霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年閏五月二十三日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年0月0日(旧閏5月23日)
神霊界掲載号:第89号 9頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 121頁 七巻本:第6巻 8頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 日本(にほん)(くに)日本(にほん)()てて、002外国(がいこく)とは(たて)()けて()りたなれど、003()(みだ)れて()て、004()(すへ)()りて、005六茶苦茶(むちゃくちゃ)()りて(しも)ふた()を、006()()創造(こしらへ)(もと)実地(じっち)(うしとら)金神(こんじん)が、007()()(つぶさ)(ため)に、008変性男子(へんぜうなんし)009変性女子(へんぜうにょし)身魂(みたま)(こし)らへて、010世界(せかい)には(おほ)きな(みづ)(もら)さん仕組(しぐみ)()()りての、011二度目(にどめ)()立替(たてかへ)()るから、012ナカナカ大事業(たいもう)なれど、013地固(じがた)めが出来(でき)たら()るのも(はや)いから、014日本(にほん)人民(じんみん)一人(ひとり)でも(おほ)く、015(はや)日本魂(やまとだましい)生枠(きっすい)復帰(たちかへ)らねば()らぬぞよ。016()大本(おほもと)は、017()(はじ)まりの世界(せかい)大本(おほもと)(もう)すのは、018(うしとら)金神(こんじん)()()(おしえ)(いた)して、019神代(かみよ)()()日本魂(やまとだましい)(つく)る、020純真純美(きっすい)光明彩筆(すいせう)()(はじ)まりで()るから、021(この)(なか)(たち)()(ひと)よ、022()心得(こころえ)修行(ぎゃう)(いた)して(くだ)さらんと、023真正(まこと)御蔭(おかげ)(わか)らぬぞよ。024役員(やくいん)(みな)()心得(こころえ)で、025御用(ごよう)(つと)めて(くだ)されよ。
026 日本(にほん)外国(がいこく)との大戦(おほたたか)ひが()綾部(あやべ)大本(おほもと)(なか)に、027縮図(じっち)()()せて()るが、028神力(しんりき)日本(にほん)なり学力(がくりき)外国(がいこく)029一分(いちぶ)九分(くぶ)との(とど)めの大決戦(おほたたかい)()るから、030余程(よほど)日本魂(やまとだましい)()りて、031(だう)()へて()らねば()らんぞよ。032()けたら(したが)ふて()るし、033()ちたら(したが)はして末代(まつだい)()天下泰平(てんかたいへい)(をさ)めるぞよ。034魯国(ろこく)から(はじ)まりて、035世界(せかい)大戦(おほいくさ)()ると()(こと)が、036明治(めいじ)二十八(ねん)の十一(がつ)に、037出口(でぐち)()()かして()るが、038時節(じせつ)迫々(をいをい)()()て、039(うたが)ひの(くも)()()くやうに()りたぞよ。040(なが)(あいだ)(おほ)きな経綸(しぐみ)であるから。041(もう)した(こと)(をそ)(はや)しは()(こと)()るなれど、042一度(いちど)(もう)した(こと)(なに)(ちが)はん、043()(とほ)りが()()るのじゃぞよ。
044 ()()類無()(をち)ぶれ(もの)出口(でぐち)(なを)に、045(むかし)から()()結構(けっこう)(こと)()して()りて、046(くち)()とで世界(せかい)(こと)()らしても、047真実(まこと)(いま)人民(じんみん)(いた)さんから、048()(なか)実地(じっち)()()せて()れども、049(わか)らねば(わか)るやうにして()せて()るぞよ。050(うたが)ひの(くも)(はれ)()きて、051何処(どこ)から破裂(はれつ)(いた)すやら、052ヲドスで()いが、053三千世界(さんぜんせかい)幽顕()建替(たてかへ)()(やう)大規模(たいもう)神業(こと)()()りて、054(これ)だけ世界(せかい)から実地(じっち)現出()()るのに、055改心(かいしん)(いた)さずに、056(いま)(うたが)ふて()人民(じんみん)057地部下(じぶした)にならんやうに(いた)されよ。