霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十二年旧八月

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1899(明治32)年0月0日(旧8月0日)
神霊界掲載号:第88号 15頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 75頁 七巻本:第5巻 235頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:100頁 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os189
001 禁闕金(きんかつかね)大神(おほかみ)(むかし)神代(かみよ)には結構(けっこう)(かみ)と、002直接(じき)親様(をやさま)()(ゆる)しを(いただ)きて、003結構(けっこう)(かみ)()りたなれど、004()()(るい)()(をち)難渋(なんじう)(いた)して()りたぞよ。005()()して(もら)ふて神々様(かみがみさま)()(よろこ)び、006()()てお()でます(かみ)さまも(みな)()(よろこ)びで()るぞよ。007()因縁(いんねん)出口(でぐち)(なを)殿(どの)()()りて、008禁闕金(きんかつかね)大神(おほかみ)殿(どの)()くのじゃぞよ。009足立(あだち)(人名)のオババに守護(しゅご)(いた)して()(かみ)は、010(むかし)神代(かみよ)(とう)とい(かみ)(みな)()(をと)した悪神(あくがみ)()るぞよ。011(みな)因縁(いんねん)ものの()()ひで、012(めづ)らしき(こと)出来(でき)世界(せかい)大本(おほもと)()るぞよ。013()(つよ)龍宮(りうぐう)乙姫様(をとひめさま)往生(おうぜう)なされて、014(したが)うて御来(おい)(あそ)ばすやうに()りたぞよ。015諸国(しょごく)神様(かみさま)(みな)屈服(したが)いなされたぞよ。016仏事(ぶつじ)往生(おうぜう)なされて()りなさるぞよ。017禁闕金(きんかつかね)大神(おほかみ)
018
019 龍宮(りうぐう)乙姫(をとひめ)筆先(ふでさき)()るぞよ。
020 ()乙姫(をとひめ)()(つよ)(かみ)で、021()(をと)されて(うみ)(そこ)住居(すまゐ)(いた)して()りたぞよ。022我意()屈服()らねば()()には()れんやうに()りたぞよ。023龍金(りうごん)乙姫(をとひめ)()(かみ)は、024(よく)(ふか)(かみ)()りて、025(うみ)(そこ)何不自由(なにふじゆう)()(かみ)()れども、026(うみ)(そこ)()りたとても面白(をもしろ)(こと)歓楽(おかし)(こと)()いぞよ。027今度(こんど)()()(かへ)で、028(うしとら)金神(こんじん)(さま)029出口(でぐち)(なを)どのの御両人様(おふたりさま)()(かげ)で、030()()しておもらひ(もう)して、031コンナ(うれ)しき(こと)(むかし)から()いのじゃぞよ。032龍金(りうごん)(たから)を、033(うしとら)金神(こんじん)(さま)034出口(でぐち)(なを)殿(どの)御渡(おわた)(もう)すぞよ。035()(かは)りには七堂伽藍(しちだうがらん)建立(たて)(くだ)されよ。
036 出口(でぐち)(なを)殿(どの)()(かげ)で、037()れからは()(ひら)(かへ)(ごと)くに、038(かみ)激烈(はげし)()るぞよ。039(かみ)結構(けっこう)()れども、040世界(せかい)人民(じんみん)に、041(まこと)()()ちて御座(ござ)(ひと)()るから、042改心(かいしん)(いた)さして(たす)けて()らねば()らんぞよ。
043 ()(かは)りて(うしとら)金神(こんじん)(さま)044出口(でぐち)(なを)殿(どの)(やしき)が、045元素(もと)龍宮館(りうぐうやかた)()るから、046元源(もと)(やかた)()(かへ)()()りたぞよ。047龍宮館(りうぐうやかた)宮屋敷(みややしき)相定(あいさだ)まりて、048(むかし)から()結構(けっこう)出来(でき)るから、049(いま)世界(せかい)(うご)(こと)()るぞよ。050諸国(しょごく)神様(かみさま)御働(おはたら)次第(しだい)()御宮(おみや)()てて()げますぞよ。
