霊界物語.ネット~出口王仁三郎 大図書館~
目 次設 定
設定
印刷用画面を開く [?]プリント専用のシンプルな画面が開きます。文章の途中から印刷したい場合は、文頭にしたい位置のアンカーをクリックしてから開いて下さい。[×閉じる]
テキストのタイプ [?]ルビを表示させたまま文字列を選択してコピー&ペーストすると、ブラウザによってはルビも一緒にコピーされてしまい、ブログ等に引用するのに手間がかかります。そんな時には「コピー用のテキスト」に変更して下さい。ルビも脚注もない、ベタなテキストが表示され、きれいにコピーできます。[×閉じる]

文字サイズ
フォント

ルビの表示



アンカーの表示 [?]本文中に挿入している3~4桁の数字がアンカーです。原則として句読点ごとに付けており、標準設定では本文の左端に表示させています。クリックするとその位置から表示されます(URLの#の後ろに付ける場合は数字の頭に「a」を付けて下さい)。長いテキストをスクロールさせながら読んでいると、どこまで読んだのか分からなくなってしまう時がありますが、読んでいる位置を知るための目安にして下さい。目障りな場合は「表示しない」設定にして下さい。[×閉じる]


宣伝歌 [?]宣伝歌など七五調の歌は、底本ではたいてい二段組でレイアウトされています。しかしブラウザで読む場合には、二段組だと読みづらいので、標準設定では一段組に変更して(ただし二段目は分かるように一文字下げて)表示しています。お好みよって二段組に変更して下さい。[×閉じる]
脚注 [?][※]や[#]で括られている文字は当サイトで独自に付けた脚注です。まだ少ししか付いていませんが、目障りな場合は「表示しない」設定に変えて下さい。ただし[#]は重要な注記なので表示を消すことは出来ません。[×閉じる]


文字の色
背景の色
ルビの色
傍点の色 [?]底本で傍点(圏点)が付いている文字は、『霊界物語ネット』では太字で表示されますが、その色を変えます。[×閉じる]
外字1の色 [?]この設定は現在使われておりません。[×閉じる]
外字2の色 [?]文字がフォントに存在せず、画像を使っている場合がありますが、その画像の周囲の色を変えます。[×閉じる]

  

表示がおかしくなったらリロードしたり、クッキーを削除してみて下さい。


【新着情報】霊界物語読者アンケート実施中! こちらからどうぞ。〆切りは7月17日です。
マーキングパネル
設定パネルで「全てのアンカーを表示」させてアンカーをクリックして下さい。

【引数の設定例】 &mky=a010-a021a034  アンカー010から021と、034を、イエローでマーキング。

          

