霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治四十三年旧九月二十八日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1910(明治43)年10月30日(旧9月28日)
神霊界掲載号:第75号 7頁 神霊界八幡書店復刻版:第3巻 361頁 七巻本:第4巻 197頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:274頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:101頁
概要: 備考:直の昇天後に拝読を許された タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)国常立尊(くにとこたちのみこと)稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)御魂(みたま)が一つになりて、002変性男子(へんぜうなんし)()りて、003(をとこ)御魂(みたま)(をんな)御魂(みたま)とで、004()(もと)から苦労(くらう)(いた)して世界(せかい)創造(こしらへ)たので()るぞよ。
005 竜宮(りうぐう)音姫殿(おとひめどの)006(いわ)神殿(かみどの)007(あれ)神殿(かみどの)008(かぜ)神殿(かみどの)009(あめ)神殿(かみどの)010地震(ぢしん)神殿(かみどの)011是丈(これだ)けの生神(いきがみ)御加勢(おてつだい)なされて、012世界(せかい)泥海(どろうみ)(かた)(しめ)(もと)(ちから)(かみ)であるぞよ。013金神(こんじん)(もと)(かみ)であるなれど、014大本(おほもと)根本(こんぽん)()初発(しょっぱつ)(かみ)毎度(まいど)(もう)して()国常立尊(くにとこたちのみこと)真正(まことの)根本(こんぽん)生神(いきがみ)であるぞよ。015(ふで)()いては(はや)いなれど、016(なが)(あいだ)(こと)であるが、017(てん)()とを(こし)らへるには(てん)大神様(おほかみさま)も、018()(かみ)大変(たいへん)苦労(くらう)(いた)して()るが、019人民(じんみん)智慧(ちえ)学力(がくりき)では到底(とうてい)見当(けんとう)()れん(こと)であるぞよ。020(てん)では()(たい)大神様(おおかみさま)021()世界(せかい)国常立尊(くにとこたちのみこと)であるから、022この根本(こんぽん)天地(てんち)(かみ)(あら)はれぬと、023太古(むかし)()(もと)からの(まこと)因縁(ゐんねん)(わか)らんぞよ。024(ほか)(わか)(かみ)は三千世界(せかい)(なか)には何地(どこ)にも()いぞよ。025(この)()根本(こんぽん)(こと)から(あきら)かに(わか)(ところ)綾部(あやべ)出口(でぐち)(もと)で、026大島(おしま)(いり)(くち)027竜宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)()いと、028(ほか)には一所(ひととこ)もないぞよ。029出口(でぐち)(なを)神宮(しんぐう)030本宮(ほんぐう)御屋敷(おんやしき)は、031()(もと)(まこと)(かみ)宮屋敷(みややしき)であるぞよ。032この御屋敷(おんやしき)(とうと)(もと)(かみ)天地(てんち)昇降(をりあがり)いたす地所(とこ)で、033(むかし)から(さだ)まりて()るなれど、034()んと(もうし)ても(ふる)(こと)()るから、035人民(じんみん)には(わか)らんのは無理(むり)なき(こと)()るぞよ。
