霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧六月八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年7月31日(旧6月8日)
神霊界掲載号:第60号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第2巻 265頁 七巻本:第3巻 237頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:60頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:25頁
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-07-07 23:35:38 OBC :os115
001 (うしとら)金神(こんじん)変性男子(へんじょうなんし)御魂(みたま)(あら)はれて、002世界(せかい)守護(しゅご)(いた)すには、003()()今迄(いままで)(なか)りた(こと)ばかりを(いた)さねばならんから、004(まこと)大事業(たいもう)であるぞよ。005(なが)()終末(しまい)となりた()(なか)立替(たてかへ)るには、006世界(せかい)人民(じんみん)守護(しゅご)いたして()暗雲(やみくも)守護神(しゅごうじん)(こころ)が、007金輪際(こんりんざい)見苦(みぐる)しき(こと)()りて(しも)ふて、008()立替(たてかへ)(いた)すのに(かか)りかけが出来(でき)んやうな非道(ひど)状態(こと)になりて()れども、009ドウしても今度(こんど)水晶(すいしょう)神代(かみよ)立替(たてかへ)いたさねばならん、010変性男子(へんじょうなんし)御魂(みたま)天職(やく)であるから、011何時(いつ)(なを)心配(しんぱい)をいたすのを()()(かみ)(つら)いから、012大本()(なか)二人(ふたり)役員(やくいん)身魂(みたま)水晶(すいしょう)(みが)けて()んと、013(まこと)(おしへ)()たんから、014明治(めいじ)二十五(ねん)からの筆先(ふでさき)役員(やくいん)二人(ふたり)とが全部(すっくり)(はら)()れたら、015(おほ)きな(こゑ)(もの)()ふのも()えんやうに()るから、016そう()って(もら)はんと(かみ)(おもて)(あら)はれる(こと)出来(でき)んぞよ。017()(くも)りた()立替(たてかへ)るには、018世間(ひと)から、019()ンとした結構(けっこう)御道(をみち)()ると(まう)して、020大本()(なか)()いでも改心(かいしん)(いた)(ぐらい)に、021大本()(なか)から()って(もら)はな、022(まこと)(かみ)威勢(いせい)()()って、023日々(にちにち)大本()(なか)様子(ようす)()て、024(かみ)出口(でぐち)とが気苦労(きぐろう)をいたすぞよ。
025 (くち)()へば()かず、026(ふで)()せば()(さは)るなり、027()(くも)りた()(なか)彼方此方(あちらこちら)一切(いっさい)(こと)(かま)はねば物事(ものごと)成就(じょうじゅ)いたさんし、028(いま)では(なを)肉体心(にくたいごころ)勝手(かって)(まう)()うに、029吾児(わがこ)でさえも()大本(ここ)へは(たち)()らん()うな(こと)なり、030肝心(かんじん)上田(うへだ)会長(かいちょう)一寸(すこし)(ちから)()って()れず、031一々(いちいち)反対(はんたい)ばかり(いた)すなり、032出口(でぐち)(なを)はまだ一人(ひとり)(つら)(こと)なれど、033(これ)変性男子(へんじょうなんし)御魂(みたま)御役(おやく)であるぞよ。034()れで明治(めいじ)二十六(ねん)出口(でぐち)(なを)(ろう)這入(はい)りて()(おり)に、035推量節(すいりょうぶし)(つく)りて()るぞよ。
