霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート集計結果発表!(7/20)こちらのページです。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧六月十四日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年8月6日(旧6月14日)
神霊界掲載号:第100号 28頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 578頁 七巻本:第7巻 120頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-07-08 23:21:59 OBC :os246
001 (うしとら)金神(こんじん)稚姫岐美命(わかひめぎみのみこと)002出口(でぐち)加美(かみ)(あらは)れて、003世界(せかい)にある事変(こと)何事(なにごと)(まへ)(まへ)つに(しら)せる御役(おやく)004(これ)変性男子(へんぜうなんし)御役(おやく)であるぞよ。
005 変性男子(へんぜうなんし)(もう)した神言(こと)(ちが)へられん、006機織(はた)(たと)へて経役(たてやく)であるぞよ。007真直(まっすぐ)()()かなならん御役(おやく)であるぞよ。
008 (つら)御方(おかた)であるぞよ。
009 女子(にょし)(よこ)御役(おやく)であるから、010(よこ)女役(をんなやく)であるぞよ。
011 ()(やく)中々(なかなか)(つら)御役(おやく)012(これ)身魂(みたま)性来(せうらい)013()緯役(よこやく)小松林(こまつばやし)守護(しゅご)(あいだ)は、014男子(なんし)敵対(てきた)うて、015大変(たいへん)()大本(なか)(くる)しみたぞよ。
016 日本(にほん)外国(がいこく)とに(たと)へてありたから、017()大本(なか)(つら)かりたのざぞよ。
018 (これ)(みな)(てん)からの御役(おやく)であるぞよ。
019 ()らず()らずに(みな)させられて()るのざぞよ。
020 身魂(みたま)因縁(いんねん)性来(せうらい)身塊(みたま)役々(やくやく)があるから、021世界(せかい)人民(じんみん)何事(なにごと)人民(じんみん)()れが(ゑら)いと(おも)ふて()()るが、022(みな)(かみ)からさせられて()るのざぞよ。
023 ()摂理(こと)綾部(あやべ)出口(でぐち)世界(せかい)大本(おほもと)024()(もと)()大望(たいもう)霊地(とこ)であるから、025地固(ぢかた)めに手間(てま)(いり)たのでありたぞよ。
026 此処(ここ)(まで)()るのには、027根本(もと)からの仕組(しぐみ)てある神業(こと)邪魔(じゃま)這入(はいり)たら、028(いち)から仕直(しなを)しを(いた)さねば()らんから、029人民(じんみん)には(わか)らん経綸(しぐみ)がしてあるから、030見当(けんとう)()れんぞよ。
031 智慧(ちえ)(がく)(かんがへ)では()仕組(しぐみ)見当(けんとう)()れんから、032(みな)気苦労(きぐろう)(いた)したなれど、033仕組(しぐみ)(どほ)りに物事(ものごと)出来(しゅったい)(いた)したから、034(そろ)ふて身魂(みたま)(みが)()ひをして、035行状(おこなひ)()くしたら、036(かみ)威勢(いせい)自然(ぬしがで)顕彰()るから、037九分九厘(くぶくりん)()(まで)は、038真実神秘(まこと)経綸(こと)(もう)されんから、039()りた()うに(いた)して()りて()かな、040如斯(こうゆう)仕組(こと)にして()ろうと(おも)ふても()きはせんぞよ。
041 (この)大本(おほもと)から世界(せかい)(しら)因縁摂理(こと)を、042イロハ四十八文字(しじゅうはちもじ)で、043太古(むかし)からの因縁(いんねん)044身魂(みたま)性来(せうらい)045()身魂(みたま)如斯(この)罪穢(めぐり)あると()(こと)を、046()(ほう)()らすので()いと、047(ほか)(かみ)では(わか)りはせんぞよ。
