん)(くに)()たに()どころか、677日本(にほん)(くに)(だま)(うち)(いた)して奪取(とり)(しま)ふ、678(わる)(たく)みを(いた)して()るから、679霊主体従(ひのもと)経綸(しぐみ)(かみ)(いた)してやらんと、680()()(わる)(こと)仕組(しぐみ)()るぞよ。681日本(にほん)人民(じんみん)薩張(さっぱり)(みな)(そろ)ふて大和魂(やまとだましい)()りて、682(どう)()えて、683腹帯(はらおび)(しめ)(かか)らんと、684是迄(これまで)のやうな(こころ)()りたら(くに)全然(すっくり)()いやうに()りて(しま)ふぞよ。685(ここ)までに天地(てんち)御先祖(ごせんぞ)(さま)御艱難(ごかんなん)(あそ)ばされた御苦労(ごくろう)を、686(みず)(あわ)()るやうな(こと)(いた)さんぞよ。687日本(にほん)人民(じんみん)(みな)(そろ)ふて御手伝(おてつだ)いを(いた)さんと、688世界(せかい)立替(たてかへ)大峠(おほとうげ)となりて()たから、689(ここ)()りた(おり)には、690身体(からだ)霊魂(みたま)(すぐ)やかになりて()らんと、691日本(にほん)(くに)人民(じんみん)が、692コンナ見苦(みぐる)しき国害(がい)(いた)外国(がいこく)身魂(みたま)が、693()いと(もう)すやうな(こと)になるのが、694()(もと)から()(わか)りて()るから、695天地(てんち)先祖(せんぞ)(ここ)まで(これ)だけに気張(こばり)て、696御血筋(おちすじ)には充分(じゅうぶん)苦労(くろう)697艱難(かんなん)698(くや)しき(こと)(こば)(つめ)()()()れば、699(むこ)ふの(くに)(いま)困難(こんなん)700あれ(ほど)惨事(こと)がありても、701(なに)()()守護神(しゅごじん)がチットも()いのが、702(ひと)はドウデも(かま)はぬと()悪神(わるがみ)精神(せいしん)であるから、703(なに)()()かんのであるぞよ。704(むこ)ふの身魂(みたま)日本(にほん)(みな)(わた)りて()()るから、705日本(にほん)外国(がいこく)身魂(みたま)()りて、706日本(にほん)身魂(みたま)(くすり)(いた)(ほど)より()いのであるから、707利己主義(われよし)()(かた)で、708()とつ(あく)(つよ)くして、709日本(にほん)(くに)(たひら)げて、710世界中(せかいじゅう)外国(がいこく)世界(せかい)(いた)して、711(わう)(わう)になりて、712末代(まつだい)(つづ)かせる仕組(しぐみ)をして()るのであるから、713日本(にほん)(くに)(おとこ)(おんな)(まこと)()とつの日本魂(やまとだましい)性来(しょうらい)()りて(しも)ふて、714(おんな)一心(いっしん)(いわ)でも(つき)()精神(せいしん)()いと、715今度(こんど)二度目(にどめ)()立替(たてかへ)()には()はんぞよ。716日本(にほん)(くに)人民(じんみん)外国(がいこく)人民(じんみん)も、717(いま)まで(おも)ふて()りた(こと)とは、718エライ(おほ)きな間違(まちが)いが出来(でき)るが、719(おな)()うな(こと)細々(こまごま)と、720抜目(ぬけめ)()(やう)に、721(とり)(ちが)いの()いやうに、722変性男子(へんじょうなんし)()大国常立尊(おほくにとこたちのみこと)が、723言葉(ことば)()とで()らしてある(こと)は、724(ひと)つも(ちが)はず(みな)実現(でて)()るぞよ。725末代(まつだい)一度(いちど)より()られん大望(たいもう)()立替(たてかへ)であるから、726中々(なかなか)(ほね)(をれ)(こと)であれども、727(かみ)(かげ)から経綸(しぐみ)(いた)してありての(こと)()るから、728モウ大丈夫(だいじょうぶ)であるぞよ。729(なが)らく()らした(こと)を、730(いま)()って()りても(まこと)(いた)さず、731(うたご)ふて(とり)(ちが)いを()(おい)て、732(わる)(かがみ)(なり)ても、733何処(どこ)(うら)める(とこ)()いぞよ。734(ほか)では(わか)らん(こと)の、735(だれ)出来(でき)(こと)()るから、736(これ)だけ執念(くどう)(もう)して()らして()るのであるが、737(いま)(がく)出来(でき)機械(きかい)(うご)(あく)(ちから)で、738九分九厘(くぶくりん)までは()れるなれど、739一厘(いちりん)()(とこ)になりたら()(ひら)(かへ)るぞよ。