霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十六年旧十月一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1903(明治36)年11月19日(旧10月1日)
神霊界掲載号:第101号 3頁 神霊界八幡書店復刻版:第6巻 9頁 七巻本:第7巻 126頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)若姫岐美命(わかひめぎみのみこと)変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)が、002顕現(あらわ)れる機運(じせつ)循環(まいり)()たから、003(なに)かの因縁(いん)神理(ねん)懇諭(きか)して()るから、004()()くば、005()綾部(あやべ)大本(おおもと)()高天原(たかあまはら)であるから、006(みが)けた身魂(みたま)でありたら、007(おな)(かみ)座席(せき)御話(おんはなし)説教(きか)して()()うになるから、008身魂(みたま)(みが)いて御坐(おざ)れよ。
009 時節(じせつ)到来(まい)りたぞよ。
010 是迄(これまで)()処世法(やりかた)は、011()めよ、012(さわ)げよ、013()()()おうか()むかの浮世(うきよ)であると(もう)して、014栄耀栄華(えいようえいが)仕放題(しほうだい)
015 (うそ)()()(たから)(もう)して、016アチラからコチラに()()(はげ)()うな、017(うそ)追従(ついしょう)()でありたなれど、018今度(こんど)変性男子(へんじょうなんし)(あら)はれて、019二度目(にどめ)天岩戸開(よのたてかえ)(いた)すには、020全然(さっぱり)()経綸法(もちかた)()えて仕舞(しま)うぞよ。
021 ()()()()れた(ほう)守護神(しゅごじん)も、022狐神(いなり)眷族(けんぞく)も、023()()一切(いっさい)真相(こと)が、024調査審神(あらため)(いた)してあるから、025()(どく)でも、026太古(むかし)からの()(かた)027()経綸法(もちかた)実状(こと)から、028全部(さっぱり)暴露(あらは)せるから、029(つら)御方(おんかた)あるなれど、030(これ)時節(じせつ)到来(まい)りて()たのであるから、031仕方(しかた)()いぞよ。
032 ()れで天地(てんち)転覆(かえ)ると(もう)してありたが、033何事(なにごと)時節(じせつ)到来(まい)りて、034(なに)かの因縁(いんねん)(わか)りて()るから、035実地(しょうまつ)(あら)はすから、036()真相(しょうまつ)()()(ひと)は、037()大本(おおもと)038()高天原(たかあまはら)()御座(ござ)れよ。
039 ()変性男子(へんじょうなんし)身魂(みたま)()いた筆先(ふでさき)は、040根原(もと)実地(しょうまつ)由来(こと)を、041至尊至醇(しょうまつ)(かみ)()かしたのであるから、042是迄(これまで)書物(しょもつ)やら(しん)(ぶん)()みて()かせる()うに(おも)うて()(ひと)には、043()かせずと、044(はら)這入(はい)(ひと)には徹底的(とことん)(わか)るように、045()いて()かして()るが()いぞよ。
046 ()大本(おおもと)()て、047世間話(せけんばなし)()()うな(ひと)には、048(あま)結構(けっこう)(とこ)(かえ)って(かみ)無礼(ぶれい)になる()って、049見合(みあ)わして、050(なに)かの(こと)眼配(まくば)心配(しんぱい)りを(いた)すが、051()()えの(やく)(いん)御役(おやく)であるぞよ。
052 ()大本(おおもと)出来事(こと)(いや)(こと)でも忠告(もう)してやるぞよ。
053 (わか)らん人民(じんみん)には、054其点(そこ)(また)055(あま)(ひか)えて()ると()神徳(しんとく)()感得()らず、056(あま)実地(しょうまつ)()せてやれば御蔭(おかげ)()とすし。
057 (つら)(おしへ)(もう)すのは、058微塵末(けすじ)(ちが)はん()筆先(ふでさき)を、059是迄(これまで)世界(せかい)書物(しょもつ)()うに(おも)うて()るから、060()(ぞこ)ないを()()るから、061()(さき)()かして、062拝読()みて()かせるのが()いと(もう)すのざ。
063 誠実(まこと)ある(ひと)は、064夜間(やぶん)にチト睡眠()不足(ふそく)(いた)しても、065拝読()()かんと、066残念(ざんねん)(こと)()()るに(ちこ)うなりたから、067()()けて()かせるぞよ。