048 それで綾部(あやべ)大本(おほもと)は、049(かみ)にも人民(じんみん)にも、050()らん因縁摂理(こと)(わか)る、051世界(せかい)大本(おほもと)になる、052大望(たいもう)霊地(とこ)であるぞよ。
053 ()大本(おほもと)結構(けっこう)実地(じっち)(かみ)()霊地(とこ)じゃ。054弥仙山(みせんざん)綾部(あやべ)龍宮館(りうぐうやかた)とほか、055(ほか)には見苦(みぐる)しくて()()(とこ)は、056(ほか)には()いぞよ。
057 ()世界(せかい)には(かみ)住居(すまゐ)(いた)聖地(とこ)は、058沓島冠島(めしまをしま)(やま)より()い。059沓島冠嶋(めしまをしま)では万事(もの)不都合(ふつがう)なから、060弥仙山(みせんざん)()(まで)婦女(をんな)参拝(さんぱい)をさせずに、061清浄(きよらか)(いた)して()いて、062今度(こんど)弥仙(みせん)(やま)大望(たいもう)神業(こと)を、063成就(ぜうじゅ)さしたのざ。
064 木花咲耶姫殿(このはなさくやひめどの)彦火火出見命殿(ひこほほでみのみことどの)も、065太古(むかし)から(くや)しかりた(かみ)でありたなれど、066067二度目(にどめ)()立替(たてかえ)()いて、068オヨギ弥仙山(みせんざん)因縁(いんねん)ありて、069木花咲耶姫殿(このはなさくやひめどの)も、070彦火々出見命(ひこほほでみのみこと)(くや)しさを、071(うしとら)金神(こんじん)充分(よく)(こころ)()りて()(ゆへ)に、072073太古(むかし)から(くや)しかりた(かみ)は、074今度(こんど)神界(しんかい)()立替(たてかへ)(いた)して、075物事(ものごと)成就(ぜうじゅ)(いた)さしたのざ。
076 それで木花咲耶姫殿(このはなさくやひめどの)彦火火出見命殿(ひこほほでみのみことどの)も、077今度(こんど)仕組(もの)成就(ぜうじゅ)(いた)して、078御両方(おんふたかた)御歓(およろこ)びであるぞよ。
079 此方(このほう)(あま)(くやし)かりたから、080(くやし)かりた御方(おんかた)081(みな)(よく)して()げる仕組(しぐみ)がしてありての、082今度(こんど)弥仙山(みせんざん)木花咲耶姫殿(このはなさくやひめどの)御社(おやしろ)のなかでの、083大望(たいもう)岩戸開(いわとびら)きを(いた)さしたのでありたぞよ。
084 彦火々出見命殿(ひこほほでみのみことどの)も、085大変(たいへん)御歓(およろこ)びであるぞよ。
086 ()()御出(おい)でなされても、087(つつ)しみて()()ちて()いでた同様(だうよう)(かみ)は、088今度(こんど)(はや)()(いた)して()げるのであるから、089今度(こんど)改心(かいしん)(はや)出来(でけ)神様(かみさま)
090 それで(なが)らく出口(でぐち)()啓示(しら)して()るのであるぞよ。
091 運不運(うんぷ)のあるのが(いや)()(ほう)092()()御出(おいで)御方(おんかた)(はや)(わか)りて、093共々(ともども)()()()ふて()()いのであるから、094()()()れる御方(おんかた)()(おと)して、095()(ほう)(よろこ)(よう)()(ちい)さい(こころ)()いから、096(わか)りた神様(かみさま)097世界(せかい)大橋(おほはし)()えて、098出口(でぐち)()(くち)で、099龍宮館(りうぐうやかた)高天原(たかあまはら)御出(おいで)なさらな、100神秘(まこと)仕組(しぐみ)は、101(ほか)から何程(なにほど)(かん)がへたとて、102(わか)らん仕組(しぐみ)()てあるから。
103 今度(こんど)()立替(たてか)へたら、104(たか)(かみ)(もう)して、105(そら)()いて()ると、106浪波(なみ)()られた(おき)(ふね)107何処(どこ)()()(しま)もないやうになる。
108 綾部(あやべ)大本(おほもと)()()んと、109(ほか)(わか)(とこ)何処(どこ)にも()いぞよ。