740()うにも()うにも仕様(しよう)()い、741(わる)しぶとい悪力(わるぢから)なら何程(なにほど)でも()すなれど、742日本(にほん)(くに)(むかし)からの秘密(ひみつ)神力(しんりき)(あら)はして、743天地(てんち)先祖(せんぞ)経綸(しぐみ)どほりに(いた)して(しま)はねば、744(ほか)身魂(みたま)()には()はむから、745今度(こんど)神力(しんりき)薩張(さっぱ)(たひら)げて(しま)ふぞよ。746そうなりた(おり)には(うしとら)金神(こんじん)(ぜん)(かみ)じゃと(もう)して()れど、747矢張(やは)悪神(わるがみ)であると()人民(じんみん)(もう)すで()ろうなれど、748(まこと)(ぜん)といふ(みち)表面(うへ)から()ては()(あく)()えるから、749(とり)(ちが)いを(いた)さぬ(やう)に、750身魂(みたま)一時(いっとき)(はや)(みが)くが結構(けっこう)であるぞよ。751人民(じんみん)()(わか)らん(まこと)(ぜん)でないと、752(これ)だけに(くも)りた世界(せかい)を、753(ぜん)(ひと)つの(みち)立替(たてかへ)(こと)(あく)では()(いた)さんぞよ。754(まこと)(ぜん)一旦(いったん)(あく)()えるぞよと、755筆先(ふでさき)毎度(まいど)()らして()るから、756一度(いちど)()らした(こと)(みな)()()るぞよ。757一通(ひととほ)りや二通(ふたとほり)(こと)では()いぞよ。758(いま)日本(にほん)人民(じんみん)(おとこ)(おんな)外国(がいこく)(おしへ)(ほう)()いと(もう)して、759外国(がいこく)(だましい)になりて()るから、760一番(いちばん)(とり)(ぞこな)いを(いた)して(いま)体裁(ていさい)761(とり)(かへ)しの()らん(こと)出来(でき)て、762日本(にほん)(いま)国会(こっかい)763()仕様(しよう)にも(いま)(とこ)では(とり)(もど)しの()らん(こと)であるぞよ。764日本(にほん)霊主体従(ひのもと)身魂(みたま)と、765外国(がいこく)体主霊従(から)身魂(みたま)との、766性来(しょうらい)()ふものが()()えるのが、767(これ)時節(じせつ)()るなれど、768(おお)きな(とり)(ちが)いを(いた)したもので()るぞよ。769(ちい)さい間違(まちが)いで()いと()(こと)が、770毎度(まいど)(もう)して()ろうがな。771モウ(とり)(かえ)しの出来(でき)(こと)であるぞよ。772(むこ)ふの(くに)身魂(みたま)は、773(わる)(こと)ならドンナ(こと)でも(いた)すエライもので()るぞよ。774(むこ)ふの(くに)和合(わごう)いたしたら、775末代(まつだい)(うれ)しいと()ふやうな(こと)一日(いちにち)()しに、776乱世(らんせい)(ばか)りが(つづ)くぞよ。777(あく)精神(せいしん)(ばか)りで(ぜん)()性来(しょうらい)がチットも()いから、778(むこ)ふの(くに)仕組(しぐみ)ではヤレうれしいと(もう)して、779人民(じんみん)()(やす)まると()(こと)()い、780何時(いつ)になりても利己主義(われよし)の、781(ひと)()けやうが(たを)れやうが、782(をこ)してやると()(よう)(やさ)しい身魂(みたま)は、783何時(いつ)になりても()りはせむから、784全部(すっくり)極悪(ごくあく)身魂(みたま)性来(しょうらい)(なお)すのには、785()(きか)した(ぐらい)()くやうな、786素直(すなを)身魂(みたま)()りはせんから、787帰幽(でなをし)をさして充分(じゅうぶん)(ぎゃう)()せて、788(さら)つに(いた)さん(こと)には、789エグイ性来(しょうらい)(あく)のカンカンであるから、790そう(いた)すより(みち)()いぞよ。791今度(こんど)()立直(たてなお)したら途中(とちゅう)()(かえ)るといふ(よう)な、792ヤニコイ経綸(しぐみ)()いから、793(いま)(たす)けるだけは(たすけ)()らねば()らぬから、794シカリたりタラシたり、795何時(いつ)まで(かか)りて()りたとて、796到底(とうてい)(いま)人民(じんみん)(みみ)へは這入(はい)らんから、797()(どく)でも(かみ)(たす)(よう)()いぞよ。798日本(にほん)身魂(みたま)(うえ)から(した)まで、799外国(がいこく)(あく)身魂(みたま)に、800団子(だんご)()はす(ごと)くに()られて(しも)ふて、801一寸(ちょっと)(さき)()えん(とこ)まで(くも)らせられて()るが、802ヨウも(ここ)までに()られたものじゃ。