霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十年旧十一月六日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1897(明治30)年11月29日(旧11月6日)
神霊界掲載号:第98号 8頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 497頁 七巻本:第6巻 222頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:19頁 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-11 19:34:02 OBC :os219
001 三千世界(せかい)一度(いちど)(ひら)(うめ)(はな)002(うしとら)金神(こんじん)()になりたぞよ。
003 禁闕要(きんかつかねの)神様(かみさま)縁結(ゑんむす)びの(おん)神様(かみさま)004()(おん)神様(かみさま)(おん)(ねが)(もう)せば、005()()(ゑん)なら()はして(くだ)さるぞよ。006(いや)(えん)なら()りても(くだ)さるぞよ。007()禁闕要(きんかつかねの)大神様(おほかみさま)008()()ちて()いでなされたが、009()()にお(あが)りなされて御守護(ごしゅご)があるぞよ。010()結構(けっこう)神様(かみさま)は、011太古(むかし)神代(かみよ)から今迄(いままで)()ちて()いでなされた神様(かみさま)であるぞよ。012是迄(これまで)(かげ)から御守護(ごしゅご)(あそ)ばしたが、013(みな)表面(おもて)になりて御守護(ごしゅご)(あそ)ばすぞよ。
014 それに()きては()()015(たん)()()(かえ)(いた)さねばならぬから、016三十(ねん)()()(かへ)(いた)して、017更新(さらたま)りての()(いた)すぞよ。018禁闕要(きんかつかね)大神様(おほかみさま)019(のこ)らずの金神(こんじん)(さま)020竜宮(りうぐう)乙姫様(をとひめさま)は、021(うみ)(そこ)御住居(おすまゐ)今迄(いままで)なされたのであるぞよ。022(ゆわ)神様(かみさま)023(あめ)神様(かみさま)024(かぜ)神様(かみさま)025地震(じしん)神様(かみさま)026(あれ)神様(かみさま)027()結構(けっこう)神様(かみさま)028()()ちて()いでなされたが、029()表面(おもて)になりての御守護(ごしゅご)なさるぞよ。
030 (のこ)らずの金神(こんじん)(さま)031(うしとら)金神(こんじん)はチト(はげ)しき(かみ)であるから、032太古(むかし)神代(かみよ)(をし)()まれた(かみ)でありたぞよ。033時節(じせつ)()てば()(まめ)にも(はな)()きて、034()()()して(もら)ふて、035(これ)からは(おし)()みた御方(おんかた)を、036月日様(つきひさま)御指図(おんさしづ)(いた)だきて眷族(けんぞく)(いた)して、037()()(さい)を、038(うしとら)金神(こんじん)主宰(かもう)ぞよ。
039 是迄(これまで)とはチト世界(せかい)守護(しゅご)(かわ)るぞよ。040金神(こんじん)()になれば物事(ものごと)(なに)迅速(はやい)ぞよ。
041 今迄(いままで)(をや)(わる)(こと)(いた)せば、042()応報(むくゆ)()でありたぞよ。043金神(こんじん)()になれば応果(むくひ)(すぐ)罰覿面(ばちてきめん)(わか)るぞよ。044神烈(かみはげ)しくなるから、045世界(せかい)人民(じんみん)(こころ)(いれ)(かへ)(いた)さぬと、046()(あけ)ぬから、047(かみ)(はげ)しき()(いた)して世界(せかい)()(いた)すのであるぞよ。048()金神(こんじん)(こころ)(なを)(かみ)であるぞよ。
049 (いま)喫驚(びっくり)(いた)(こと)出来(でけ)るぞよ。050何時(いつ)(まで)(うたが)(きつ)御方(おんかた)051()(どく)なから(かみ)()()けるのであるぞよ。
052 何事(なにごと)世界(せかい)仕組(しぐみ)(いた)してあるから、053()()(はや)いぞよ。054世界(せかい)大神業(たいもう)経綸(しぐみ)(いた)してあるぞよ。055()大神事(たいもう)(はじ)まりたらば、056(なが)くはかからぬぞよ。057()れに()きては、058改心(かいしん)出来(でき)御方(おんかた)()(どく)があるから(かみ)()()けてあるぞよ。059(かみ)(うら)めなよ。060我身(わがみ)心魂(こころ)(うら)めてをじゃれよ。
061 (てん)薩張(さっぱ)審査(あらため)()りた(こと)であるぞよ。