明治三十三年旧十二月十一日

インフォメーション
種類:大本神諭 年月日:1901(明治34)年1月30日(旧12月11日)
神霊界掲載号:第98号 16頁 神霊界八幡書店復刻版:第5巻 505頁 七巻本:第6巻 247頁 五巻本:未調査 三五神諭:なし 東洋文庫天の巻:なし 東洋文庫火の巻:なし 連合会水の巻:なし 大本史料集成:未調査 庶民生活史料集成:なし
概要: 備考: タグ: データ凡例: データ最終更新日:2017-06-23 18:56:37 OBC :os223
001 (いま)()金輪際(こんりんざい)(あく)(にん)()002()立替(たてかへ)霊主体従(ぜん)()()るぞよ。
003 (ほか)教会(きゃうかい)教祖(きゃうそ)()()れに苦労(くろう)して(ひら)いたのであるぞよ。004(これ)()立替(たてかへ)()(ゆへ)に、005()()(かみ)からお()しなされたのであるぞよ。
006 ()布教師(とりつぎ)(かみ)教祖(きゃうそ)苦労(くろう)(みづ)(あわ)(いた)して、007慢心(まんしん)(いた)気延(きの)ばし半分(はんぶん)信心(しんじん)じゃぞよ。
008 ()信心(しんじん)仕方(しかた)では(まこと)()いぞよ。
009 (みな)布教師(とりつぎ)から改心(かいしん)(いた)さぬと、010今度(こんど)()立替(たてかへ)は、011大分(だいぶ)(きび)しき審判(こと)があるぞよ。
012 ()大謨(たいもう)(かみ)経綸(しぐみ)()らずに、013陽気(やうき)信心(しんじん)して()ると、014チト(ちが)(こと)出来(でけ)()るぞよ。
015 (あけ)(からす)近寄(ちかよ)りて、016綾部(あやべ)化物(ばけもの)(あら)はすぞよ。017(これ)(あら)はれたら其様(そん)陽気(ようき)信心(しんじん)して()ると、018チト()(どく)事変(こと)出来(でけ)るぞよ。
019 太古(もと)(かみ)(きた)(をし)()めて()いて、020(きた)(わる)いと(もう)したが、021(きた)(この)()太初(はじま)りじゃぞよ。022()立替(たてかへ)て、023(きた)を一(ばん)()(いた)すぞよ。
024 (なが)らく残念(ざんねん)でありたなれど、025時節(じせつ)到来(まゐ)りて、026(この)(たび)願望(ほんもう)()げるぞよ。
027 何事(なにごと)も、028(たれ)()らず時節(じせつ)()てよ。029時節(じせつ)到来(まゐ)りて、030()ちて()りた(かみ)031(みな)(いさ)んでお()でなさるぞよ。
032 (かみ)(いさ)めば(いさ)()になりて、033人民(じんみん)()くなるぞよ。
034 ()くなる人民(じんみん)(わる)くなる人民(じんみん)との、035()(わる)しが判明(わか)()立替(たてかへ)じゃぞよ。
036 (よひ)明星(あけぼし)037ぐるぐると(まわ)りて、038不思議(ふしぎ)啓示(しら)せども、039()()人民(じんみん)()いぞよ。
040 世界(せかい)人民(じんみん)041(なが)()(みじ)かき生命(いのち)()って()て、042()(よく)(いた)して()(けが)すぞよ。
043 ()暗黒(やみ)()に、044世界(せかい)(てら)神人(ひと)なるぞ。045(かみ)杖柱(ちから)にする出口(でぐち)
046 外国人(がいこくじん)改心(かいしん)(いた)せよ。047日本(にほん)(くに)()()けて、048騒動(そうどう)(おこ)して、049金銭(かね)消費(ついゑ)(そこ)()れず。
050 日本(にほん)(くに)此度(こんど)(かみ)顕現(あらは)れて、051彼処此処(あちらこちら)(わう)()くするぞよ。
052 外国(がいこく)(いま)不憫(ふびん)さ。053(かみ)規則(きそく)(きび)しきぞ。054(これ)(いま)しめじゃぞよ。
055 綾部(あやべ)大本(おほもと)は、056筆先(ふでさき)(うた)()()くぞよ。057(かみ)規則(きそく)(もち)ゐん(ひと)は、058(きび)しき(いま)しめあるぞよ。
059 今迄(いままで)()とは薩張(さっぱ)(かは)りて、060綾部(あやべ)大本(おほもと)から(なに)審査(あらため)(いた)すから、061心魂(こころ)(くも)りある(ひと)(つら)(さら)しに()()れなよ。
062 (いま)(わか)らねど、063顕現(あらはれ)たら、064毫末(ちっと)でも(くも)りありたら()(つら)(さら)されるぞよ。065未発時(さき)()()けて()くぞよ。
066 金光殿(こんこうどの)(ほう)是迄(これまで)結構(けっこう)でありたが、067()立替(たてかへ)となるから、068(これ)からは(きび)しくなるぞよ。
069 根本(もと)此方(こちら)()とつの(かみ)じゃぞよ。
070 今迄(いままで)(かげ)から守護(しゅご)して、071金光(こんこう)布教師(とりつぎ)所作(しょさ)()()れば、072全然(まるで)香具師(やし)大将(たいせう)所業(しわざ)073(これ)から(うしとら)金神(こんじん)顕現(あらはれ)るから、074審査(あらため)着手(かか)るぞよ。
075 淘汰選択(そぐりたて)善良()(もの)(ばか)りに(いた)して、076神界(しんかい)()()()ける大本(おほもと)へ、077(ほか)教会(きゃうかい)()うに(をも)うて()ると、078薩張(さっぱ)慮見(れうけん)(ちが)(こと)出来(でき)るぞよ。
079 ()大本(おおもと)張面(ちょうづら)多勢(おほぜい)()くても、080(まこと)(ひと)()いと、081(つら)(さら)しで、082()神徳(しんとく)(もら)(どころ)()い、083御神徳(おかげ)(をと)して、084住所(ところ)でも(わら)われる()うな(こと)になる、085(はげ)しき大本(おほもと)であるぞよ。
086 浮気(うわき)信心(しんじん)やら景場(けいば)信心(しんじん)は、087()()はんぞよ。
088 ()大本(おほもと)(なが)らく()()ちて()りた(かみ)経綸(しぐみ)であるから、089万劫(まんごう)末代(まつだい)(つづ)かせねばならぬから、090()肉体(にくたい)()(かみ)(いた)すのであるから、091大丈夫(だいぜうぶ)であるぞよ。
092 肉体(にくたい)()くては、093三千世界(せかい)()れからの守護(しゅご)は、094何程(なにほど)結構(けっこう)神様(かみさま)でも、095霊魂(みたま)ばかりありては出来(でけ)んなれど、096(うしとら)金神(こんじん)世界()薩張(さっぱ)審査(あらため)てあれど、097立直(たてなを)しがなかなか(ほね)()れるぞよ。
098 (これ)でも、099()(ほう)経綸(しぐみ)()るから、100(まつ)()立直(たてなを)すぞよ。
101 ()仕組(しぐみ)(ほね)()れたなれど、102モウ()()るばかりになりたから、103(これ)からは世界(せかい)人民(じんみん)改心(かいしん)さして、104救助(たすけ)たい(ばか)りなれど、105()(せま)りて()たから、106世界(せかい)には大分(だいぶ)()(どく)あれども、107()(やう)()いぞよ。
108 (かみ)()きものと世界(せかい)人民(じんみん)(をも)うて()るから、109()うても()かず、110()いて()せても真実(まこと)(いた)さず、111実地(せうまつ)()せてやるより、112モウ(いた)(かた)()くなりたが、113(これ)時節(じせつ)じゃ。114(かみ)取次(とりつぎ)(うら)めては(くだ)さるなよ。
115 斯様(こん)修祓(こと)があるなら何故(なぜ)()らせなんだと、116()不足(ふそく)(もう)(もの)があるぞよ。
117 十(ねん)()らしたら、118落度(をちど)あるまい。119不足(ふそく)はなからう。