036 『今度(こんど)推量節(すいりょうぶし)何処(どこ)から流行(はや)る、037綾部(あやべ)出口(でぐち)屋敷(やしき)から推量々々(すいりょうすいりょう)』と(まう)してあるぞよ。038出口(でぐち)座敷牢(ざしきろう)這入(はい)りて()(おり)039(よる)十一時(じゅういちじ)(をも)時分(じぶん)に、040二十歳(はたち)ぐらいな(こゑ)二人(ふたり)(ろう)(そば)で、041推量々々(すいりょうすいりょう)(うた)ふて()(こゑ)(いた)した(こと)がありたが、042(あく)()(あさ)になりて明神(みょうじん)高倉稲荷(たかくらいなり)鬼嶽稲荷(おにたけいなり)()りたが、043推量節(すいりょうぶし)唐土(から)天竺(てんじく)(ひろ)めに()くのでありたと()(こと)(なを)(わか)りて(よろこ)びたぞよ。
044 推量節(すいりょうぶし)流行(はやり)()るやうに()りたらば(わか)りて()るなれど、045○○きちの(こころ)出口(でぐち)(こころ)推量(すいりょう)せいとの(うた)でありたぞよ。046それから十一年(じゅういちねん)今日(けふ)になるまでの出口(でぐち)(なを)気苦労(きぐろう)(まう)すものは普通(ひととうり)苦労(くろう)では()いが、047()教祖(きょうそ)でも中々(なかなか)苦労(くろう)(いた)して(をれ)るが、048(この)綾部(あやべ)(うしとら)金神(こんじん)()(いだ)教祖(きょうそ)()一層(いっそう)(ほね)()れるから、049普通(ひととうり)身魂(みたま)では()()ちた()先祖(せんぞ)生神(いきがみ)()()すと()(こと)六ケ敷(むづかしい)ぞよ。050(あと)世継(よつぎ)()(ひと)山奥(やまをく)(かご)みて()(よう)(をち)()いた、051何事(なにごと)()()てもビクともせぬ大精神(たましい)になりて(くだ)さらねば、052(いま)()うな状態(こと)では、053(うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)世界(せかい)(あら)はれて、054(むかし)からの因縁(いんねん)を、055(かみ)(そば)(ひき)()して(はな)して、056世界(せかい)人民(じんみん)()()かすと()(とこ)へは()()()かんぞよ。057我身(わがみ)世界(せかい)()くなる(こと)ばかりを何程(なにほど)()ちて()りても、058肝腎(かんじん)行状(おこない)不修成(でけん)と、059(まこと)生神(いきがみ)世界(せかい)表面(おもて)()(とこ)で、060そこらが(みぐ)るしくて(かみ)()(とこ)()いぞよ。061(にわか)土地(とち)面貌(めんぼう)をふりて神徳(をかげ)(をち)()うな失態(こと)のないやうに、062(どう)()えて()らんと、063(これ)からの世界(せかい)一日(いちにち)()しに(はげ)しく()りて()るぞよ。064チョロコイ精神(こころ)では()んな(まこと)(かみ)御用(ごよう)(つと)まらんぞよ。065(うしとら)金神(こんじん)体内(にくたい)這入(はい)りての正実(せうまつ)御用(ごよう)いたすのは、066変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)()いと、067イツまで(かか)りたとて今度(こんど)二度目(にどめ)神政成就(たてかえ)経綸(しぐみ)は、068人民(じんみん)()らん(こと)であるから六ケ敷(むづかしい)のじゃぞよ。069(いま)世界(せかい)大洗濯(おほせんたく)初発(しょっぱつ)であるから、070斯大本(ここ)(たち)()(ひと)余程(よほど)精神(こころ)(あらた)めて()(くだ)されよ。071(いま)(かか)りであれども日増(ひま)しに(つら)くなるから、072(その)覚悟(かくご)をいたして()らんと、073(ほか)教会(きゃうかい)()(かた)とは全然(さっぱり)天地(てんち)相違(ちがい)であるから、074各自(めいめい)身魂(みたま)審判(あらため)られると(つら)いぞよ。075是迄(これまで)世界(せかい)(よる)食国(くに)守護(しゅごう)()りたから、076ドンナ行為(こと)(いた)して()りても(ばち)(あた)らず、077大悪人(だいあくにん)覇張(はば)るに都合(つごう)()出来(でき)()りて、078(かみ)利益(りやく)()ふものも微弱位(すこしくらい)より(あら)はれなんだが、079(これ)からは神界(かげ)調査(あらため)()(こと)厳重(げんじう)(あら)はして(しま)ふぞよ。