058(うたが)ふも際限(きり)()るぞよ。059()()でさえも()()りに()りて、060()立替(たてかへ)()(やう)大神模(たいもう)経綸(こと)(いた)大本(おほもと)()るから、061(うたが)(やう)(ちい)さい肝魂(きもたま)()ちて()りて、062(かみ)聖慮(こころ)()()れんやうな人民(じんみん)は、063今度(こんど)真正(まこと)御神徳(おかげ)もやう()らんから、064天地(てんち)御用(ごよう)()()はんから。065(まび)かれるより仕様(しよう)()いぞよ。066器量(うつわ)(ちい)さいと、067自己(われ)(そん)じゃと(もう)して()()けて()るぞよ。
068 今度(こんど)綾部(あやべ)()ハナは、069(むかし)から()()()(はじ)まりてから、070類例(ためし)()(こと)ハナ()くので()るから、071()大本(おほもと)()るから、072()放漫的開化(のぼり)汚濁切(くもりきり)(いま)()(なか)に、073末代(まつだい)(しほ)れん結構(けっこう)(はな)()基礎工事(したごしらへ)御用(ごよう)は、074苦労(くろう)艱難(かんなん)凝結(かたまり)(はな)()御用(ごよう)()るから、075軽挙妄動(ようき)()りては出来(でき)んぞよ。
076 ()(かわ)りて、077(うめ)(まつ)との()()るぞよ。078(うめ)寒候(さむさ)(むか)へば(はな)準備(こしらへ)(いた)す、079(はな)(なか)では一番(いちばん)苦労(くろう)()がいなれど、080節操(みさを)(ただ)しく()()(むす)ぶなり、081大本(おほもと)ハナ苦労(くろう)凝結(かたまり)()くので()るから、082(うめ)(たと)へて()るぞよ。083(まつ)(かわ)らん(むかし)から(ひと)すじの金院無欠至霊心(まつごころ)084()(こころ)日本(にほん)人民(じんみん)よ、085(みな)(そろ)ふて()りて()んと、086今度(こんど)日本(にほん)外国(がいこく)との(たたか)ひは、087彼我(どちら)人民(じんみん)では見当(けんとう)()れん、088(おほ)きな仕組(しぐみ)出来(でき)()るから、089外国(がいこく)(ほう)()いと(をも)(やう)な、090真政理解(まこと)()日本(にほん)人民(じんみん)は、091仕様(しやう)()くば外国(がいこく)服順(つく)()(もの)八分(はちぶ)九分(くぶ)()るが、092今度(こんど)最後審判(とどめ)瀬戸際(せとぎわ)外国(がいこく)服従(したが)ふた人民(じんみん)は、093畜生道(ちくせうどう)堕落(おち)万劫(まんごう)末代(まつだい)モウ日本(にほん)神国(しんこく)へは(かへ)(こと)出来(でき)んぞよ。094(まつ)(うめ)(みな)今度(こんど)(こと)(たと)へ、095(こころ)(くみ)(とり)なされ。096出口(でぐち)筆先(ふでさき)(かき)放題(ほうだい)097()れが(みな)世界(せかい)から()()るのじゃぞよ。098日本(にほん)いろは四十八文字(しじゅうはちもじ)世界中(せかいぢう)()()くので()るから、099荒振神共(がいこくじん)よ、100改心(かいしん)(いた)さな()らん()(まい)りたぞよ。101()刷新(あらため)霊魂(みたま)改善整理(あらため)()るから、102改心(かいしん)せん身魂(みたま)自然淘汰(そぐる)から、103不足(ふそく)世界中(せかいぢう)何処(どこ)へも()ふて()(とこ)()いぞよ。
104 (たび)()ちの身風(みなり)()()くぞよ。105出口(でぐち)(たび)()ちは、106()立替(たてか)へる大本(おほもと)()るから、107薩張(さっぱ)現今流(いま)とは風相(みなり)()へる、108何処(どこ)()きても木綿(もめん)着物(きもの)(さら)しの脚線(きゃはん)109紙巻草履(かみまきざうり)穿()きて(まい)ると(もう)して()るが、110現代(いま)(あま)()贅沢(いたり)て、111物的欲望極致(のぼりつめた)から、112大本(おほもと)から末代(まつだい)神政()()(かた)創始()()せるぞよ。