062 (てん)(たか)いと(もう)せども、063(かみ)()になれば(てん)真実(まこと)(ちか)いぞよ。
064 水晶(すいせう)()()るぞよ。065()()洗濯(せんだく)066大洗濯(おおせんだく)であれども、067心魂(こころ)善良()(もの)真実(まこと)結構(けっこう)であるぞよ。
068 世界(せかい)には大神業(たいもう)あれども、069改心(かいしん)次第(しだい)であるぞよ。
070 ()(かみ)()()のエンマであるから、071()らぬ(こと)()きぞよ。072表面(おもて)顕現(なり)主宰(かもう)ぞよ。
073 金神(こんじん)(こわ)(かみ)(もう)せども、074()()になれば善良()(かみ)であるぞよ。075(つつ)(かく)しは(いた)さぬ(かみ)であるぞよ。
076 ()(こころ)(もの)()(こと)(いた)さすぞよ。077()(わる)しが判明(わか)るぞよ。078世界(せかい)には大神事(たいもう)()るから、079其処(そこ)金神(こんじん)(すが)りて()るものが(わか)るぞよ。
080 ○○○親子(おやこ)とも功名(てがら)(いた)さすぞよ。081世界(せかい)改心(かいしん)其処(そこ)()かぬと、082改心(かいしん)(いた)さぬぞよ。083毫厘(ちっと)相違(ちがひ)()神言(こと)であるぞよ。
084 明治(めいじ)二十五(ねん)から(こめ)騰貴(たかく)なる(こと)は、085出口(でぐち)(なを)(もう)してあるぞよ。086(うしとら)金神(こんじん)(もう)してある神勅(こと)087筆先(ふでさき)(かか)してある神言(こと)(みな)()()るぞよ。
088 ()金神(こんじん)(すが)りて()れば、089大難小難(だいなんせうなん)(たす)けるぞよ。090()大神業(たいもう)(をさ)まりたならば、091(あと)結構(けっこう)になるよって、092チトの()(つら)くても、093(かみ)(すが)りて()るものは(たす)けるぞよ。
094 世界(せかい)には種々様々(いろいろ)()()めあるぞよ。
095 三千世界(せかい)大洗濯(おおせんだく)であるから、096チットは大規模(たいもう)()()もあれども、097神力(しんりき)によって判明(わか)(こと)があるぞよ。
098 (いま)筆先(ふでさき)()みて()かんと、099世間(せけん)(もう)(わけ)がなき(こと)出来(でけ)るぞよ。100(かみ)余程(よほど)()()けてあるぞよ。
101 (これ)から世界(せかい)何事(なにごと)があろうとも、102(かみ)(うら)めずと、103各自(めんめ)(こころ)(うら)めて、104(こころ)改心(かいしん)(いた)されよ。
105 世界(せかい)大謨(たいもう)(はじ)まるから、106チト用意(ようい)(いた)さぬと、107何処(どこ)飛火(とびひ)(いた)さうとも(わか)らぬぞよ。
108 (なを)(いや)がれども、109()大望(たいもう)がある(ゆへ)に、110()取次(とりつぎ)(こしら)えてあるのじゃぞよ。
111 (なを)(いや)がりて()はぬから、112筆先(ふでさき)世界(せかい)()事議(こと)(みな)()かしてあるぞよ。
113 ()神言(こと)()()かぬと、114喫驚(びっくり)(いた)(こと)()()るぞよ。115()()()はしたらば、116モウ(かみ)()(きり)(いた)すから、117(まこと)(もの)()広間(ひろま)()()せて、118(かみ)御用(ごよう)使(つか)ふぞよ。
119 ()大神業(たいもう)(をさま)りたなれば、120水晶(すいせう)霊魂(みたま)()(ぬき)て、121(かみ)御用(ごよう)()(まゐ)りて、122万劫(まんごう)末代(まつだい)()(のこ)御方(おんかた)(いた)すぞよ。
123 太古(むかし)から()()()出来(でけ)るのであるから、124(たれ)真実(まこと)には(いた)さぬなれども、125毫厘(ちっと)(ちが)はぬ()()であるぞよ。
126 太初(むかし)から()神事(こと)(ばか)りであるから、127人民(じんみん)()りたものが()(ゆえ)に、128(かみ)苦労(くろう)(いた)すぞよ。
129 取次(とりつぎ)真実(まこと)(ひと)()らぬ()苦労(ぐろう)(いた)すぞよ。130()取次(とりつぎ)はなかなか出来(でけ)取次(とりつぎ)であるぞよ。
131 (なを)案内(あんあい)(いた)さずと、132無言(だんまり)体内(たいない)()りて()るから、133出口(でぐち)(なを)(ひと)()らぬ()苦労(ぐろう)(いた)すのであるぞよ。
134 (これ)でもモウ(わか)りて()るぞよ。135苦労(くろう)()しには(まこと)応果(こと)()()ぬぞよ。
136 太古(むかし)からの真相(こと)()りて()るのは金神(こんじん)であるぞよ。137()()のエンマと()(かみ)であるぞよ。