080 (この)()()()(こと)(みだ)れて()ると()(こと)を、081出口(でぐち)(なを)一番(いちばん)姉娘(あねむすめ)(よね)()して()せて()るから、082(これ)()(この)大本(なか)(たち)()(ひと)心得(こころゑ)(くだ)されよ。083我児(わがこ)にして()せねば、084(ひと)()斯大本(ここ)から(きず)()けられんから、085(かみ)出口(でぐち)(こころ)推量(すいりゃう)いたして、086各自(めいめい)身魂(みたま)(みが)いて、087日本魂(やまとだましい)()りて(くだ)されよ。088(いま)()(なか)(きよ)らかな水晶(すいしょう)人民(じんみん)何程(なにほど)()いぞよ。089()れも(みな)(ふか)罪過(めぐり)()()ちじゃぞよ。090(たれ)雪蔭(せんち)饅頭(まんぢう)()たやうな(かほ)(いた)して()れど、091神界(かげ)ではモウ何事(なにごと)()調(しら)べて()るから、092斯大本(ここ)(たち)()ろうと(をも)(ひと)(たれ)()らず(きび)しき調査(あらため)をいたすから、093(その)覚悟(かくご)()りて(くだ)されよ。094我子(わがこ)095(ひと)()096(おや)097兄弟(きょうだい)(へだ)ては出来(でき)んのが神界(しんかい)規則(きそく)であるぞよ。098改心(かいしん)出来(でき)守護神(しゅごうじん)使(つか)はれて()身魂(みたま)()()るし、099(まこと)(わか)らん守護神(しゅごうじん)使(つか)はれて()人民(じんみん)可愛想(かあいそう)なから、100(うへ)から改心(かいしん)をさせねば()らんと(まう)して、101筆先(ふでさき)毎度(まいど)()して()()けて()るぞよ。102何事(なにごと)時節(じせつ)(ちか)よりたから、103変性男子(へんぜうなんし)御役(おやく)(まこと)(つら)いぞよ。104(ひと)には()せられん(つま)らん(こと)我子(わがこ)()して(かがみ)()して(おい)て、105(ひと)(こころ)(なを)さねば()らんと()ふ、106(まこと)(つら)変性男子(へんぜうなんし)天職(やく)であるぞよ。107(うへ)から(した)まで、108(すみ)から(すみ)まで、109薩張(さっぱり)暗黒界(やみよ)()りて()()根本(こんぽん)から立替(たてかへ)て、110(むかし)神代(かみよ)政治()(もど)さねば()らん神界(しんかい)からの御役(おやく)であるぞよ。111世界(せかい)総体(みな)泥水(どろみづ)同様(どうよう)(けが)れて()るのを、112綾部(あやべ)大本(ここ)から()まして、113水晶(すいしょう)(きよ)らかな()改復(いたさ)ねばならんから、114是迄(これまで)のやうな行状(をこない)()()りては、115()(もと)水晶(すいしょう)神代(かみよ)(もど)らんから、116(これ)から大本(ここ)(なか)(かみ)一々(いちいち)()()けるから、117一日(いちにち)()しに(はげ)しく()る。118斯大本(ここ)這入(はい)りて()て、119陽気(ようき)気楽(きらく)精神(こころ)では一時(いっとき)()()(こと)出来(でき)ぬやうに(いた)すぞよ。120出口(でぐち)(くち)(まう)(かわ)りに筆先(ふでさき)(かか)して()るから、121此大本(ここ)改心(かいしん)いたして()たなれば、122(ほか)では(わか)らん結構(けっこう)(こと)()ふて()かして身魂(みたま)(みが)いて、123日本魂(やまとだましい)(たね)(いた)して()るから、124タタキ(おと)しても(ひと)からは()()らん、125神徳(おかげ)()たして(いな)して()るなれど、126其人民(そんなひと)()いので中々(なかなか)(ほね)()れるぞよ。