113 鬼門(きもん)金神(こんじん)悪神(あくがみ)世界(せかい)人民(じんみん)()はれた(かみ)114悪神(あくがみ)()りたか、115(ぜん)(つく)して()天地(てんち)(つぶ)さぬ(やう)に、116(あく)()せて(ぜん)(ひと)つを()()きて()(こと)を、117変性男子(へんぜうなんし)(あら)はして、118世界(せかい)人民(じんみん)改心悦服絶対的帰順(かいしん)()して、119賦興安心立命(よろこば)す、120綾部(あやべ)大本(おほもと)は、121(ぜん)(あく)との()(かた)を、122世界(せかい)人民(じんみん)()せて、123末代(まつだい)神政()手本(てほん)()して、124人民(じんみん)本然感知(かいしん)()大本(おほもと)()るぞよ。125(あく)()(かた)(ひと)がドンナ苦労(くろう)()てもドウでも()いなり、126自我(われ)(をも)はくに()かんと四方八方(しほうはっぽう)()たりまくって、127小言(こごと)(もう)()てて(うら)()ひの()(かた)128(ぜん)()(かた)我身(わがみ)犠牲(すて)(ひと)(たす)けるのが(ぜん)()(かた)で、129(ぜん)(あく)との()(かた)天地(てんち)(ちが)ひであるぞよ。130()()(ぜん)()(かた)()いと、131(あく)ではテンと(ゆき)(あた)りて、132途中(とちう)(みち)()くなりて、133()難渋(なんじう)(こと)()るから、134(ぜん)()(かた)()()(かた)(あらた)めるぞよ。135コンナ(こと)(もう)すとよい狂気者(きちがい)じゃと(もう)して、136一層(なお)(わる)(もう)すなれど、137(つら)残念(ざんねん)隠忍(こば)りて()かねば成就()らん(まこと)(みち)()るから、138普通並製(ひととうり)身魂(みたま)()りたら、139辛棒(しんぼう)出来(でき)んと(もう)して、140筆先(ふでさき)()して()るぞよ。141三千世界(さんぜんせかい)大狂者(おほきちがい)真似(まね)()るから、142辛棒(こば)りて()けよ。143()(ほう)()(かた)は、144(いま)では人民(じんみん)(こころ)(とほ)りに()えるぞよ。145(わる)(こころ)人民(じんみん)には悪神(あくがみ)(みえ)るし、146()(こころ)人民(じんみん)には是程(これほど)()(かみ)()づは()いなれど、147(こころ)(こと)出来(でき)るぞよ。
148 ()()是迄(これまで)()(あし)守護(しゅご)()りたから、149腹心(はら)(なか)(くさ)りて()りても、150容色(うわべ)(かざ)りてドンナ罪科(めぐり)(きん)でも立派(りっぱ)使用(つかへ)ばエライ(もの)じゃと鄭重(ていちょう)(いた)すから、151日本(にほん)人民(じんみん)不真不実(わるく)堕落(なり)て、152(がく)(かね)とが(この)()(たから)(もう)したが、153()()えて、154()()きは日本(にほん)(くに)は、155天立本然(もと)日本(にほん)(いた)して(しも)ふから、156直接(もと)分霊分身(わけみたま)(もう)すに(およ)ばんなり、157()系統(ひっぽう)身魂(みたま)天下泰平(てんかたいへい)()(をさ)まりたら、158()()れに御用(ごよう)(おほ)()けるから、159本来(もと)結構(けっこう)天地(てんち)霊徳(みたま)()るから、160日本(にほん)人民(じんみん)天賦精霊(みたま)(みが)きて、161心性(こころ)()()えを(いた)したら、162世界中(せかいじゅう)()くなるのじゃぞよ。
163 (むかし)神代(かみよ)循環(めぐ)()て、164本来(もと)神政(かみよ)帰復(たちかへ)りて、165(むかし)(もと)何事(なにごと)日本(にほん)(をこな)ひを復顕(もどす)から、166世界(せかい)には(おほ)きな()(ちが)ひが出来(でき)()て、167思慮腹案(おもわく)相異(ちが)(ひと)多数(たっぴつ)出来(でき)るが、168是迄(これまで)(あく)跳梁(はびこ)りた()()りたなれど、169(ぜん)(ひと)つに平定()(しも)ふて、170(あく)掃蕩(たいら)げるぞよ。