803が、804無理(むり)()い。805(うしとら)金神(こんじん)(うしとら)(おし)(こめ)下地(したじ)(こし)らえた、806悪賢(わるかしこ)守護神(しゅごじん)であるから、807体主霊従(あく)(みち)ならドンナ(こと)でも(いた)すなれど、808至仁至愛神(みろくさま)()先祖(せんぞ)とが天晴(あっぱ)表面(をもて)(あら)はれたら、809ドンナ極悪(ごくあく)でも、810()(みず)()ける(ごと)く、811(ひる)(しお)()りた(ごと)くであるから、812(ここ)までは自由自在(すきなよう)に、813(われ)ほどのエライものは()いやうに(おも)ふて、814()(もと)創造(こしらへ)天地(てんち)先祖(せんぞ)()たへ見降(みおろ)して、815(おう)十善(じゅうぜん)816(かみ)九善(くぜん)(いた)して、817日本(にほん)の○○○○一段下(いちだんした)()て、818大神(おおかみ)(この)()において()ると(もう)して、819人民(じんみん)の○より一段下(いちだんした)へおろして、820外国人(がいこくじん)(うえ)()げて(うや)まうて、821外国(がいこく)ほど結構(けっこう)(くに)()いやうに(おも)ふて、822(おお)きな(とり)(ちが)いを(いた)して()りたが(いま)(ざま)823この(さき)日本(にほん)霊主体従国(ひのもと)を、824()んな見苦(みぐる)しき(こと)(いた)して、825天地(てんち)大神(おおかみ)をドウ(いた)すのか、826ドウ()(こと)仕組(しぐみ)()るか。827日本(にほん)(くに)何国(どこ)へも()(こと)はならむぞよ。828日本(にほん)(くに)(いち)(もうし)()()大事(だいじ)神国(しんこく)であるから、829外国(がいこく)()(こと)(いた)さんぞよ。830(いま)日本(にほん)人民(じんみん)は、831男子(おとこ)女子(おんな)(みな)外国(がいこく)(ほう)()()えるから、832外国(がいこく)真似(まね)ばかりを(いた)して、833(ひら)けた人間(にんげん)(よう)有頂天(うちょうてん)になって(まよ)ふて()るが、834外国(がいこく)仕組(しぐみ)()(わる)(たく)みは(わか)ろまい。835薩張(さっぱり)畜生(ちくしょう)(くに)性来(しょうらい)(うつ)りて(しも)ふて、836(この)(さき)はドウ(いた)(つも)りである()837()(あし)自由自在(じゆうじざい)に、838()寸法(すっぽう)()れて()(こと)()()いて()るか。839また(この)()(もと)はドウして出来(でき)たと()思遣(をもいやり)のある守護神(しゅごじん)()るまいがな。840ドウ()(こと)(この)()(ここ)まで()ちて()たと()(こと)(わか)るものは、841守護神(しゅごじん)にも人民(じんみん)にも(あり)(いた)すまいがな。842()(あし)身魂(みたま)(うえ)(いた)して、843実地(じっち)(この)()(もと)(かみ)()たに(いた)して()りて、844ドウして(この)()()って()くと(おも)ふか。845大間違(おおまちがい)(ほど)があるぞよ。846外国(がいこく)(あく)(かしら)身魂(みたま)が、847()(みだ)れた(あく)()(かた)で、848一段上(いちだんうえ)(あが)仕組(しぐみ)をして()るが、849日本(にほん)の○に(わか)りて()るか、850中々(なかなか)(わか)りは(いた)すまい。851○と()ると()()ずとも、852(こころ)何彼(なにか)(こと)()()いて()らぬと、853是迄(これまで)のやうな(こと)では、854○○()(ひと)番頭(ばんとう)自由(じゆう)()られるやうな(こと)では、855何時(いつ)までも(おさ)まらんから、856(この)(さき)薩張(さっぱ)今迄(いままで)のやり(かた)()えて(しま)ふぞよ。857○○が今迄(いままで)のやうな(じょう)(ぼう)では()かんから、858()(かた)859法律(ほうりつ)全然(さっぱり)()えて(しま)ふぞよ。860○○が(じょう)(ぼう)では、861()()()になりたら、862ドウ仕様(しよう)にも方法(ほうほう)()(こと)()りて()るのは、863()(もと)から()()いて()るから、864日本(にほん)霊主国(ひのもと)には(だれ)にも出来(でき)一寸(ちょっと)神秘(ひみつ)(いた)して()るから、865神界(しんかい)秘密(ひみつ)(どお)りに(いた)して(らち)()くいたさんと、866()んな(つま)らん(こと)()いぞよ。