127何事(なにごと)(かみ)経綸(しぐみ)(はや)(わか)るのは()守護神(しゅごうじん)(かか)りて()人民(じんみん)であるぞよ。128(うしとら)金神(こんじん)()()身魂(みたま)は、129(いち)(まう)せば(じゅう)感得(とり)眼配(めくば)心配(こころくば)りを()(いた)し、130(ひと)(こころ)()()くやうに()らねば、131(まこと)神界(かみ)肝腎(かんじん)御用(ごよう)(つと)まらんぞよ。132我身(わがみ)苦労(くろう)いたして(ひと)罪穢(めぐり)(つま)せんやう、133我身(わがみ)()ぎにして他人(ひと)()かれの(こころ)でないと、134(まこと)(かみ)(こころ)(かな)はんぞよ。135()(こころ)()身魂(みたま)でありたなら、136一旦(いったん)(ひと)より一倍(いちばい)苦労(くろう)(いた)さねば()らぬなれど、137神界(かみ)から(その)精神(こころ)(もの)何彼(なにか)(こと)守護(しゅごう)いたすから、138何事(なにごと)(おも)ふやうに()くなれど。139()れは水晶(すいしょう)身魂(みたま)(みが)かんと、140(くも)りが()りては(この)()(おも)ふやうには()きはせんぞよ。141(おも)ふやうに(この)()()かんのは(われ)(こころ)(もち)(かた)(ちご)ふて()るので()るから、142熟々思(じっくり)(かんが)えて()るが()いぞよ。143大本(ここ)明治(めいじ)二十五(ねん)からの神諭(ふでさき)落度(おちど)()いやうに()たなれば、144何事(なにごと)にも(はら)()たぬやうに()るし、145一々(いちいち)(われ)(こころ)(はづ)かしうて(だま)りて(をり)改心(かいしん)出来(でき)るなれど、146(あま)激烈(ひどい)くもり()うで斯大本(ここ)罪穢(めぐり)()って()(ばか)りであるぞよ。147()んな(おも)罪穢(めぐり)でも大本(ここ)(ひき)()けて()るなれど慮見(りゃうけん)(もち)()えて()()れんと、148(これ)からは今迄(いままで)()うに(おも)ふて()ると()んと()気遣(きづか)いで、149罪穢(めぐり)(はろ)ふて(もら)(とこ)まで辛抱(しんぼう)()(いた)さんぞよ。150この高天原(たかあまはら)(なに)(かま)はずに(あが)りて()ても(その)行状(おこない)出来(でき)んと、151途中(とちう)(かわ)るやうな(こと)では、152(かへ)って神界(しんかい)罪穢(めぐり)()(こと)になるぞよ。153初発(しょっぱつ)()くても後縮(しりすぼま)りは(うしとら)金神(こんじん)()()(つら)いから、154初発(しょっぱつ)から充分(じうぶん)心得(こころゑ)て、155(まこと)御道(おみち)一足々々(ひとあしひとあし)段々(だんだん)高天原(たかあまはら)()げて(もら)(よう)謹慎(つつし)みて、156油断(ゆだん)()()うに身魂(みたま)(みが)いて(くだ)されよ。157高天原(たかあまはら)(かみ)(おせき)(つら)ねて(いただ)けば、158人民(じんみん)(かみ)分身魂(わけみたま)であるから、159()んな(こと)でも出来(でき)るやうの神徳(おかげ)(さづ)かるので()るぞよ。
160 (いま)では()(わか)りて()らんから左程(さほど)には()いなれど、161天晴(あっぱ)表面(おもて)(あら)はれたら、162モウ一度(いちど)身魂(みたま)審査(あらため)るから、163()(いだ)すと()(どく)身魂(みたま)沢山(たくさん)()るから、164其処(そこ)()りて()(あま)明白(ありやか)審別(わける)可愛想(かあいそう)なから、165各自(めいめい)(わか)らん(うち)心得(こころゑ)()かんと、166(はづ)かしき(こと)出来(しゅったい)いたすぞよ。167(あま)面向(めむき)(もう)すと(たれ)()(たち)()らんから、168(くち)(ふで)とで(ひか)へるだけは(ひか)えて()らして()くぞよ。