171 神代(かみよ)()ると(ちか)(とほ)いの懸隔(へだて)()いぞよ。172水晶(すいせう)真心(まごころ)信念(こころ)なら、173千里(せんり)(へだ)てた(とこ)でも利益(りやく)()るが、174膝下(ひじね)にをりても、175(かみ)(こころ)()人民(じんみん)(かま)いはせんぞよ。176心丈(こころだ)けの(こと)より報酬(おかげ)()らん(この)(ほう)じゃぞよ。
177 出口教祖(でぐちきゃうそ)三千世界(さんぜんせかい)(ひら)きます大神(おほかみ)御用(ごよう)(いた)されし御経歴(ごけいれき)(すこ)(しる)(まつ)らん。178原文(げんぶん)教祖御(きゃうそご)直筆(じきひつ)なり。
179 ……………()れては()かんと御指図(おさしづ)ありて、180(がつ)の十五(にち)教祖(きゃうそ)出獄(しゅつごく)御日(おんひ))に()(まで)に、181大槻鹿造(おほつきしかざう)(ろう)入口(いりくち)(まい)りて「(いへ)出口家(でぐちけ))を()りて御前(おまへ)教祖(きゃうそ))に気楽(きらく)()らさし()い」と(もう)して、182(わし)のやうな(もの)()(こと)でも(きい)(くだ)さり、183福知山(ふくちやま)叔父様(をじさま)()はるるやう、184また伝吉(でんきち)教祖(きゃうそ)第三男(だいさんなん))の()(こと)()いて()れたなら、185御前(おまへ)教祖(きゃうそ))を(ろう)から()して()げやう」と往生(わうぜう)()めに(いた)したのだ。186出口(でぐち)(いへ)(なに)()らん、187(ろう)から()さえしたら()いのであるよって鹿造(しかざう)()(とほ)り、188()れは()法立(ほうだ)てで()(ゆへ)結構(けっこう)じゃから、189御前(おまへ)都合(つがう)(しな)されと(まか)して()いて、190(がつ)十五(にち)()して(もら)ふたのでありた。191(とが)なきものを(ろう)()れて、192四十(にち)(あいだ)食物(もの)()べずに()りたのも、193(みな)神様(かみさま)からの(こと)()りました。194(あま)苦酷(かなわん)から(ろう)(なか)()のうと(をも)ふて()ても、195何程(なにほど)()のうと(をも)ふても、196(かみ)がキッと()いて()るから()なれせんぞと、197(うしとら)金神様(こんじんさま)()ひなされて()めに(いた)したが、198()ぬも()きるも(みな)神様(かみさま)からの都合(つがう)(こと)()りますから、199何事(なにごと)神様(かみさま)にお委任(まかせ)(もう)せば(らく)なもの、200天竺(てんじく)()けと神様(かみさま)()ひなされて、201真実(まこと)()くのじゃと(をも)ふて、202神様(かみさま)近所(きんじょ)子供(こども)(たの)みて()いて、203天竺(てんじく)()かうと(をも)ふて()りたら、204(うら)庭園(せんざい)(まつ)()余程太(よほどふと)(ゑだ)()れてをりた、205()(まつ)(くちばし)出来(でき)206羽翼(はがい)出来(でき)207(おほ)きな(とり)()りて、208()(とり)(つか)まへたら、209何処(どこ)やら()ったと(をも)ふたら綺麗(きれい)()()()りて、210()ると妙見様(みょうけんさま)(おほ)きな御厨子(おずし)(なか)這入(はい)りて()りなされて、211(また)()(つぎ)()()きたら、212女神様(おんながみさま)()ズシの(なか)這入(はい)りなされて、213()(まへ)七福神(ふくじん)(うさぎ)()りました。214また(むか)ひには福禄寿(げほさん)()てりて()りなされた(をも)ふたら、215矢張(やは)出口(でぐち)(たく)()()りたので()りた。216其次(そのつぎ)龍宮(りうぐう)()けと()ひなされて、217龍宮(りうぐう)()ったと(をも)ふたら、218龍宮(りうぐう)眷属(けんぞく)梯子(はしご)をさして大勢(おほぜい)(あが)りて()(こと)()えました。