036 今迄(いままで)(てん)からの御守護(ごしゅごう)()りても、037肝腎(かんじん)()世界(せかい)日本(にほん)政治(せいじ)(いた)(かみ)()いやうに()てありたから、038()がゴタゴタいたすので()るぞよ。039()世界(せかい)(こし)らへた(もと)肉体(にくたい)()国常立尊(くにとこたちのみこと)と、040稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)身魂(みたま)()(そこ)(おと)して()りた()()亳末(ちっと)(くる)はん性来(せうらい)身魂(みたま)が、041初発(しょっぱつ)(てん)規則(きそく)(やぶ)りて、042()(そこ)(おと)して、043(かみ)()(だい)苦労(くろう)(いた)身魂(みたま)天地(てんち)(なが)経綸(しぐみ)であるぞよ。044苦労(くろう)艱難(かんなん)(くや)しい残念(ざんねん)(こば)りて()御蔭(おかげ)で、045今度(こんど)の二度目(どめ)()立替(たてかへ)御用(ごよう)(つと)()げて、046三千世界(せかい)(まも)御役(おんやく)となりたぞよ。047変性男子(へんぜうなんし)身魂(みたま)()いと、048(つと)()がる身魂(みたま)現世(このよ)には(ほか)()いのであるから、049天地(てんち)生神(いきがみ)がビクッとも(くる)はんやうに仕組(しぐみ)てあるので()るから、050(おほ)きな神徳(しんとく)(さづ)けて、051(むかし)から(この)()出来(でき)てから()(こと)を、052出口(でぐち)(なを)()せるから、053吃驚(びっくり)(いた)(もの)出来(でき)るぞよ。054神国(しんこく)(もと)日本魂(やまとだましい)性来(せうらい)でありたから、055今度(こんど)()立替(たてかへ)056()()(たね)(いた)すために、057()(そこ)(わざ)とに(おと)して()いた身魂(みたま)であるから、058(なに)()けても、059苦労(くろう)(いた)さな()らん身魂(みたま)()御用(ごよう)()(かみ)(ふか)経綸(しぐみ)でありたぞよ。060(もと)国常立尊(くにとこたちのみこと)御魂(みたま)と、061稚日女君命(わかひめぎみのみこと)の二ツの身魂(みたま)が一つに()りて、062出口(でぐち)(かみ)となり、063()世界(せかい)大神(おほかみ)(あら)はれるのであるぞよ。064(かみ)にも人民(じんみん)にも()りた(こと)でないぞよ。065モウ(てん)()とが(そろ)ふたから、066(これ)から(この)()自由(じゆう)(いた)すと(もう)して、067(くち)()はして()(こと)も、068()(かか)して()(こと)(みな)()()るから、069(ちが)ふやうな気使(きづか)いはないぞよ。070出口(でぐち)()
071 の(もと)072(とう)とい地王(なを)であるぞよ。073出口(でぐち)(なを)初発(しょっぱつ)教主(きうそ)074海潮(かいちょう)(ひつじさる)金神(こんじん)075澄子(すみこ)禁闕金乃大神(きんかつかねのおほかみ)076(だい)御世継(ごよつぎ)出口(でぐち)直霊(なをひ)……………。
077 ()出口(でぐち)霊統(ちすじ)○○は伊勢(いせ)(もと)天照皇大神宮(ていせいこうだいじんぐう)御血筋(おちすぢ)末代(まつだい)(つづ)かす仕組(しぐみ)()てあるから、078(てん)()とを(そろ)えて、079太古(むかし)神代(かみよ)立替(たてかへ)るぞよ。080(てん)では天照皇大神宮殿(ていせいこうだいじんぐうどの)081()世界(せかい)(もと)国常立尊(くにとこたちのみこと)変性男子(へんぜうなんし)御魂(みたま)宿(やど)りた出口直(でぐちなを)血筋(ちすぢ)末代(まつだい)(つづ)かす経綸(しぐみ)(いた)してあるぞよ。082綾部(あやべ)大本(おほもと)末代(まつだい)肉体(にくたい)(おんな)御用継(ごよつぎ)であるぞよ。083出口(でぐち)朝野(あさの)(さい)出口(でぐち)直霊大神(なをひおほかみ)084梅野(うめの)(さい)日女子姫(ひめこひめ)085重野(えの)(さい)緒睦姫(をむつひめ)086(にん)御子(おんこ)()()けて()くぞよ。087出口(でぐち)(なを)()国常立尊(くにとこたちのみこと)()きおくぞよ。088末代(まつだい)(こと)
089 で九ちなを 七十五さい めいじし十さんねんの 九がつの 二十はちにち。090しんの 十いちがつの ついたちのしるし