霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
テキストのタイプ[?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示[?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌[?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注[?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色
外字1の色
外字2の色

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


誰も知らなかった日本史
〈 2016年6月3日緊急発刊 〉
王仁三郎昇天50年目に発見された新事実が明らかになる!
『切紙神示と共に甦る孝明天皇の遺勅(予言) 誰も知らなかった日本史 皇室に隠された重大な真実』
出口恒(著) 飯塚弘明(協力) ヒカルランド
アマゾン等で絶賛発売中!
本書の中に出てくる資料は「出口王仁三郎大学」でダウンロードできます
【新着情報】2017/3/17 王仁三郎関連書籍のPDFがこちらでダウンロードできます。たくさんあります。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年閏八月朔日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1900(明治33)年9月24日(旧閏8月1日)
神霊界掲載号:第52号 8頁 神霊界八幡書店復刻版:第1巻 420頁 七巻本:第2巻 202頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:10頁 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:7頁
概要: 備考:厳密には「朔日」になっている タグ: データ凡例: データ最終更新日:
001 (うしとら)金神(こんじん)国武彦命(くにたけひこのみこと)筆先(ふでさき)002出口(でぐち)()()きおくぞよ。003今度(こんど)実地(せうまつ)(かみ)()(まい)るのは、004(あげ)龍宮(りゅうぐう)であるぞよ。005人民(じんみん)では()けぬ(ところ)()るなれど、006四人(よにん)身魂(みたま)因縁(いんねん)(ところ)(いっ)(もら)はんと、007(わか)らん(こと)があるぞよ。008(これ)から(へん)なとこへ()(まい)るぞよ。009出口(でぐち)明治(めいじ)二十五(ねん)から、010(みな)(かたち)()せてあるぞよ。011(みな)()()るぞよ。012(うたがい)()だあるなれど、013()ておじゃれよ、014(なに)()()て、015逆様(さかさま)になりて御詫(おわ)びに()んならん(ひと)出来(でき)るぞよ。016()っと(さき)にと(おも)ふたなれど、017()(もの)(あら)はれて守護(しゅご)して()らんと、018(もの)(おそ)くなりて、019(たす)かるものも(たす)からん()うに()るから、020チット()りと(たす)けて()らんと、021(なが)らく苦労(くろう)いたして(くに)(たす)けて()りたのが、022(みず)(あわ)()るから、023(いず)れは人民(ひと)()るなれど、024日本(にほん)(くに)(たす)けねば()らんから、025(なが)らく苦労(くろう)(いた)すのじゃぞ。026世界(せかい)人民(じんみん)()(いた)して()(かへ)るなら、027モチト(はよ)うに()立替(たてかへ)いたして()れど、028()れでは(かみ)(やく)()まず、029人民(じんみん)()くては(かみ)(おも)わくも()たず、030チット(のば)(のば)して()立替(たてかへ)(おそ)()りて()るから、031(はや)立替(たてかへ)いたして(はや)(らち)()けねば()らんなり、032世界中(せかいじゅう)(こと)であるから、033(なに)()けても大望(たいもう)なり、034(みな)(わか)らんから、035自己(われ)目的(もくてき)()ける(もの)ばかりなり、036(いま)()五十冊(ごじゅっさつ)筆先(ふでさき)は、037(これ)から(だれ)(まい)りても、038今迄(いままで)()うに直接(じきじき)筆先(ふでさき)を、039自由(じゆう)(うつ)さすでないぞよ。040(あま)(みな)(もの)(かみ)(かろ)しめて()るから、041御蔭(おかげ)()いのじゃぞよ。