219 (ろう)から()西町(にしまち)大槻鹿造(おほつきしかざう)(たく))に二日(ふつか)()りて、220八木(やぎ)()きたのだ。221(いへ)()道具(だうぐ)()りて、222路頭(ろとう)()ちたなれど綺麗(きれい)(さら)つの出口直(でぐちなを)()りて、223(いま)()りたら(いへ)()りて(くだ)されたのが(まこと)結構(けっこう)だ。224(ここ)まで(いた)さんと()()()ぎ(教祖(きゃうそ))は出来(でき)んのじゃぞ。225出口(でぐち)方々(ほうぼう)(いと)()きて、226(さら)つに衣類(いるい)(こし)らへて、227(うま)赤子(あかご)()りたのじゃ。228(みな)(かみ)()して()(こと)ぞ。229(ここ)まで()(をと)して御用(ごよう)()して()るぞよ。230(かみ)人民(じんみん)とは薩張(さっぱり)(こころ)反対(はんたい)()るから、231(かみ)御用(ごよう)()くものは(なに)非凡(ちがう)ぞよ。232人民(じんみん)表面体(うわつら)(かざ)り、233(きん)(まわ)りが()いと(まこと)重宝(ちょうほう)がりて、234(をち)ぶれた(もの)には言交(ものい)ふと、235(けが)れるやうに(をも)()(なか)236()(かわ)るから反対(あらくら)(かわ)るぞよ。
237 出口(でぐち)(ろう)から()て、238(がつ)の十八(にち)八木(やぎ)(まい)りたなれど、239四十(にち)(ろう)這入(はい)りて()りたので、240身体(からだ)柔弱(やわらか)()りて、241(また)一ト(はたら)(いた)さねば()らんから、242ナカナカ(つら)(こと)御座(ござ)りました。243その(うち)に六(がつ)()り、244独言独語(ひとりごと)()ふて()れども(教祖(きゃうそ)(かみ)霊憑(れいうつ)りまして、245常住座臥独言独語(ぜうじゅうざぐわひとりごと)(たま)ふが(つね)なりきも)神様(かみさま)御容姿(おすがた)(おが)めず、246(たよ)()(ゆへ)247神様(かみさま)御姿(おすがた)()せて(いただ)()いと御願(おねが)(もう)したら、248モウ三十(にち)()ちて()れいと御指図(おさしづ)()りて、249ソウする()に七(がつ)六日(むいか)朝御体拝(あさおんれい)(いた)せば、250チット御話(おはなし)()かりたなれど、251達磨(だるま)さんが金神様(こんじんさま)二日間(ふつかかん)御留守(おるす)じゃと(もう)しなされた。252其頃(そのころ)()達磨(だるま)じゃと(もう)しなされて、253(なん)でも()ふて(くだ)さりたのじゃ。254ソウする(うち)(てん)(あが)りなされて、255(てん)赤装束(あかせうぞく)明白(ありやか)御姿(おすがた)()せなされて、256()れからは()()りで(いま)御言葉(おことば)()いなれど、257仏事(ぶつじ)から神道(しんだう)()(かへ)ると(もう)しなされたのじゃぞよ。258(がつ)()(てん)御上(おあが)りなされて、259()()()れに御礼(おれい)(いた)して()りたらお(かへ)りなされて、260(てん)二日(ふつか)(のぼ)りて、261(くらい)(もら)ふて()たのじゃと(もう)しなされたが、262()れからまたお容姿(すがた)(おが)()したのでありた。263福島(ふくしま)八木(やぎ)(ひと)264教祖(きゃうそ)御女婿(おんむすめこ))が(まこと)結構(けっこう)(こと)大事(だいじ)(いた)して、265鄭重(ていちゃう)(いた)して(くだ)さりたが、266(また)大槻鹿造(おほつきしかざう)出口(でぐち)(こと)チットも(わか)らず、267狂者待遇(きちがいあしらい)(いた)すので、268鹿造(しかざう)(たく)()くと荒立(あらだち)(おに)(じゃ)(やう)()るなり、269八木(やぎ)金神(こんじん)()(こと)()(わか)りて()るから、270(まこと)結構(けっこう)()りた。271(ひさ)教祖(きゃうそ)(だい)(じょ))が時計(とけい)(くる)ふて、272ドウしても(かか)りませんからお(かあ)さん御伺(おうかが)ひを()(くだ)されと(もう)したから、273御伺(おうかが)(いた)したら、274大槻鹿造(おほつきしかざう)(いへ)(をい)てある(かたな)(とと)への()とを八木(こちら)(はや)引取(ひきと)りて()れんと、275()(いへ)()くと(たた)るから、276(にち)(はや)取寄(とりよ)せて()れい。277()()らせで時計(とけい)(くる)はしてありたのじゃと、278(うしとら)金神様(こんじんさま)御言葉(おことば)ありた。