霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十四年旧七月十五日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1901(明治34)年8月28日(旧7月15日)
神霊界掲載号:第136号 8頁 神霊界八幡書店復刻版:第9巻 140頁 七巻本:なし 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考:七巻本未収録 タグ: データ凡例: データ最終更新日: OBC :os277
001 (うしとら)金神(こんじん)が、002明治(めいじ)三十四(ねん)の、003文月(ふみづき)の十五(にち)()()くぞよ。004()綾部(あやべ)大本(おほもと)は、005(ほか)教会(けうかい)とは(ちが)ふから、006余程(よほど)(たましひ)(みが)いて(かか)らんと、007(かみ)気障(きざは)りが出来(でけ)て来て、008()きも(もど)りもならんことになるぞよ。009()大本(おほもと)は、010金銀(きんぎん)では出来(でけ)世話(せわ)であるから、011()心得(こころえ)()れよ。012(ひと)(だま)して(きん)()り、013(かみ)教祖(けうそ)松魚節(かつをぶし)(いた)して、014信者(しんじゃ)(くる)しめることは、015(この)(かみ)(だい)一の気障(きざわ)りであるぞよ。016今迄(いままで)故意(わざ)とに()(ふさ)いで()たなれど、017()れからは、018(なに)()(はげ)しくなりて、019ビクリとも出来(でき)んやうに(いた)すぞよ。020途中(とちゅう)横奪(よこどり)するやうな根性(こんじょう)のものは、021(この)(かみ)()れから(ゆる)さんぞよ。022(たれ)によらず、023(はや)改心(かいしん)(いた)されよ。024()(くも)りた()(なか)を、025水晶(すゐしょう)御魂(みたま)立替(たてか)へねばならぬから、026余程(よほど)(ほね)()れるぞよ。027金光(こんくわう)殿(どの)(をり)のやうに(おも)うて()ると、028今度(こんど)()(どく)があるぞよ。029(はや)改心(かいしん)をいたされよ。030改心(かいしん)すれば(ゆる)してやるぞよ。031(みな)(よく)信心(しんじん)で、032(かみ)()()けて()()れんぞよ。
033 今度(こんど)は二度目(どめ)(あま)岩戸(いはと)(ひら)くと(もう)せば、034日本(にほん)天皇(てんのう)陛下(へいか)でも、035(かは)(あそ)ばす(やう)(おも)うものもあらうが、036ナカナカ、037()んなことは、038(かみ)()さんぞよ。039天津(あまつ)日継(ひつぎ)御位(みくらゐ)は、040幾千代(いくちよ)までも、041天照(あまてらす)大神(おほかみ)(さま)御血統(おちすじ)(ゆゑ)042ますます(さか)えますやうに、043(うしとら)金神(こんじん)が、044世界(せかい)(こと)()らして、045日本人(にほんじん)日本(にほん)行為(おこなひ)(いた)さして、046(かみ)(くに)()てる()(もと)のみかどの(ひかり)を、047(ぜん)世界(せかい)()()らし、048外国(がいこく)から()めて()て、049サア(かな)はんといふ(ところ)で、050(かみ)(まこと)(もの)(あつ)めて、051日本(にほん)(くに)(まも)り、052大君(おほきみ)(ひかり)世界(せかい)()らして、053世界中(せかいじゅう)一つに(いた)して、054日本(にほん)天皇(てんのう)(さま)服従(したが)はすやうに(いた)すために、055(うしとら)金神(こんじん)が、056千年(ぜんねん)(むかし)から、057苦労(くろう)(いた)した(はじ)まりであるから、058()(こと)(はら)這入(はい)らんと、059真実(まこと)のお(かげ)()いぞよ。060四方(しかた)春蔵(はるぞう)()(かがみ)じゃ。
061 明治(めいじ)二十五(ねん)からの筆先(ふでさき)を、062()(はら)()れてみよ。063()(かみ)日本(にほん)大将(たいしょう)何事(なにごと)()らして、064(かげ)から(まも)ると(もう)してあらうがな。065日之出(ひので)(かみ)苦労(くろう)と、066出口(でぐち)苦労(くろう)を、067基礎()(いた)すと()いてあらうがな。068日本魂(にほんだましひ)(みが)()げて、069天子(てんし)(さま)へ一つの忠義(ちゅうぎ)()てさして、070末代(まつだい)()(のこ)綾部(あやべ)大本(おほもと)であるぞよ。