051 出口(でぐち)清吉(せいきち)殿(どの)(かみ)()りて()るぞよ。052(まこと)結構(けっこう)()(かた)()りまして、053(かみ)願望(おもわく)出来(しゅったい)(いた)したぞよ。054(あま)()がう(わか)らんから、055モウ暫時貸(しばらくか)して(くだ)されよ。056(めづ)らしき(こと)(いた)して御礼(おんれい)(もう)すぞよ。057綾部(あやべ)世界(せかい)でナリ(わた)るぞよ。058()見示(みせし)めの(はじ)まりは出口(でぐち)(なを)殿(どの)清吉(せいきち)殿(どの)とを世界(せかい)亀鑑(かがみ)(いた)すぞよ。059龍金(りうごん)乙姫(をとひめ)060(これ)から(きん)世話(せわ)()して(いただ)くぞよ。061()()()れば(きん)何程(なにほど)でも()るから、062()乙姫(をとひめ)063(きん)何程(なにほど)でも龍宮(りうぐう)()めて()るぞよ。064()乙姫(をとひめ)()()たなれば、065(きん)心配(しんぱい)()らぬぞよ。066結構(けっこう)()()りたぞよ。067龍金(りうごん)()って(くだ)さるのは、068ノコラズノ金神(こんじん)(さま)()るぞよ。069()(ほど)出口(でぐち)殿(どの)苦労(くろう)()して(ここ)まで仕組(しぐみ)(いた)した大望(たいもう)(こと)を、070(みづ)(あは)には滅多(めった)には(いた)さんぞよ。071(龍宮の乙姫)
072
073 (うしとら)金神(こんじん)()立替(たてかへ)(いた)すには、074()()ちて御居(おゐ)でます(かみ)()()()して、075()れで本望(ほんもう)()げたぞよ。076(これ)から世界(せかい)人民(じんみん)()()(こころ)でドンナ利益(りやく)賦与()るのじゃぞよ。077乙姫様(をとひめさま)()()すのは中々(なかなか)(ほね)()れたぞよ。078竜宮(りうぐう)乙姫様(をとひめさま)(うしとら)金神(こんじん)世界(せかい)守護(かま)うたなら、079三千世界(さんぜんせかい)自由(じゆう)自在(じざい)(いた)すぞよ。080(うしとら)金神(こんじん)出口(でぐち)(なを)より(ほか)には実地(じっち)(こと)()はんぞよ。081()(ほう)指導命令発布(さしづ)(いた)()けじゃぞよ。082種々(いろいろ)()けるは(みな)眷属(けんぞく)()るぞよ。083(この)金神(こんじん)不遇道(つつぼ)(こし)らへんぞよ。084()()(こころ)(わる)いと(わる)(こと)出来(でき)()けじゃ。085三千世界(さんぜんせかい)改心(かいしん)さす(かみ)()るから、086(ひと)不運者(つつぼ)には(いた)さん()けの、087(とく)()(かみ)()るぞよ。088何程(なにほど)力量(ちから)()りたとて、089天地(てんち)から()(ゆる)()(こと)には、090()大事業(たいもう)神業(こと)出来(でき)んのじゃぞよ。
091 ()()()()たなれば(みな)兄弟(きゃうだい)()るから、092仲良(なかよ)(いた)して(かみ)世話(せわ)(いた)して(くだ)されよ。093(みな)和合(わがふ)(いた)して神力(しんりき)()めたなれば、094外国(がいこく)から何程(なにほど)()()ても、095日本(にほん)神国(しんこく)神威(かみ)には(かな)はぬぞよ。096(いま)一生懸命(いっせうけんめい)大事(だいじ)性念場(せうねんば)()るから、097(みな)()世話(せわ)(がか)り、098(うしとら)金神(こんじん)威徳(いとく)(をと)さぬやうに、099(はや)(おしえ)(ひろ)めて(くだ)されよ。100日本(にほん)(もと)日本魂(やまとだましい)(いた)して、101三千世界(さんぜんせかい)洗濯(せんだく)(いた)さな()らんから、102()御用(ごよう)()るから、103(かみ)苦労(くろう)(いた)して()れども、104憑移体(だい)苦労(くろう)()(こと)充分(じうぶん)(いた)さぬと、105(まこと)()(つぎ)出来(でき)んぞよ。106()大望(たいもう)()経綸(しぐみ)107出口(でぐち)(なを)がモ(ひと)御用(ごよう)()かいで成就(ぜうじゅ)(いた)さぬことなら(いのち)でも()()げまするから、108成就(ぜうじゅ)さして(くだ)されよと(もう)して(くだ)さりて、109(かみ)満足(まんぞく)なぞよ。110(いのち)()りては、111御用(ごよう)出来(できま)せんから、112苦労(くろう)()(もら)はんならんぞよ。113()(ぐらい)(こころ)(かみ)信心(しんじん)(いた)して(くだ)さりたら、114(かみ)(まこと)使()かい()いから、115自然的(ぬしがで)一致(いっち)出来(でき)(こと)(はや)()るので()るから、116()亀鑑(かがみ)()(みな)取次(とりつ)心得(こころえ)(くだ)されよ。117(いま)()(もと)(はじ)まりで、118(あま)岩戸(いわと)(ひら)ける(とき)()るから、119(いま)(はげ)しきなれど、120段々(だんだん)御鎮(おしづ)まりなさるぞよ。