279その御言葉(おことば)ある(うち)時計(とけい)(かか)りて、280これはドウじゃ結構(けっこう)(こと)と、281すぐ福島(ふくしま)手紙(てがみ)()いて神様(かみさま)御言葉(おことば)大槻鹿造(おほつきしまぞう)(いへ)()りたが()かず、282言伝(ことつて)してもおこさず、283福島(ふくしま)大変(たいへん)(おこ)りて()(うち)に、284神様(かみさま)(すみ)(二代様(だいさま))を()れて、285(はや)(かい)れと(おほ)せなさる(ゆへ)に、286(がつ)の四()(すみ)()れて(かへ)りましたら、287神様(かみさま)御指図(おさしづ)(とほ)り、288大槻鹿造(おおつきしかざう)(かたな)(たと)への()とが(たた)りて、289()破傷風(はせうふう)()りて、290夏中(まつぢう)もて(あま)したと、291出口(でぐち)(いへ)()りた、292出口(でぐち)(いへ)再建(ふしん)する(かね)()(こみ)(しも)ふたので()りた。293()神様(かみさま)(てん)でも自由(じゆう)()さる神様(かみさま)(ゆへ)294時計(とけい)(ぐら)ひを()けなさるのは(やす)(こと)なれど、295御姿(おすがた)(おが)めずに(うかが)(うち)時計(とけい)がかかるのは、296人民(じんみん)からは余程(よほど)不思議(ふしぎ)御座(ござ)ります。297八木(やぎ)()りた(ころ)298明治(めいじ)二十六(ねん)五月頃(ごがつごろ)に、299来春(らいしゅん)四月(しがつ)から(から)(しん))と日本(にほん)との戦争(ゆくさ)()ると御指図(おんさしづ)ありて、300コンナ時節(じせつ)戦争(ゆくさ)()(やう)(こと)()いと、301(みな)(もう)して()りたなれど、302(ちが)()戦争(ゆくさ)303明治(めいじ)二十七八(ねん)大戦争(おほゆくさ)304明治(めいじ)二十九(ねん)大洪水(おほみづ)神様(かみさま)から()いて()りましたから、305福知山(ふくちやま)青木(あをき)さんに、306今年(ことし)大暴風雨(おほあれ)()りますげなと、307明治(めいじ)二十九(ねん)(はる)(もう)して()いたが、308えあり大暴()れが()りました。309明治(めいじ)二十五(ねん)綾部(あやべ)近所(きんじょ)ミヤコ()ると、310十三(にち)食物(しょくもつ)をも()べずに()めいて、311昼夜(ちゅうや)世界(せかい)(こと)()ふて()りました。312()ふて()ること(みな)()()るぞえ。313明治(めいじ)二十六(ねん)カラ()()れいと()ひなされたので()るから、314(たね)まきて(なへ)()ちたら()()くぞよ。315刈込(かりこ)みに()りたら手柄(てがら)()せて(もと)(かへ)すそよと御神示(おふで)()たので、316(なへ)()ちた時分(じぶん)にう、317(から)()くので()ろうと(をも)ふて()りたら、318明治(めいじ)二十七(ねん)の五(がつ)の八()に、319カラ()って()れいと御指図(おさしづ)ありたから、320ハイ(まい)りますと承知(せうち)(いた)し、321ほのぼのと()()けぞ(こころ)(さび)しく(をも)ふなよ、322(ちから)()(ひと)用意(ようい)して()ると、323(また)御神示(おふで)()(ゆへ)324一人(ひとり)()()きたら、325(たれ)外国(がいこく)()れて()って()れるものが()るじゃろうと(をも)ふて、326用意(ようい)(いた)して()りたら、327都倉(とくら)吉九郎(きちくろう)家内(かない)トキと(もう)すものが、328御前(おまへ)御供(おとも)なら天竺(てんじく)までも()いて()くと(もう)して、329御願(おねが)(いた)したなれど、330都合(つごう)()りて出口(でぐち)は五(がつ)()()ちにて()きに()って()るなり、331トキの()るのが(をそ)いから、332()()りて出難(でにく)いなれば、333()八木(やぎ)(あづ)かりて()くから、334(はや)御出(おい)でと手紙(てがみ)()りたが、335(あま)()るのが(をそ)いので、336二三十(にち)()ちて()りた。