071 此所(ここ)(まこと)(かがみ)()(とこ)であるから、072一つでも身慾(みよく)(いた)したり、073途中(とちゅう)(もの)()ふやうな精神(せいしん)のものは、074()(りん)まで出来(でけ)たとこで、075クレンと転覆(ひっくりかや)して(しま)ふぞよ。076(かみ)正直者(せうじきもの)()き、077口上手(くちじょうず)(まこと)()きものは、078(きら)ひであるぞよ。
079 マダマダ出口(でぐち)海潮(かいちょう)敵対(てきた)ふものが、080役員(やくゐん)(なか)にも、081出来(でけ)てくるかも()れんぞよ。082一つ(ちが)えば、083国事犯(こくじはん)とか、084朝敵(てうてき)とかと(もう)して、085()(かみ)経綸(しぐみ)を、086邪魔(じゃま)(いた)すものが出来(でけ)()るぞよ。087(かみ)出口(でぐち)海潮(かいちょう)(みな)承知(しょうち)であるから、088(すこ)しも影響(こたへ)ぬが、089(ひと)(わる)(わる)いと(おも)うて()ると、090アチラコチラに(ふね)(かや)りて、091(まこと)()(どく)なことが出来(でけ)てくるから、092一寸(ちょっと)(さき)に、093(かみ)()をつけて()くぞよ。094人民(じんみん)の一(にん)二人(ふたり)千人(せんにん)敵対(てきた)ふたとても、095不影響(こたへ)(かみ)じゃぞよ。096歯節(はぶし)()っとも()たんぞよ。097其様(そん)なことにヒヨロツク(やう)なことでは、098(ぜん)世界(せかい)身魂(みたま)立替(たてかへ)出来(でき)んぞよ。099今度(こんど)身魂(みたま)出世(しゅっせ)出来(でけ)るのじゃぞよ。
100 ()金神(こんじん)は、101天朝(てんちょう)()けて(もら)ふのであるから、102この(こと)(わか)りて()たならば、103出口(でぐち)はお(かか)えになるのじゃぞよ。104(ねん)(あと)から筆先(ふでさき)()して()いた(こと)は、105(みな)()()がな。106(りん)相違(ちがひ)()筆先(ふでさき)であるぞよ。
107 此神(このかみ)(ひと)(くる)しますのが気障(きざは)りで、108天地(てんち)(かみ)申訳(もうしわけ)()いぞよ。109()(やう)になりたら、110(かみ)が一()(いた)さすぞよ。111(いま)(きん)()せるといかん(こと)があるから、112故意(わざ)とに()せんぞよ。113(いま)()せても、114途中(とちう)邪魔(じゃま)這入(はい)りて、115(まこと)(みち)()たんぞよ。116信者(しんじゃ)(いた)めて、117金光(こんこう)(けう)天理(てんり)(けう)(やう)真似(まね)はさせんぞよ。118()れから(たれ)によらず、119改心(かいしん)(だい)(たう)であるぞよ。
120 (あま)現世(このよ)(みぐ)るしさ(ゆゑ)121()()()えるぞよ。122()覚悟(かくご)御座(ござ)れよ。123(なに)()も、124(てん)引上(ひきあ)げになるから、125近慾(ちかよく)()()れなよ。126(うへ)(はだか)(した)(はかま)穿()くと(もう)して()いたが、127時節(じせつ)()たぞよ。128()(のぼ)()めて、129もう()(うへ)(いた)りやうがないので、130()()がサツパリ暗雲(やみくも)になりて、131(つよ)(もの)(がち)()になりたのであるから、132(うしとら)金神(こんじん)が、133天地(てんち)(かみ)命令(おほせ)(いただ)きて、134三千世界(せかい)人民(じんみん)を、135改心(かいしん)させるための、136金明(きんめい)霊学(れいがく)であるから、137却々(なかなか)大望(たいもう)であるぞよ。138(まこと)(わか)るは(おそ)いなれど、139()(こと)(わか)りて()たら、140(あく)(ぜん)立帰(たちかへ)るぞよ。
141 訴願(ねが)如何(どう)仕様(しやう)のと()うて、142(さわ)(もの)出来(でけ)()ても、143役員(やくゐん)心配(しんぱい)不要(いらん)ぞよ。144(うしとら)金神(こんじん)天朝(てんてう)(もう)(ひら)きを(いた)して、145(むかし)から()手柄(てがら)(いた)してみせてやるぞよ。146()(とき)は、147敵対(てきた)ふた(もの)が、148ヂリヂリ(まひ)をして、149眩暈(めまひ)()御方(おんかた)大分(だいぶ)出来(でき)て、150()(どく)じゃぞよ。151(ゆび)をくはへて、152(あと)退()りみて()らんならん(ひと)も、153出来(でき)てくるぞよ。
   
オニド関連サイト最新更新情報
9/15【霊界物語ネット】王仁文庫の第三篇「瑞能神歌」を掲載しました。