867(むこ)ふの(くに)仕組(しぐみ)()(わか)りて()るなれど、868(わか)るべき(とこ)(わか)らんので、869(かみ)(たす)けやうが()いぞよ。870(むこ)ふの(くに)守護神(しゅごじん)にザラザラと、871(なご)(ひっ)()りて()玩弄物(もちやそび)()られた(うえ)に、872()とつエライ仕組(しぐみ)をいたして()るぞよ。873是迄(これまで)()肝腎(かんじん)大地(をつち)(うえ)先祖(せんぞ)()(かみ)として()りて、874()(あし)(かか)()った日本(にほん)人民(じんみん)は、875(いま)では(むこ)ふの(くに)悪神(わるがみ)自由(じゆう)に、876ドナイでもなるから、877(ひと)十分(じゅうぶん)にお玩弄(もちゃ)にいたして()いて、878(ひと)(うえ)(あが)りて(おう)(おう)になる経綸(しぐみ)(いた)して()るぞよ。879(ひと)()うでも(われ)さえ()けりゃ()いと()ふやうな、880極悪(ごくあく)経綸(しぐみ)()らしい仕組(しぐみ)をして()るぞよ。881(むこ)ふの(くに)性来(しょうらい)は、882()()かして()くやうな(やさ)しい身魂(みたま)()いから、883○○○○(ここ)()りて()(こと)は、884()(もと)から()(わか)りて()るから、885日本(にほん)(くに)には(むかし)から、886天地(てんち)先祖(せんぞ)(ふか)経綸(しぐみ)(いた)して()るから、887何事(なにごと)今度(こんど)実現(あらはれ)()るぞよ。888(いま)()りてから経綸(しぐみ)()えると()(こと)はならん、889大本(おほもと)経綸(しぐみ)(どお)りに、890何事(なにごと)一度(いちど)()()るぞよ。891今度(こんど)(あら)()へは三千世界(さんぜんせかい)大洗濯(おおせんたく)であるから、892何程(なにほど)かいてありても()いて()るだけの(こと)(いた)して(しま)はねば、893天地(てんち)から何事(なにごと)()しに(すま)すと()ふことは、894今度(こんど)借銭(しゃくせん)(なし)をせずに堪忍(こらへる)(こと)出来(でき)んから、895明治(めいじ)二十五(ねん)から(おな)()うな(こと)を、896()人民(じんみん)守護神(しゅごじん)(わか)るやうに()いて()()けてあるぞよ。897一度(いちど)(もう)した(こと)(ちが)はん筆先(ふでさき)であるから、898途中(とちゅう)(かわ)りは(いた)さんぞよ。899何事(なにごと)(むかし)から霊魂(みたま)所作柄(しょさがら)を、900一々(いちいち)帳面(ちょうめん)()(とめ)てある同様(どうよう)であるから、901借銭(しゃくせん)()して(しま)はんと、902(ゆる)して()ると()(こと)出来(でき)んので()るから、903(この)()のエンマと(もう)活神(いきがみ)であるから、904血筋(ちすじ)引方(ひっぽう)()(ひど)いぞよ。905(いや)(こと)引方(ひっぽう)にさせて()るぞよ。906何事(なにごと)大本(おほもと)変性男子(へんじょうなんし)筆先(ふでさき)で、907天地(てんち)大神(おおかみ)時節(じせつ)時節(じせつ)(こと)()きに(かか)して()きなさると、908(その)(とお)りが()るのであるから、909()(こと)(わる)(こと)(みな)()()るから、910(その)覚悟(かくご)(いた)さねば()らぬぞよ。911支那(から)から(むかし)()めて()(おり)には、912()れでも()せしめの(ため)三人(さんにん)だけは(かえ)してやりたなれど、913今度(こんど)外国(がいこく)同腹(ひとはら)になりて()めて()(おり)には、914(ただ)一人(ひとり)(かえ)してはやらんぞよ。915日本(にほん)外国(がいこく)兵隊(へいたい)一旦(いったん)(みな)(ひき)()して、916(その)(あと)地震(じしん)917(かみなり)918()(あめ)()らして、919外国(がいこく)往生(おうじょう)いたさす経綸(しぐみ)であるぞよ。920日本(にほん)霊魂(みたま)(わる)人気(にんき)()くない(とこ)には、921(なに)()るとも(わか)らんから、922(かみ)(もう)(うち)一時(いちじ)(はや)改心(かいしん)(いた)さんと、923(とり)(かえ)しのならん(こと)出来(しゅったい)いたして、924ヂリヂリ(まい)(いた)さな()らんと(もう)して、925二十七年(にじゅうしちねん)(あいだ)()らして()りたが、926(その)()らした実地(じっち)()()るのが近寄(ちかよ)りて()たぞよ。