337モウ六(がつ)()り、338(がつ)()には(めう)()()てとの神言(おほせ)ありたから、339一人(ひとり)()きたら(たれ)()れて()きて()れるものあるじゃらうと(をも)ふて八()八木(やぎ)()て、340亀岡(かめおか)大橋銀次郎(おほはしぎんじろう)(たく)一寸(ちょっと)()りまして、341(わたくし)外国(がいこく)()くので御座(ござ)います、342天理王様(てんりわうさま)御筆先(おふで)()りて()りますから、343大和(やまと)(まい)りて()()きは(から)()くので()りますと()へば、344いづれは()(やう)()るが、345御前(おまへ)さんが(ある)いて()かいでも()いのじゃ。346大和(やまと)へも()(あつ)いに()かいでも()い。347綾部(あやべ)(かへ)りて人助(ひとだす)けなりと()なされ。348(いと)(たす)かるかと(もう)(ゆへ)349四十(にん)ほど(たす)かりて()りますと(もう)せば、350それなら(あと)(かへ)りて(たす)けなされといふのを()かずと、351王子(わうじ)()きて()りたら、352都倉(とくら)のおときどの(まい)りたから、353御伺(おうかが)(いた)せば、354()(はや)()()れいとの御神示(おさしづ)()りて、355()翌朝(よくあさ)京都(きゃうと)まで()きて、356天理王(てんりわう)先生(せんせい)(うち)宿()まりて()りたら、357出口(でぐち)(よう)()みてから、358教会(きゃうかい)まで()って(もら)()いと、359(うけたまは)りて、360河原町(かはらてう)教会(きゃうかい)()きたら、361先生(せんせい)が七(にん)()りて、362出口(でぐち)筆先(ふでさき)()せいと(もう)して、363奥室(おく)()って()りて()たれば、364天理王(てんりわう)のおみきさんの筆先(ふでさき)()()(こと)御座(ござ)いますと、365()()(もう)(ゆへ)366左様(さう)かコンナ(こと)()けたので御座(ござ)いますに。367」「神様(かみさま)()げて(いただ)かうかと相談(さうだん)(いた)すから、368ハイ()げて(もら)いますと(もう)して、369()(みづ)()びて神前(ひろま)にへ()()きてすれば、370戦場(せんぜう)()()けと荒立(あらだ)ちて、371()れから二階(にかい)(あが)りて、372種々(いろいろ)神様(かみさま)出口(でぐち)(からだ)から(もう)しなされば、373(うたが)ふて七(にん)先生(せんせい)評議(ひょうぎ)(いた)し、374(これ)れは(きつね)(たぬき)では()宮嬪(ぐひん)さんで()ろうと(もう)したり、375ナカナカ(わか)らんので、376宿屋(やどや)(けへ)りたが、377宿屋(やどや)(みな)心配(しんぱい)(いた)し、378宿屋(やどや)家内(かない)(もう)すには、379(これ)(まこと)神様(かみさま)()りたらナヤミが出来(でき)()なれせぬと(もう)すなり、380出口(でぐち)(まこと)神様(かみさま)()るならナヤミ(こし)らへなされと、381神様(かみさま)寝際(ねぎわ)(もう)して()きても(なん)(こと)()く、382()()けて()りますれば、383おときどのは()むそうな(かほ)をして夜具(やぐ)(たた)()(とき)384出口(でぐち)(からだ)荒立(あらだ)ちて()(かわ)るぞよ。385()(たたか)(をさ)まりたら、386(てん)()世界中(せかいぢう)桝掛(ますか)()きた(ごと)くに(いた)すぞよ。387(かみ)仏事(ぶつじ)人民(じんみん)(いさ)んで(くら)()()るぞよと、388御筆先(おふでさき)()かせなさりて、389()筆先(ふでさき)()(うち)(をい)帰れ(○○)との御言葉(おことば)ありたから、390(から)まで()かうと(をも)ふて()るのに残念(ざんねん)なと(をも)(ども)391御指図(おんさしづ)(どほ)りに(いた)して()(ゆへ)392残念(ざんねん)(なが)王子(わうじ)まで(かい)りて、393()神様(かみさま)にお(うかが)(いた)せば、394出口(でぐち)(から)()けと(もう)したが、395()かうと(をも)ふたかと御言葉(おことば)()りたので、396()出口(でぐち)唐天竺(からてんじく)まで()かうと(をも)ひましたと(もう)したら、397(ゑら)(もの)()(よろこ)び、398()くか()かんか()()きなされたので()りたぞよ…………。399(後略)