169今度(このたび)七社参拝(しちしゃまいり)御供(おとも)(われ)(わし)もと(まう)して参拝(さんぱい)いたすのは結構(けっこう)では()れども、170変性男子(へんぜうなんし)変性女子(へんぜうにょし)竜宮(りうぐう)音霊観殿(をとひめどの)禁闕金(きんかつかね)神殿(かみどの)四魂(しこん)(そろ)ふた御礼(おれい)やら、171三代(さんだい)世継(よつぎ)(さづ)けて(もら)ふた御礼(おれい)やら、172結構(けっこう)神界(しんかい)経綸(しぐみ)成就(じょうじゅ)いたした大望(たいもう)(こと)御礼(おれい)やら、173弥仙山(しゅみせんざん)神界(しんかい)岩戸(いわと)(ひら)いた御礼(おれい)やら、174産土(うぶすな)175氏神(うじがみ)さまに国々(くにぐに)所々(ところどころ)氏子(うじこ)(かも)ふて(もら)(ねが)いやら、176大望(たいもう)神業(こと)ばかりで()るから、177(なに)()けても()大本(おほもと)御用(ごよう)()づかいな(こと)(ばか)りで、178人民(じんみん)には一寸(ちょっと)()らん(こと)()るから、179(むかし)から()(この)()()(こと)やら、180人民(じんみん)()らぬ(こと)()きに()らして、181世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)をさせて、182三千世界(さんぜんせかい)()とつに(まる)めて、183日本(にほん)外国(がいこく)との身魂(みたま)(たて)()けて、184日本(にほん)御魂(みたま)開発統一楽天清浄魂(やまとだましひ)ばかりを(より)(ぬき)て、185日本(にほん)神国(しんこく)霊主体従(ひのもと)()ると()(こと)を、186斯大本(ここ)から世界(せかい)模範(てほん)()して()せねば()らぬ(ところ)であるから、187今度(こんど)七社(しちしゃ)(かみ)御礼参拝(おれいまいり)(いた)すのは、188(むかし)から()(こと)(ふか)因縁(いんねん)()る、189大望(たいもう)神業(こと)であるから、190余程(よほど)(みな)(きよ)らかな(こころ)()りて、191後戻(あともど)りをせぬやうに心得(こころゑ)なされよ。
192 変性男子(へんじょうなんし)変性女子(へんじょうにょし)薩張(さっぱ)守護(しゅごう)(かわ)りて、193(ひつじさる)金神(こんじん)守護(しゅごう)()りた御礼(おれい)やら、194()()(さき)日本(にほん)露国(ろこく)との大戦(おおたたか)いや、195世界中(せかいじう)大戦争(おおいくさ)御幽助(おたすけ)御願(おねがい)色々(いろいろ)(ふか)経綸(しぐみ)御礼(おれい)参拝(さんぱい)であるから、196今度(こんど)参拝(さんぱい)御供(おとも)いたした(ひと)()()()けておくぞよ。197今度(こんど)御供(おとも)(いた)してから心間違(こころまちが)いやら、198(かみ)気勘(きかん)(かな)はぬ(こと)がありたら、199誰彼(たれかれ)()らず(これ)からは(きび)しき懲戒(みせしめ)をいたすから、200(この)心得(こころゑ)(むね)(はな)さぬ(よう)(いた)されよ。201御供(おとも)さえ(いた)したら、202()ぐに()利益(りやく)(もら)えるやうに(おも)ふて()ると慮見(りゃうけん)(ちが)ふぞよ。203まだまだ(これ)から世界(せかい)()るく()りて()るから、204(われ)一人(ひとり)御蔭(おかげ)(いただ)(ところ)へは()かんから出口(でぐち)()()()けておくぞよ。205三千世界(さんぜんせかい)()立替(たてかへ)()るから、206我身(わがみ)都合(つごう)()(こと)ばかりを()ちて()りても、207一旦(いったん)世界(せかい)九分九厘(くぶくりん)まで()くから、208(まつ)(こころ)(かみ)(みち)(あゆ)みて()らんと、209ヂリヂリ煩悶(もだえ)いたす(こと)()()るぞよ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
10/28霊界物語音読第37、38、63巻と、大本神諭、伊都能売神諭をアップしました。
10/26【霊界物語ネット】大本神諭を「年月日順」で並べた時の順序が、一部おかしいものがあったので修正しました。(os176,192,193,191,235 の5つ)