042()ふてやり()いなれど、043()へば出口(でぐち)肉体(にくたい)(もう)すやうに(おも)ふて、044御蔭(おかげ)()とすし、045()はねばチットも(わか)らんし、046(かみ)(ほね)()れるぞよ。047上田(うえだ)改心(かいしん)出来(でき)るに(つい)ては、048(すみ)改心(かいしん)出来(でき)るなれど、049上田(うえだ)(うしとら)金神(こんじん)(これ)()いと(もう)すやうに()りたら、050(すみ)改心(かいしん)出来(でき)るぞよ。051()(うしとら)金神(こんじん)気障(きざわり)ありたらば、052(すみ)()()はんぞよ。053(これ)心得(こころえ)()りなされよ。054(この)(かみ)()()きた(うへ)にも()()くぞよ。055出口(でぐち)にはモウ(くち)では()はさんぞよ。056今度(こんど)余程(よほど)改心(かいしん)いたさんと(すみ)いかんぞよ。057さる(かわ)りに今度(こんど)()(ところ)は、058今迄(いままで)にも(いく)(さき)にも人民(じんみん)ではモウ()いぞよ。059二度(にど)()くものが()(ところ)であるぞよ。060そんな(ところ)苦労(くろう)もせずに()かうと(おも)ふと、061余程(よほど)改心(かいしん)いたして()かんと、062結構(けっこう)(とこ)(こわ)(とこ)であるぞよ。063出口(でぐち)明治(めいじ)二十五(ねん)から、064(わが)()(さき)結構(けっこう)(ところ)ばかりと(もう)して()ろうがな。065(あげ)龍宮(りゅうぐう)生神(いきがみ)住居(すまゐ)をしておいでます(ところ)であるから、066一通(ひととお)りでは()かれんぞよ。067(ひと)()うせん(こと)の、068(ひと)()()かん(ところ)(まい)りて、069(ぎょう)(いた)して()んと、070万古末代(まんごまつだい)()(のこ)(こと)出来(でき)んぞよ。071まだ結構(けっこう)(ところ)があるぞよ。072(あま)結構(けっこう)筆先(ふでさき)(べつ)(いた)して()かんと、073(だれ)にでもと()(こと)には()かんから(かえっ)(わる)いぞよ。074此先(このさき)(だれ)にも(うつ)させんと出口(でぐち)()たしておかんと、075(なん)にも()らんものが()()邪魔(じゃま)(いた)すから、076肝腎(かんじん)筆先(ふでさき)(だれ)にも()せんが()いぞよ。077今迄(いままで)筆先(ふでさき)()んぞ(あそ)(ぼん)()うに(おも)ふて、078粗末(そまつ)(いた)して()るが、079(これ)からの筆先(ふでさき)や、080雄島(おしま)(まい)りた(おり)筆先(ふでさき)は、081粗末(そまつ)(いた)したら()気付(きづ)(いた)すぞよ。082(だれ)にも()って()なせるで()いぞよ。083(これ)までの筆先(ふでさき)熱心(ねっしん)信者(しんじゃ)に、084一冊(いっさつ)づつ(わた)してをいたなれど、085今度(こんど)筆先(ふでさき)余所(よそ)へは()れんぞよ。086何程(なにほど)筆先(ふでさき)()ちて()りたとて、087御蔭(おかげ)我心(わがこころ)じゃ。088(かみ)()(まい)らねば(まこと)神徳(しんとく)()らんぞよ。089御蔭(おかげ)()しくばサッパリ(はら)(なか)掃除(そうじ)(いた)さんと、090(みな)慾信心(よくしんじん)であるから、091(まこと)利益(りやく)()いのじゃぞよ。092(かみ)(もう)すやうに(いた)せば、093(かみ)便(たよ)()きやうに()れども、094(まこと)便(たよ)りに()るが、095人民(じんみん)(もう)(もの)(いま)一寸(ちょっと)()さそうなと、096()()りて()るなれど、097引掛(ひっかけ)(もど)した(おり)(みな)()げて(しま)ふが、098(かみ)(まこと)(こころ)見抜(みぬ)いたら、099ドンナ利益(りやく)()るなれど、100()人民(もの)()いので(もの)(おそ)くなるのじゃぞよ。101(むかし)から()(こと)ばかりで()るから、102(わか)らんのは無理(むり)はないが、103(この)五十冊(ごじゅっさつ)筆先(ふでさき)を、104熱心(ねっしん)(たち)()(ひと)()(くだ)されよ。105大本(おほもと)()()るやうに、106()って()なせんやうにして(くだ)されよ。107(この)大本(おほもと)(いま)では世間(せけん)からは(まこと)(いた)さねど、108万古末代(まんごまつだい)(つづ)大本(おほもと)()るので()るから、109モット(しっか)(いた)さんと、110金光(こんこう)殿(どの)()うな教会(こと)には(いた)されんのじゃぞよ。111教祖(きょうそ)(いた)した(こと)や、112筆先(ふでさき)(なお)したり、113(こしら)えたりは出来(でき)んぞよ。